片側顔面痙攣:術後1年3ヵ月。

2015.01.30 03:32|受:ワタシ病気録
台湾人の友人Kちゃんが、京都へ一瞬戻って来た。

せっかくだもの、会いましょう、と
グルマンな知人に紹介してもらった、美味しいフレンチを頂く。

Kちゃんは、明日東京に出向き、友達と落ち合い、
長野へスキーにゆくと、とても楽しそうだった。
台湾本国での、就職先(大学)でも、毎日充実した暮らしを
しているようで「すっごく忙しい」と言いながら、その顔は晴れ晴れしていた。



0127 (1)



このさき恋をして結婚もして、未来をつなぐ子どもを増やして。
Kちゃんのこれから、は、明るく、輝いている。
本当にいろんなことにわくわくしている彼女を見ながら、
ワタシは”片側顔面痙攣”の開頭手術をしてから、
1年と3ヵ月後の現在。
正直、少々、憂いていた。

ここ数日前から、なんとなく、ピクピク。
数年間、大変悩み煩わされて来た、右目下まぶたの、痙攣。
それを消去出来たはずの、それが、ごくごく。
ほんの、ごくごくごくごく、だけれど、
「あ」と感じることが、出て来ている。

日常的・恒常的には、もはや”大昔の体験”として、記憶になり、
遠く忘れかけ事柄、になっていたのが、最近、
時折、くちを動かした際「あ」と、思うようになったのだ。
そして。

「耳鳴りがする」

耳鳴りも、ごくごく、瞬間。
瞬間のとあるときに、ザッと来る。
一瞬の光が駆け抜けるように、ザッと、耳鳴りが、走る。

うっすらと、
うっすらと、気持ちが、少し、淀んで、
うっすらと”再発”という文字が、ココロに浮かぶ。



0127 (3)



Kちゃんは、久しぶりの京都と、ワタシとの食事に、
本当に愉快にしてくれているのに、
ワタシときたら、そんなKちゃんのわくわくする様子に、
いつもならもっと、おしゃべりの”コール&レスポンス”に
がっつり、向かえるところが、そこはかとに、終始。
Kちゃんを見送ってから、猛省したけれど、
こういうココロの淀みは、深く気持ちのしっぽをつかんで、離さない。

ごめんね、Kちゃん。。。
次に会うときは、もう少し、いいえ、
いつものバカ笑いを、またきっと提供します。



0127 (4)



片側顔面痙攣の、手術を執刀してくれた担当医が
説明して下さっていたことを、思い出す。

『術後、
人によっては、2年間ほどの間、
痙攣が治まったと思ってもまた出て、またじき治まって。
そういうことを繰り返す場合もある』

ワタシの場合は、ただの?片側顔面痙攣からなる、
まぶたの痙攣に加えて”耳鳴り”が、あった。

頭の中の神経配置は、本当に繊細に、微細に
猛烈に、込み入った環境のようで、
ほんの数ミリ単位での、神経と血管の接触で、
さまざまな障害が発症するのだと、担当医から、聞いた。

ワタシの、当時”障害”を発症させていた箇所は、
見つけて、手術のときに、解除して下さっているはず。
だから、違う場所の微細接触がまた出来たか。
はたまた、もしかすると、解除して頂いたはずの箇所が、
解除の壁を乗り越えて、また触れ合いだしたか。

脳内神経というものは、
本当に、空前の超絶繊細込み入りで、
もはやそこは、神の領域だろうと、思う。
宇宙といっても、構わないだろうとすら、思う。
自然の摂理には、どうにも、抗えないと、思う。

屈する、ではなく、ひれ伏す。

ワタシの中を構成する、宇宙と自然に、ひれ伏す。
これが、ワタシなのだと、受け入れること。
ココロが弱く小さいので、なかなか、難問ではあるのだけれど。
引き受けること。
これが、ワタシなのだと。



0127 (6)



Kちゃんとの食事から戻り、ちまのお散歩へ出かけたとき、
オットに、話をしてみた。

心配をするだろうから、と思って、黙っていたのだけれど、
やっぱり、オットはワタシの特別な存在で、
勝手な言い草かもしれないけど、何でも、聞いて・知っていて欲しいから。

「あのね、ここ何日か前から、また痙攣と耳鳴りを感じてるの」
そう、歩きながらオットに言うと、
オットは、穏やかな口調で。
「そういうことも、あるやろなぁ」と、言った。
オットは、ワタシより、自然の摂理を、知っている。

「そういうことも、あると思う。
手術当時は、精一杯先生が、アカン場所はココかなって思うところを
接触しないようにしてくれてるはずやけど、
その接触も、ほんの数ミリで、どうこうなんでしょ。
そりゃもう、しゃーないよね」

そりゃそうだ。

うん、うん、そうだね。
そりゃそうだわね。

明るく朗らかに、でもなく、
突き放すように、でもなく、
ふつうのことばで、ふつうに、そう、オットが言ったので、
ワタシも、ふつうに「そりゃそうだ」と、するり、思えた。

大丈夫、とも、心配するな、ともオットは言わなかった。
不安がることも、気の毒がることも、オットは無かった。

そういうもんでしょ。

オットは、ふつうに、いつも、こうして、生きている。
いつだってオットは、自然に生きている。



0127 (5)



オットが「またどうしてもダメだと思たら、手術したらええやん☆」と、
これは、いたってのんき~に言った。

これも、そりゃそうだと思う。

再発の、再手術のリスクは、当時先生にはお聞きしていないけれど、
(だって手術したばっか!だから)
いくばくかは、あるだろうと推測する。
やはり正直、気持ちは凹む。

それに、同じ箇所で、頭蓋骨に穴を開けて、開頭をするなんて。
ただの1度でも、頭蓋骨に穴を開けるヒト自体、そもそもいないのに、
それがましてや2度も!になると、本当に数奇な運命だろうと、思う。

再度手術したって、成功するとも限らない。
先生が手術前に説明されたように、
80%程度の成功と、20%程度の残念は、
いくら回数を重ねても、つきないものだと。
これに、ワタシはコスモを感じていたのだけれど、
今もまた、コスモを改めて、感じ直している。

何より。
何より何より『悲しい』と思うことには。

もし。
もしも、もしも、またいつか、再度手術をしようと決めたとき、
そのときには、両親が健在とは限らない。
「前回の手術のときには、毎日毎日、
両親が付き添ってくれていたな…」と、思い出して、泣くと思う。
ものすごく、泣くと思う。

そして、ちまと離れることも嫌だ。
ものすごくものすごく、嫌だ。
だから、言いたくはないけれども、
ちまがワタシとオットのもとから、離れて、
川の向こうへ渡って行ってからに、したい。

そんな、現実味をおびた想定をするほど、の
再発を実感している分けではないけれど(妄想癖アリ:苦笑)
でも、そういうことを思うことの方が、
手術のときのあの空前絶後の苦しみと痛みを思うより、つらい。

時間が永遠ならいいのに、ではなく、
時間のすり減り方が、もっとゆっくりだったらいいのに、と思う。
特に、両親の。
特に、ちまの。
手術のことより、そんな環境のことを想像して、つらく、つらく、思う。
切ない。

Kちゃんが、お土産で、お茶をくれた。
「空港で買ったんだけど(笑)」と、いうお茶は、
とても今のワタシに、寄り添ってくれるものだった。

”お茶はのどを潤すためだけではなく、ココロのサプリメント”とある。
ティーパックになっていて、それぞれに効用があった。
『安心茶』 胃の調和、身心の安定。
『養心茶』 養生、身心調和、元気をつける。
       身体と心のバランスを整える。
などなど、数種類あって、そのどれもが、
ココロと体調の穏やかさをもたらすように、というお茶だった。

Kちゃん。
どうもありがとう。
とても落ち着いた気持ちになれたよ。
ちょっぴり消沈気味で、ごめんね。
(Kちゃんは敏感なヒトだから、すごく感じたろうと思う)
次会うときは、きっとワタシも、元気でいるよ。



0127 (2)



ちまと、離れたくない。
ずっと一緒にいる。

1年3ヶ月前に、片側顔面痙攣のための、手術をして、
入院を2週間したときに、そう強く強く強く、思った。
それは、今でも、一番、暮らしの中で、思っていることだ。
ちまと、ずっと一緒にいる。

でも、痙攣の再発が、残念ながら、あるかもしれない。
もっとはっきり自覚して、再手術への道のりも、生まれてくるかもしれない。

ちまも、いつかワタシとオットのもとから、旅立ってゆく日が来る。
残念だけど、これは、否応なしの、いつか来ること。

いろんなことを、引き受け、受け入れながら、生きてゆく。



0126 (3)



オットは本当に、よいひとだと思います。
本当に上等のひとだと、ツマなれども、思います。

とある男性知人が、オットのことを
「とてもエレガントな方です」と言って下さったことを、覚えています。
ひとさまに、オットのことを尋ねられたとき、
そう、ひとさまに言って下さったのです。
エレガント、かどうかは、さておき(苦笑)
エレガントに感じて下さる、人柄の上等さは、
同じ感覚を持って頂けるのだなぁと、思ったことは、忘れられない出来事です。

オットが、ワタシのオットで、よかった。
人生、これだけでも、案外良いのかもしれない。
どうもありがとう。
感謝しています。

経過観察を自分自身でしながら、
様子を伺いながら、ヤッテゆきます。
執刀して下さった先生方がおられるから、大丈夫!と思いながら。





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

大丈夫ですよ。

ルゥさん、あの辛い手術から1年3ヵ月も経ったんですね。
こんなに寒いと、体が硬直して血管やら神経に悪影響があるかもしれませんね。
冷えは大敵ですので、首がつくところを温めることも大切です。
首というのは、顔を支える首と手首と足首です。
気にしないで、というのも無責任ですが、ルゥ様の身近にはご主人様ととびっきりの癒しのお嬢様のちまちゃんがいますから、大丈夫ですよ。
それに、あんなに大きな手術だったのに、ルゥさんの驚異的な自己治癒力で回復したではありませんか。
ちまちゃんの癒しの力と、ご主人の支えとルゥさんが持っている自己治癒力で良くなるはずです。
笑いの力も、治癒力に良いようですので、面白いことは見つけて大笑いしましょう。
作り笑いでも笑いでも効果があるようですが、面白いことを見るける方が楽しいですよ。
面白いことを見つけたら教えてくださいね。


Re: ありがとうございます☆

そら太朗ママ様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます。

そして、いつも、本当に暖かいお言葉をおかけ下さり、
心より感謝しております。
そら太朗ママ様のお言葉。
優しい気持ちに包まれます。
穏やかな心でいることも、日々の暮らしの中では
大切なことだろうなぁと思います。
ストレスフリーでいるだけでなく、もっとその上です。
穏やかな心。
そら太朗ママ様には、そんな思いを、
頂戴しております。
ありがとうございます。
本当に、ありがとうございます。

おっしゃるように、笑って笑って大笑いで、暮らします。
ちまとオットに囲まれて☆

No title

もう1年半、なんですねー。でも違和感を感じるには早すぎる年月ですよね。
お医者様の言われた2年間の繰り返しのほんの一部で、半年後にはキレイさっぱりどこへやら、を信じて、心穏やかに、エレガントな旦那様と愛しのちまちゃんと過ごされる事を願ってます。

ちまちゃんと離れたくない、その想いにちょっと最近の自分を重ねてしまいました。
先日、実家ワンコが亡くなりました。少しの覚悟はしていたつもりでいたが、本当にその時が来ると全然出来ておらず、早すぎる別れにただただ涙しかでてきませんでした。同時期に私も股関節を痛め、ほぼ歩けない状態で、八方ふさがりで。今も杖をついて歩き、痛みでまだ横になって眠る事は出来ませんが、間近にせまった私のミッションも待ってはくれませんので、もうなるようになる、の精神で今を過ごしています。そんなとき、やはりコトの存在は大きく、愛おしいフワフワをモフモフして(笑)心を鎮めてもらっています。

あまり敏感になりすぎず、寒いので体調にもお気をつけて、穏やかにお過ごし下さいね。フワフワ、モフモフです☆笑

No title

手術から1年以上も経つんですね。
あの時のブログ、覚えています。
ご家族の方の優しさや旦那さまの落ち着きっぷりや、ちまちゃんが夜中に突然鳴いたことや・・・。
そしてルゥさんが退院されて、このブログが再開されてすごく喜んだことも。

目に見えぬ場所で起こっていることですから、不安というか落ち着かないことと思います。
一過性なものなのか、経過を見ていくしかないんでしょうね。
ルゥさんの心の重さをふんわりと近くで支えてくださる旦那さまとちまちゃんがいますから。
私も遠くから思いを寄せることしかできませんが、症状が治まっていきますよう願っています。



Re: 暖かいお言葉、ありがとうございます☆

u-mi様、

暖かいお言葉をお寄せ下さり、本当にありがとうございます☆

術後、日々順風に快適な体調で暮らして来たのですが、
ここへきて、少々「ん?」で。
何でもそうですけれど、気になりだすと気になるものですから、
ココロがどうしてもそちらへそちらへーと、引かれ気味で。
精神力の弱さが、ポロリ。
でも、オットとちまに、本当に、おっしゃって頂いているように、
救われています。
ありがたいことだなぁと思っています☆

ご実家のワンコさんのこと、心よりお悔やみ申し上げます。
今は悲しみばかりでしょうが、いつの日にか、
きっと楽しかったことを思い出されて、
微笑まれる日も来ると信じています。
お辛いときですけれど、ご家族の皆様とどうぞ
乗り切って下さい。
旅だったワンコさんのためにも。

股関節の痛みのこと、どうぞお大事に。
大きなミッションは、きっと痛みを書き換える
壮大な幸福をもたらしてくれるはず☆
養生なさって下さいね!

Re: 暖かいお言葉、ありがとうございます☆

mari様、

暖かいお言葉をお寄せ下さり、本当にありがとうございます☆

1年と少し前の頃、手術に踏み切るときには、
「この煩わしさから開放して頂けるなら!」と、
頭蓋骨に穴なんぞ開ける施術も、厭わず、恐れず
踏み切りました。
その際、執刀担当医から”成功と残念の割合”など説明を受け、
そりゃそうだろうと納得していたつもりですが、
実際に残念がちらつき始めると、なかなか心安らかではいられなくなります。
精神力が激ヨワなこと、大露呈です(苦笑)

四十路超えまで、触れ合っていたモノたちを物理的に
引き離しても、元来の体型というモノは、
ずいぶん手ごわいものなのだなぁと、
何だか妙に感心しています。

そして、また、ふつうに暮らせるふつうの健康、というものが、
ふだん気がつかないけれど、
最高で最大の、感謝、なことなのだなぁということも、
また改めて痛感しています。

オットとちまに支えられて、
まぁこれもワタシ、やむなし、などと、
不承不承しぶしぶ(苦笑)引き受けてゆくことにします。

お気持ちをお寄せ下さって、本当にどうもありがとうございました。
ワタシからは、心のそこからの御礼の気持ちを
申し上げます☆





>
> 目に見えぬ場所で起こっていることですから、不安というか落ち着かないことと思います。
> 一過性なものなのか、経過を見ていくしかないんでしょうね。
> ルゥさんの心の重さをふんわりと近くで支えてくださる旦那さまとちまちゃんがいますから。
> 私も遠くから思いを寄せることしかできませんが、症状が治まっていきますよう願っています。

お久しぶりです

ルゥさん、ご無沙汰しています。
もう1年以上も過ぎたのですね・・早いものです。
目の下の痙攣、時々感じられるんですね。私もほんのたまにですが、まぶたのうすーい皮の下がヒクヒクして、「やばっ!再発?」と不安に思ったことが数回ありました。疲れていたりすると、夜に出るようでした。次の日はまた治まってるんですけどね。。
耳鳴りでは無いのですが、私は時々首の後ろの筋がピーッって引きつれて、肩こりや痛みに悩まされました。特に寒い日は、響きますね。

こんな感じで、全く元の通りには身体はなっておらず、日々なんとかうまく凌ぐように気分を紛らわすよう、楽しく他のことに気分をもっていくようにするしかないのかな~なんて思うようになりました。
mixiのコミュでも、再発かも?という方のコメントを見つけて、私も不安になりました。でも、再手術もあるし、もうその時はまた考えれば良いのかもしれませんね。

旦那様のひとこと、真実味ありますね。でもそうやって見守って頂けているのも、安心して暮らせるということなのではないでしょうか。本当に素晴らしい旦那様ですね。

ゆったり、ゆっくり乗り切っていきましょう。
ちまちゃんレポート、いつも楽しみにしています。

ダイゴロウ

Re: 暖かいお言葉、ありがとうございます☆

ダイゴロウ様、

ご無沙汰しております!お元気ですか。
そして、暖かいお言葉をお寄せ下さり、ありがとうございます!

開頭手術をしてから、1年以上経つ。
本当におっしゃるように、とても早いものでした。
でも、快適に暮らしを術後、再開出来たとはゆえ、
1度ざっくり”切って”いますから、どことなく
頭皮やら首筋やら、薄い違和感はつきまとっていて、
手術をしたということを、完璧に忘却出来ることはない、1年でした。
たぶんそれはおそらく、これからもずっと、だろうと思っています。
乳がんの手術をした知人が、5年過ぎたけれど、手術痕の
肌のひきつれを感じている、と言っていました。
そういうものなのでしょうね。

ダイゴロウ様も、微弱に痙攣を感じられることも
おありなのですね。
お話下さったように、疲労とか気候の変動などに
影響されるのかもしれませんね。
よく【雨の前日に古傷が痛む】なんて聞きますものね。

なので、ワタシもダイゴロウ様のお考えのように、
楽しく愉快なことで気を紛らわせ、暮らすようにしようと思います。

ワタシもどこかどなたかのブログ記事で、
再発かもということを目にした記憶があります。
ただ、手術体験者の多くの方が、術後の経過が順調のようで、
術後のその後、とくに数年後など書いておられないので、
自分自身のこの経過具合が、どんなものなのか、手探りです。
とにかく、開頭手術など人生で初体験のことなので(←沢山いませんよね:笑)

ますますの不安が募ったら、執刀医の医師へ
お話を伺いに受診しようと思っています。

オットとちまと、両親と、そして先生がいれば大丈夫☆
そう思っています。

> ゆったり、ゆっくり乗り切っていきましょう。

はい、そうします!☆
どうもありがとうございました!
ダイゴロウ様もご自愛下さい。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから