ちま、雪の妙心寺・散策☆

2015.01.05 03:18|ちまのこと
61年ぶりの、大雪の京都。

歩くだけでも、すっ転びそうで、コワゴワ(←実際ワタシ2度すってーん!)

あちこち、溶けかけた雪が凍りついて、
アイスバーン状態になっていて、歩くとザクザク!バリバリ!
雪とは思えぬ音がします。

こんな状況をもろともせず、ゆくひと。
それは、こちら、ちま。
ずんずん、参ります☆



0106 (7)



自宅からほど近くにある、京都は妙心寺。

見事な雪景色です。



0106 (2)



お正月のお参りの方か、はたまた観光客さんか。
空前の大雪の中、参詣者が、たくさんありました。

みなさん写真を撮りまくられていました(気持ち分かる分かるぅ~)



0106 (1)



やはり、雪の積もった場所へゆきたがる、ちま。
ずっぽり、ハマッています。
(わざわざハマりたい、ちま:苦笑)



0106 (12)



0106 (10)



よかったね♪(…あぁまた、もりもりと雪ダマが…涙)



0106 (11)



雲の隙間に見える、青い空がとてもきれい。
美しい白と青のコントラスト。



0106 (4)



ちまが、唯一着用してくれる、このチョッキ。(もとい、ベスト)

赤ちゃんの頃に買い求めたので、めちゃピッチピチ(苦笑)
丈も短いのだけれど、この雪。この冷え込み。
着ていないより、多少マシかと、本日も着衣。



0106 (13)



でも、ベストは着ていても、足元はもう、こってり雪まみれなので、
すっごく冷たくて、すっごく寒いと思うんですけど。
でもでもでも!
雪の中をゆきたがるのです。

わらじでも履かせてあげたくなります(笑)



0106 (14)



0106 (9)



すっくとした、立ち姿の、ちま。
雪の中で何を思う~



0106 (8)



めったとない、雪よ、ちま。

存分に楽しんでちょうだい☆(あぁ雪ダマ…気持ちうらはら:苦笑)



0106 (6)



妙心寺は南門から、丸太町通りへの眺め。

雪まみれ。
行き交う車もほとんどなくて、別世界のようです。
貴重な体験だなぁ!と、極寒の中をおして、
お散歩に来て、得した気分になりました。



0106 (3)



0106 (5)



”アナ雪”ならぬ、”ちま雪”
もうちょっとだけ、続きます~(笑)☆





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

うふふ~。
ちまちゃんも雪が好きになったんですね!!
いつか雪の上を存分に走っていただきたいと思っていましたが、
思わぬ大雪で雪を堪能していただいてるようで嬉しい気持ちです☆
雪の上に残る足跡が私はツボでいつも写真に撮ってしまいますが、ルゥさんはいかがですか?
慣れぬ雪道、人の方が気をつけないと危ないですね。お気をつけて。
今年もブログ楽しみにしています。
(ルゥさん、新年から毎日更新中ですね!素晴らしい!!)

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます☆

mari様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます☆

> 雪の上に残る足跡が私はツボでいつも写真に撮ってしまいますが、ルゥさんはいかがですか?

ハッ!雪の上の足跡!
忘れてました、忘れています、忘れてばかりです!
そうよそうよ!足跡よー!です。
カワイイですよね!

つい、雪まみれのちまばかり、撮影してしまいます。
足跡。
次回、積雪の機会あれば、足跡撮影しようと思います!

> 慣れぬ雪道、人の方が気をつけないと危ないですね。お気をつけて。
どうもありがとうございます。
本当、雪に不慣れなので、
「ぬっ。あの辺りは、アイスバーン化してそうで、危険っぽい!」
そう認識して、警戒もしながら、向かったところで、
見事にすってん!ひっくり返ってしまいました。
くっそー!
雪にヤラれたーって気分ですー(苦笑)
分かっちゃいるのに、すってんころりんです。いやはやもうー

って。
雪が気に入った、ちま。
雪に弄ばれているワタシ。
なんだか、冷え冷えで文句ぶうぶう言いながら、
結構満喫している気がします~オホホホホ(笑)

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから