2017.04.10 02:17|受:ワタシ病気録
結論から言いますと。
再手術はA病院で、と決めました。

決め手の大きなものとして、
開頭手術の年間執刀数の多さ、です。
片側顔面痙攣の執刀数ももちろん、
再手術の患者も多く引き受けていることも大きい。

前回の約4年近く前の、手術のとき。

ワタシなりにネット検索や、情報収集をした気でいましたが、
とにかく”家から近い病院で”が、最重要課題でした。
高齢になる両親のことを考えて。
そう先に記しましたが、
真実は、自分自身の不安払拭のために、だったと思います。


今まで入院した体験も一度としてない私。
不安でいっぱい。。。
さすがに親に添い寝を、とまでは思いませんでしたが、
それでも内実「しょっちゅうお見舞いに来てね」と願っていました。
実際、両親は日に3度4度と訪問してくれ、
用事の無いときには、ずっと付き添ってくれていました。

使用したタオルや下着、寝巻きも毎日交換。
洗濯をしてくれて清潔爽快なものだけを、日々準備してくれました。
母にいたっては、寝巻きまで毎度アイロンがけ!を!
「病院で入院していたら、
どうしてもくたびれて見えるから。
せめて寝巻きくらいはシャキッとしてなきゃ☆」

そう言って、毎回全部ピシーッとアイロンがかかっていました。
2週間、ワタシはまるでホテル暮らしをしたような。
有難いことに、そんな凄い入院生活を送ることが出来たのです。
感謝。
そして、今回は、反省。
そういう周辺のことより、医者選び。
これに集約せねば!と。

それで、受診先を、地元より大きな近県に求めました。

そして、今度は、自分ひとりで入院手術に挑もう。
そう決めています。

ちょっと話は脱線しますが。
ワタシには子どもがありません。
暖かく大いに甘やかしてくれる大好きな両親も、
いつか必ず川の向こう側へ行ってしまいます。
(考えたくないですけども!涙)
そして、オットも。
ワタシより年上なので、たぶんワタシより先にあちら側へ。
そうなったとき、ワタシはひとり切りです。

姉が1人いますが、
姉自身、会社人として、妻として母として超多忙。
姉の家庭、姉の暮らしがあるので、面倒をかけたくない。
どうしてもというときには、頼むこともありましょうが、
極力は考えない。
今回のこの入院手術は、
ワタシの人生にとって、非常に良い事前学習体験になる。
そう、思っています。


図書館で、病気等に関する本を数冊読みましたが、
そのいずれも、家族に大きな負担をかけていると思いました。

家族なのよ、負担だなんて水臭い。
そういう意見もアリでしょうけれども、ワタシは少し違う。
ある著者さんは、半年間、里のお母さんが、
病院のある都会へ越して来られて、看護されていました。
ある方は、妹氏が毎日付き添っておられたり。
とにかく家族全員が総出で、病人と関わっている。
これは、本当のところ、当事者も辛いんじゃないか。
そうワタシは思うのです。
迷惑かけちゃってホントごめんね、と、
常に心のどこかでお詫びしていると思うのです。
長引けば、どんどんそれは、重く深くなる気がする。
勿論、手助けしてくれる家族側にも、諸々負担が…
なので、ちょっと奮闘してみよう。
そう思っている次第なのです。

今ならまだまだ、いざというときには、親がいます。
しんどいのよ、どうあってもつらいのよ、と、
気楽に泣き事を言える、オットも、います。
だから、今なのではないか、と。
体験学習。
奮闘してみようと、思っています。


ほかにワタシが学んだことには。
”ネット情報でヒットして来ないものは、
重要視されていないものである”
ということ。

乱暴な言い方かもしれませんが、そう思いました。
その情報が正確かどうか、詳細をより調べることは必要です。
それでも、ネットにあがっていないものは、それ以前の問題で、
検知の位置にすらないものなのだと、思いました。
ワタシの前回の執刀医の手術法が、
どこにも何らヒットしなかったように。。。

クチコミ情報は、関係者のサクラ意見が往々にしてあったり、
操作されているものも沢山あるだろうと推察します。
でも、それでも、そこから自分で、より慎重に探れば良いのです。

きちんとした病院では、ホームページに
様々な情報公開を載せています。
手術方法や年間執刀数は勿論、
研究内容や発表成果。
研修の様子や、医師の経歴等多角的に載しています。
世にあるであろう情報という情報は、片っ端から調べ上げること。
そこから、実際診察受診をして、
医師へ聞く・質問する・相談する。
そして、判断する。

それからもうひとつ。
周囲の意見も、聞くこと。

悩んでいるとき、人はすべてが弱っています。
そんなときは、考えるチカラも同時に弱っている。
今回、諸々の話を姉に伝えたとき、
姉がこう言ったのです。

「あのとき、あのお医者、胡散臭い感じだなあって思ってた。
アメリカではってなにかと言うのも、どうもね。
ずいぶん自尊心があって、押しの強い医者だなあって思ったけど、
手術を受ける当事者(つまりワタシ)が、信頼してたからねえ。
外野は余計なこと言わないのがいいって思ってたのよ」と。
言っといてッ!!!(滝涙)

でも、そのとおり。
ワタシは当時、その医師のその”押しの強さ”こそが、
頼りがいのあるお医者様の証し、と感じていたのです。
どんな患者も、返事が曖昧で、
「さあどうでしょうか…」だとか「よく分からないです…」
なんて、弱々しい医者になんて掛かりたくないと思うでしょう。
自信に満ちた医者。
当時のワタシには、断然必要だったのです(遠い目…)

評論家の田原総一郎氏の、
お亡くなりになられた奥様が生前、闘病中、
<座るだけで治療になる座布団>なるものを、
100万円で購入していたそうです。
氏がどこかのインタビューで言われていました。
「そんな座布団に座るだけで、病気が治るはずなんかない。
でも当人はそれで治るかもしれないと思ってる。
それを、誰もどうこう言えない」 と。


同じあの医師に執刀して貰って、実際治ったという方がいます。
いるので、これはワタシの想像でしかありませんが、
その方は、もしかしたら施術方が、
ワタシと違ったのかもしれないな、と思います。
筋肉組織を削ぎとって挟む、ことをせず、
当時広く用いられていた、何かの素材を挟み込む方式。
それだったのかもな、なんてぼんやり思っています。
どうあれ、治られているのですから、良かった。
ワタシは無念でしたけど、それとの気持ちはまた別ですから。

今度の病院は大丈夫なのか。
今度の医者は、信用出来るものなのか。

それは、分かりません。
分からない、というのは語弊があるかもしれませんが。
今の段階で、考え得ることは、考えてみました。
片側顔面痙攣の手術に明るい専門医がいることや、
年間執刀数が国内でも有数、という現実において、
「その病院を除外する見解は、あり?」と。
そう思いました。

面談した医師からも、
「年間執刀数がすべてではありませんが、
患者さんにすれば、考えるひとつの目安には
なるかと思います」 そう言われました。



愛犬ちまと、2週間、また離れ離れになる。

これを思うと、本当に切なくて、泣けて来ます。
ものすごく、悲しい。
胸が詰まって、重たいです。
でも、2週間のあとには、
もうもう本当に2度との、離れないことを願っています。
ちまに、苦労をかけてしまいますけれど。
そう信じて。

それから、
思い出すだけで身の毛もよだつあの手術。
頭蓋骨に穴を開けるなんてこと、を
人生で2度もする人なんて、そうそういないでしょう。
悩みました。
でも、残りの数十年間あるであろう、
ワタシの人生において、
「あのときにやっぱり再手術に挑んでいれば
良かったのかもなあ…」
なんて、うじうじ思うことが少しでも「ありそう」
そう思うのだったら、決心しよう、と。

また治らないかもしれません。
でも、
もしかしたら、今度は治るかもしれません。
ギャンブルみたいです。
だけど。
治るかもしれない、という可能性がある、という手術は、
やっぱり、ワタシにとって希望の光だと、思っています。

今月下旬に、病院を再訪して、
執刀医の手術予定日と、ワタシの都合等を
すり合わせることになりました。

片側顔面痙攣で、悩んでおられる皆様。
かのように、
ワタシは再手術することを、決めました。

手術でなくても、どうにか対処してゆく術は、
あるだろうと思います。
あなた様にあった医師、病院に
お出会いなさいますように。
そして、何らかの形ででも、
ワタシのこのへっぴり腰な文字が、ちょこっとでも、
お役に立てば幸いだなあと思っております。

煩わしいこの痙攣を乗り越えて、
へこたれず奮闘して、いきましょう!

(って言いつつ、
へろへろのヨワヨワですけれど:涙笑)




018wa.jpg





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.04.09 15:00|受:ワタシ病気録
※ちまのブログとは、ほぼ無関係な内容です。
 ご興味の無い方には申し訳ありません。

このブログは、基本、
愛する・ちまの、日常を書き散らかしていますが、
<片側顔面痙攣>という症状で悩んだ、
ワタシの日々についても、記事にしていました。
そのため、同じ症状でお悩みの、幾人かの方々が、
鍵コメント等でご訪問下さっています。
ですので今回、その方々へ向けて特に、思いを込めて
文字にしておきたいと考えました。
犬族周辺の皆様におかれましては、その点ご容赦下さい。


2013年10月に、
片側顔面痙攣という症状を消滅させるべく、
開頭手術に挑みました。


が、無念の再発の憂き目にあっていますワタクシ。
この度、再度、開頭手術をすることを、決意しました。
あの悶絶で壮絶な、頭部の痛みと止まない吐き気。
めまいに、苦しみ、辛さ。
それらのことを思い出すだけで、脂汗がにじみます。
恐ろしいとすら思い、涙が出ます。
さらには、再手術をしても完治しないかもしれない。

でも。
でも、その恐怖や不安を凌駕するほど、
ワタシはこの片側顔面痙攣から、解放されたい。
そう強く思うようになりました。
ここまで、決意するのに、2年かかりました。
頭蓋骨に穴を開けるのですから、
そりゃそうだろうよ、と自分自身でも思います。
よくまあ決意したねえ、と。


ここから。
片側顔面痙攣でお悩みの皆様へ。
完全に、ワタクシ個人の事情と見解ではありますが。

【病院と執刀医選びは、くれぐれも慎重に。
くどいくらいに慎重に】


根治は、開頭手術しかありません。
ワタシは無念の再発の身ですが、
きちんとした病院ときちんとした医師に出会い、
執刀して貰えば、

ワタシ個人の意見ですよ。
個人の意見ですが、
この片側顔面痙攣は、治る。
相当な確立で、治る。
そう、感じています。


思い起こせば。
ワタシは、手術をして以来、
痙攣はずっと、結局、止まりませんでした。

術前にあった、まぶたのピクピク痙攣が術後、
若干微弱になったものの、止まっていなかった。
でも、当時の執刀医が強く説明していた、
「2年間程度は、経過観察で。
痙攣がピタリ止まる人もいれば、
2年間程度かけて終息する人もいる」
この言葉に、全力で頼っていました。

でも、ワタシの場合、
まぶた周辺のピクピクから術後、
右目周辺が〝ぎゅうぎゅう引きつる〟
そういう強い痙攣へ、シフトチェンジしたのでした。

これでも、痙攣が日中、時折治まるときがあります。
ものすごく細切れの瞬間のような、時間で、ですが(涙)
だから、不思議なもんだなあと思うのです。
術後、治まる瞬間もあるものの、
痙攣としては、術前より酷いことが増えた。
酷いというか、強い痙攣が増えたというか。
これは本当に、不思議でなりません。
なんでなんでしょう。

この状況で、
以前の病院での再手術ということは、
一切考えませんでした。
それは何故か。
答えは、ワタシの施された医師の施術方法に、
今は、違和感を思うようになったから、でした。

当時、ワタシがその病院に入院先を決めた理由は、
数点ありました。
第一には、
家から程近くの距離にあったこと。
高齢になって来ている両親等が、
ただでさえ心配性MAXなので、
頻繁にお見舞いに来てくれる。
それを思うと、極力近い場所の病院が良かったこと。

その病院自体、地元ではそこそこ大規模の病院で、
どんどん敷地拡大して成長し続けていること。
最新設備も有する病院であったこと。

そして。
ネットで接触させて貰った、同じ片側顔面痙攣の
キャリアでもある地元の方が、
この病院で、この脳外科医で見事完治されていたこと。
(これは本当に当時、心の大きな支えでした)

担当脳外科医も、
大変自信にみなぎった感のある医者であったこと。
特にこの片側顔面痙攣での開頭手術には、
腕に覚えあり。
「アメリカの専門機関に長年従事していて、
世界的権威である○○博士の、孫弟子にあたる」と、
自負&明朗に説明してくれていたこと。
これも、当時のワタシには、心の拠り所になりました。

家から近い。
地元では、そこそこ規模の最新設備のある病院。
米国戻りの、この手術に明るい脳外科医がいる。
完治したという同じ患者さんがいる。
これだけ揃えば、その病院を選んだことは、
もう、なんというか、しょうがない気がします。

けど、残念。
結果は、残念無念、治らず。

ワタシの、その時の執刀医の施術法は、こうです。

「あなたの首筋の筋肉組織を、少し削り取って、
その肉片を、脳幹と接触している血管との間に挟み込みます。
これは、米国で主流にしている施術法です。
これだと、自分の体内組織を用いているため、
いわゆる異物混入の、拒絶反応もまったく出ない。
テフロン素材などの綿やクッションなどを、
接触部位に挟み込むということも、
ケースバイケースで勿論やりますが、
私は極力、筋肉組織を挟む方向でやります」

当時ネット検索をしたとき、
この説明術法に出会うことはありませんでした。
ワタシ自身も、それから、付き添い受診をしてくれたオットも、
当時医師に「肉片だと、癒着したりして、
血流が流れる際の振動を
伝播しないのですか?」と質問しています。
すると医師は自信を持った風情でこう言われました。
「痙攣する原因である、神経と血管との接触は、
ミリ単位のものだから、肉片を挟んで、
紙1枚分程度の引き離しをするだけで、十分なのです」
そう説明されたので、
ふうぬ、そういうものなのかあと。。。。。。

時間は、
過ぎてしまった出来事は、
取り戻すことが出来ない。

これが今回、最大に学んだことです。


今年2017年。
年明けより、徐々に気持ちが〝再手術〟への
思いが強まってゆきました。
この煩わしい痙攣を消滅させたい。
この面倒な痙攣から解放されたい。


そう、じわじわですが、思うことが強くなり、
近隣県で、片側顔面痙攣の手術に明るそうな病院を探し始め、
考えた結果、2院受診しました。
ちなみに。
いずれも、紹介状必須の病院だったため、
(1軒は私設なので、最悪なくても受診可能。
もう1軒は大学病院なので、絶対の必須アイテムでした)
ワタシのかつての執刀医に面談をし、
術法やデータ等提供願い、紹介状を貰おう。
そう考えて、もとの病院へ連絡をしたら、なんと!
なんと!
脳神経外科が消滅していたのでした!
そんなことってあるのーっ?!(大仰天&大絶句)

いろいろありましたが、ともあれ、
どうにかこうにかで、
受診願った2病院に、伺うことが出来ました。
そして、さらなる衝撃を受けたのでした。

自分なりに、片側顔面痙攣の発症を感じたときから始まり、
覚えている限りの、手術の経緯や施術方法と、
術後の経過等を書き出し、一覧にして、各病院に提出しました。
すると。
合計3名の脳外科医に面談しましたが、
どの医師からも
<あなたの受けられた
筋肉組織を接触部位に挟み込むことは、誰もやらない>
という見解コメントだったのです(ギャーッ!!!卒倒)

1・医師。
「筋肉組織を接触部位に挟み込む、という方法は、
確か以前、どこかで、
そういうやり方もある、と聞いたことがあるような…
聞いたことはありますが、実際は知らないです。
少なくとも私の周辺では、聞いたことはありません」

2・医師。
「筋肉組織を挟み込む………(長い沈黙)
ちょっと、分からない方法ですけれど、
そういう方法もあったのかもしれないですが、
当院ではまったくしていない方法です」

3・医師。
「筋肉組織を挟み込む方式というのは、
確かに昔、ほんの一時存在した方法です。
でも、それは全くよろしくないと、
一般的な脳外科医では認識されていて、
もう十数年前から誰も採用していない方法です」

そして、この3・医師はこう言われたのでした。
詳細までは、個人的な内容にも触れますので、
記載は控えますが。

「どうしてもっと、ちゃんと
病院と医者を選ばなかったの」
 と。(衝撃&涙。。。)
そ…そんなこと言われても。。。(悲劇涙)

今回、
受診した病院を仮にA病院とB病院と称しますが、
そのどちらもが、
「1度目の手術の成功率は90%位」と言われていました。
興奮で聞き間違えていたら、とは思いますが、
B病院では「98%位の割合で完治です」と言われていました。
(たぶん)

こちらの病院では、
年間再手術をどのくらいなさるのでしょうか。
そう質問したら、
そのB病院医師は、うーんそうですねえ、と。
「うーんそうですねえ。。。
年間1人。
2人いるかなあ、どうかなあ。
そのくらいでしょうか。
なぜなら、1度目の手術で、
ほとんどの方が完治されるので
」 と言われました。
この病院で、執刀して貰っていたら良かったのかもしれない…(落胆)
そう、どれほどその場で思ったことでしょう。。。(意気消沈)
でも、もう時間は流れました。。。

A病院でもB病院でも、
言われることは同じでした。
「再手術は、治る確率は1度目より低くなります」
無念。。。
でも。
でも。
検査撮影をしたワタシのCT画像を診ながら、
医師等はこう言ってくれました。

「開頭して、実際見ないと何とも申し上げられませんが、
それでも、再手術してみる価値はあるのではないか。
そう思います」

ワタシは診察室で、涙しました。
どわーっと涙が溢れました。
どの医師も、皆さん、静かにただただ
泣くワタシのことを、見守って下さいました。
3・医師は、お手持ちのティッシュまで下さいました。
どうもありがとうございました(大涙)

また、どの医師も、こうも言われました。

「この片側顔面痙攣は、命には何ら別状がありません。
極端な話、このまま放置しておいても問題ありません。
数年後、痙攣が酷くなることはあるかもしれませんが、
それでもまったく緊急を要する症状でない。
ですから、
再手術をするかどうか、
じっくりお考えになられては」と。

でも諸先生方。
ワタシはもう十分考えて来ました。
2年間。
もう十分考えて来ているのです。
今のワタシは、病院と執刀医を探しているのです。
再手術への道のりはもう、十分過ごして来ているのです。



以下 続きます⇒




020mv.jpg





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.04.07 01:06|ちまのこと



0407be (1)



0407be (2)



ふがっ



0407be (3)



ふんふふん☆



0407be (4)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.04.03 13:32|ちまのこと



0403r (1)



0403r (5)



0403r (4)



0403r (3)



0403r (2)




とある朝のお散歩のとき、
初めて出会った猫さんです。

おとなりのご町内のおとなりのおとなりの、
くらいで出会いました。

可愛らしいチョーカーをつけていたので、
このお宅の猫さんか、もしくはごくごく近い
お宅住まいの猫さんかと。

お家だけで暮らす猫さんではなく、
おでこにバッチリ、ぼかん!と傷があったので、
お外で縄張り監視も、きっちりしている猫さんなのでしょう。

でも。
へっぴり腰で、挨拶したがる、ちまにも、
イライラッ!とされることなく、
自由にぐねぐね。
寝そべって、朝日を堪能されていました(笑)

また会えたら、どぞ・ひとつ・よしなに☆
と、
へっぴり腰ちまの、身内からも、ごあいさつ♪


猫族の、
日差しの中で、のんびりくつろぐ姿というものは、
本当に本当に〝のんびり〟している感じがして、
素晴らしいなあと、いつも、思いながら、眺めているワタシです☆





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.03.30 16:30|日記
『働かざるもの 食うべからず』 だぞっ UQ~♪

ワタシの母方祖母が、これ、しょっちゅう言っていました。
ワタシに(苦笑)


オットと、ちまのお散歩へ出ていたとき。
宝くじ売り場ののぼりに、こうありました。
<ロト6 キャリーオーバー 4億円!>

いやあ~スゴーいっ☆
よんおくえんだって~~~きゃ~☆☆☆
なんて。
買ってもいないのに、ひとり興奮(笑)

「もしも、当たったらど・ど・どうするーっ!?
ねねねっ、どーする?!」

横にいるオットを、ポカスカしながら
そう聞いたら、オット。
しれ~っと、こう言いました。

「別にボクはなんも変わらへんと思うなあ」

ゲッまじで?!
なんでですのん?!

「ちまと、こーして毎日お散歩行ってー
うんー
別になんも、変わらへんと思うなあ~」


真面目か!!!



ワタシは、変わります。
ええ。
変わりますよ!

ちまを、1日中、見つめるだけに
生活は、切り替えます。



0330za (6)



ちまのことを、もう徹頭徹尾、
1日中、見ています。

見つめているだけで、過ごすのです。
ちまの、真横に寝転んで。
ちまを、愛でるだけで、過ごします。



0330za (9)



ちまと、いっときも、離れません。
ひたすら、ちまと、ぐでぐでします。



0330za (8)



こんなのも、愛でます(笑)

4億円あるので、
「デメル、美味しいけど、サイズ小っさ!」
なんてぶうぶうも言わずに、愛でます。
そして、お祝いの日でもなくとも、
2個じゃなく、4個買います(小っさ!)



0330za (4)



部屋中、こんなの飾って、愛でます。



0330za (3)



こういう無農薬のお野菜だけしか、買いません。

あ、ちなみに、こちら。
MY父のお手製・無農薬野菜。
素人園芸家なのですが、借りている畑の土がとても上質らしく、
こんなに小さいけれど、お味はすっごく美味しい☆のです~

無農薬の食材は、スーパーでも割高商品です。
でも、4億円あるから、それも気になりません。



0330za (2)



勤めもたちまち、ただちに、即刻退社します。

ええ、もう、社会人の常識として、
どうかっちゅーくらい、即・辞めます。
規約の1ヶ月前申し出に沿うようには、
まあしょーがなくしたとしても(ブツブツ)
有給休暇消費でガツンと、出勤日数減らします。
ああ最高…☆(←妄想大暴走)

しかし、オットはこう言うのです。

「ボクは、出勤時間、1時間くらい遅らせるか、
1時間早めて仕事切り上げるか。
くらいの贅沢は、するかもな~いやどうかなあ~」


だから真面目かっ!!!


春夏秋冬。
穏やかなものだけに包まれて、暮らしたいなあ。

「4億円じゃ、そんな優美。
無理なんじゃない?」とオット。
うーむ。
案外それが真実かもしれないなあ。。。

じゃあ6億円のキャリーオーバー妄想で!
って。
そういうことじゃないですね(苦笑)



0330za (1)



わがオットは、とてもよく働きます。

働くということが、好きなのです。
どういう形ででも、社会と接して、勤労する。
これを至極ふつうに、求めている人です。
ワタシは、いつも、そんなオットに
頭が下がります、バウ。
バウ、しながらも、でも、
実は「なぞー」と、思ってもいるのです。

ちまと、だけ、
ずっとずっとぐるぐる巻きで過ごしたい。
これの方が、単純に、明快で、
なんのナゾもないんじゃないのかなあ。
そう、思うワタシなのでした。


ああ、ちま。
可愛いなあ~☆(←放置でおひとつどうか)

って。
ちまもたぶん、勤労意欲無いよね?(笑)
どう?



0330za (7)



しばらくしたら、そののぼりは、消えていました。
世間の誰かが当てたのでしょうね。
いいなあ!





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから