ちま、京都・北野天満宮へ☆

2015.01.02 04:13|ちまのこと
京都は、北野天満宮へ初詣に向かいました。(わが家は氏子)

親戚の喪中ですが、母が「気にしなくてよい」というので、
そのように、しました。
叔父は紋切り型の暮らしを好まぬ型破り
(あるいは常識知らずともいう:苦笑)なひとだったので、
その方がしっくりしますので。そのように。(生きている者の自由選択)

遅い午前中。
まだ、雪はありません。
この1時間後には、ドカ雪になるとは、京都の誰もが想定外でした。
(午後から以降、すんごい吹雪→めずらしいほどの大・積雪の京都に!)



0102 (2)



ちまと一緒に、てくてくてく。
天神さんへ向かいます。
白梅町近くになるにつれ、道は人でいっぱいの、賑わいです。

大鳥居前まで来ると、その大混雑ぶりに、
「やはりね」と納得しながらも、絶句(苦笑)
元日、いったい何万人訪問するのでしょう。

叔父への思いのあらわしとして、さすがに鳥居はくぐりませんでした。



0102 (3)



大絵馬。
めぇ~のサイズも、ド級です。



0102 (4)



本殿前に向かう辺りから、もぅムッギュムギュのギューギュー。
ここでオットwith ちま、とはぐれると、もはや出会うことはままなりません。
(携帯不携帯同士夫婦。一度えらい目にあいました:苦笑)
ビタッ!とくっついて、速やかに、行動。
真正面からお参りはハナから論外、考えていません。
脇の方から、こそーっと菅原道真公にお参り申し上げました。
(そういう人々で、その実、こそーっも満杯でしたけれども)



0102 (5)



本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます、を、ぴゅっ!と(笑)



0102 (6)



北野天満宮は”学問の神様”のおわすところ。
なので、受験生たちのお参りも熱い熱い。
ワタシも姪2号が高校進学受験なので、願掛けを。

そしてまた”梅の名所”でもあります。
極寒の中でも、梅は花咲く準備中。
けなげで、清らかな感じ。
美し。



0102 (7)



境内の外へ出ても、人の波は、当然のこと。
行き交う人の数は、さながら大混雑のバーゲン会場のごとし。

ちま。
まゆげが下がった様子の表情で、困惑しまくっております(苦笑)



0102 (10)



ハラハラどっきどきの、ちま。
でも、お留守番よりいいでしょう?(←これワタシの決め台詞:笑)



0102 (9)



神社仏閣は、犬立ち入り禁止が多いのですが、
天神さんは境内を”抱っこ”していれば、ギリギリ承認、というところ。
お参りでは、たくさんの”抱っこワン”たちにも遭遇。
さすがに大型犬族は、駐車場で居残り家族さんと、待機でしたが。

今回お参りの最中で、びっくりしつつ、愉快だったのは。
大混雑の中「可愛い…!」という、女子のつぶやきが聞こえたと、
思った瞬間、ちまの方へ、にゅーっ!と手が伸びて来て、でも、空振り。
その手が、ちまの横の女性の肩に触れて、
女性「あらっ?誰かに肩叩かれたわ!知り合いがいたみたいやけど!
分からへんかった!」と、おとなりのお友達?に言っていました。
違います。
ちまに触れたかった女性の手です。
とは、お伝えしませんでしたが、事実はそうだったのです。
ちょっと、面白い光景でした(笑)



0102 (8)



人の多さに、ちまが、少々立ち止まったので、
オットが「だっこする?」と、ちまへ問いかけました。

んが、ちま。

「いらないのー」



0102 (12)



ほんとかなぁ?
ずいぶん困惑してない?(笑)

オットの方を見上げて、しばし、沈黙の、ちま。
抱っこして貰った方が「あんしん」だけれども、
「きけんな感じを歩きたい」も、本当のところ、とでもいいましょうか。

結果、悩んだあげく「あるく」を選択した、ちま、だったのでした(笑)
以後、天神さんを離れるにつれ、
人ごみは当然減るので、いつもの調子で、
うっきうきに張り切って歩いていた、ちまです☆



0102 (11)



一条通りにある、商店街では、商店街興しに、以前から
『妖怪』を取り込んでいて、至るところに妖怪がいます。
平安時代の高名な陰陽師・安倍晴明を奉る
【晴明神社】が一条通り近くにあって、かつ、晴明が使いこなしたと言われる
”式神”を仕舞いおいていたとされる場所が、【一条戻り橋】のたもと。
なので、一条通りを”妖怪ストリート”に!という趣旨から、だそうです。
(しかし、場所も意味も、やや、うーん、と、遠い気が:笑)

この前で、小さい子たちを前に親御さんらが、写真を撮りたいようで、
「ホラ!そこに立ってー」をたくさんの家族がしていたのですが、
中には妖怪怖さに泣き出す子もいて。
ある意味、そこもまた大賑わいだったのでした(笑)



0102 (13)



一条通り辺りから、西大路通りを、南下して見て、パチリ☆
すごい大渋滞です。
この北上しようとしている、車の多くは、
北野天満宮へ向かうような気がします。(大人気!)



0102 (14)



寒椿、で正解でしょうか。

住宅街のお宅の垣根の、あちこちで、
白や赤の椿が、咲いていました。
寒いのに、ほんと、健気!



0102 (15)



帰宅寸で、のところで、大吹雪になりました。
以降、京都市内にも、どんどんどんどん雪が積もりに積もり、
あっという間に、雪国よろしく、な京都になりました。
こんな大量積雪は、すごく珍しいと思います。

ちまのお散歩、危うし(苦笑)
そして、おーっさむーーーっ!!!(絶叫)

帰宅後の、ちま。

寒い中たくさん歩いたことと、たくさんの人に揉まれた?ことからでしょうか、
ずいぶん「へろへろ」な感じで、コテン☆
ぬっくぬくの部屋で、おやつをつまんだあと、お昼寝に突入していました。

これぞ正しき、お正月の姿(笑)



0102 (1)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから