歯医者さんと天神さんと。

2014.08.25 17:44|日記
あっっっつぅぅぅーーーうううぃ京都!!!

いやはや、お盆過ぎたとは思えない、
このムオムオムンムン、どえらく非道に暑い残暑な毎日です。

そんな猛烈な気温の中、行って参りました、歯医者さん
7年ぶりの歯科医院。
先日、自宅すぐそばに新設された歯医者へ、飛び込んだ様子を
書き記しました。
が。

下奥の親知らずを、治療されるも、いまひとつしっくり来ず。
「今すぐではなくても、いずれは抜歯を検討しましょう」
そう言われたので、それなら通院歴のある歯科医院での
抜歯相談の方が、気も治まるなぁと。
そう思い直し、自宅からは遠くなる不便さと、
ちまへの負担を思いながらも、馴染みある医院へ受診し直しました。
虫歯ゼロのオットも、馴染みの歯科医院。
なお、受診はほぼ歯石取りでのみ:苦笑)

結論から言うと。

「治療した親知らずがどうこうではなくて、
歯ぐきに炎症が起きている。
そのせいで、不愉快なのです」
とお医者様・談。
炎症を抑える治療をして頂き、”歯の掃除”とやらを、
下あごのみ処置(←上あごも、同日でやって下さいー)

7年間歯医者要らず、で、のんきにしていましたが、
実情はそうではなかったようです。

大きな虫歯などはないようですが、炎症が軽く随所にあり
(確かに医療器具で、先生にツンツンされると
ぬぉっおッ!とピリリっ感がある箇所が:涙)
それらを今後気長に治療することになりました。(トホホ…)

なお、気がかりの問題・親知らずは。
「この炎症の様子を見て考えましょうか。
正直、抜いた方が今後ラクだとは思います、本来要らない歯ですからね。
でも、今すぐ抜歯を!という酷い状況では、取り立ててナイです。
なので、この炎症が今ひとつ治まらないようでしたら、
抜歯を視野に、ということにしましょう」

あぁ遠くない将来に、大掛かりな抜歯が待ち受けているのね。。。
そう思うと、気持ち、ブルーいやもっとダークブルー(苦笑)
頭蓋骨に穴開けたニンゲンが言うのも、珍妙な気もしますが、
あぁ歯医者さん。。。永遠に恐ろしい場所です。。。(蒼白&神妙)

ということで、覚悟のときを胸に思い描きつつ、
しばらく、元サヤ歯科医院への通院開始することにしました。

とても患者が多く、込んでいる医院なので、時間がかかります。
(そして通院回数も、多い。丁寧といえば丁寧。
それが歯医者ビジネスといえばビジネスかなぁとも:苦笑)
ちまのことが気になりますけれど、やむなし。。。
ちまには、慣れて貰うほかナイなと、ワタシも諦めて。

その歯科医院は、京都は北野天満宮からほど近く。
25日は、毎月『北野天満宮 骨董市』の市がたちます。
通称”天神さん”

ちまを迎えるまでは、オットとしばしば、冷やかしに行っていました。
何が欲しいでもないのに、出向くと、ついつい何かしら買い求めてしまいます。
早朝5時頃から、市は始まっているので、
朝方なら人ごみもまだでしょうから、いつか、ちまも連れて、
のんびり骨董市散歩、してみたいと思います。

オットが「せっかく市の日に、近くまで行ってるんだから、
ちょっとくらいのぞいて来たら」と言ってくれたので、
遅め出勤のオットに、ちまを任せて、それならば~☆と。

京都は、不安定なお天気続きで、市の朝も雨が降ったりやんだり。
なので、若干出店数も少ない???気がしました。
と、さらにお昼前だったので、込み具合も、若干穏やか。
(早めの午前中は、大混雑です。やはり本気買い物なら、速やかにでしょうか)



0814 (2)



ちょっと気になった家具のお店。

写真右下の”おかもち”
昭和初期のモノで、中にお野菜でも収めたらス・テ・キ~☆
骨董品に造詣が深くもナンともナイけれど、
この形は面白いなぁと。

表面の修繕後の塗装が、どれもザックリしていて(苦笑)
東京は青山の骨董通り辺りで取り扱う、高級感&ゆえんつき品物、
とは異なり、日常使いの、俄然素朴なモノですが、
でも、それゆえな、どれもお値段がお手ごろ☆
”店頭販売だと○万円→天神さん価格で4000円”等です。

あぁ…桐島かれんさんのような、素晴らしくお洒落な邸宅や
別荘でなら、これらの家具もさぞかし映えるだろうなぁ…(猛烈憧れ)
ゴタゴタものだらけでムッギュムギュー!なわが家でだと、
品物が光るどころか「むしろ場所とって、邪魔」がオチ。
素敵~を増やすより、少しでもモノを減らすべき家です。。。(しょぼん)

ワタシ同様、立ち止まって、その”おかもち”を眺めていた女性が
数人いました(写真のすみっこの方も、そのうちのひとり)
お気に入りになった人のお宅で、洒落た使われ方をするんだろうなぁ☆



0814 (3)



こちらは、天満宮の北側の門。
正面とは、趣きが違って、しっとり、渋い風情です。



0814 (5)



境内に入っても、こちら方面までは、観光客も
参詣者も、あまり訪れません。
バカ蒸し暑い!中でも、気持ちだけ清涼感~(でも汗ダーダー)



0814 (6)



荘厳。



0814 (7)



0814 (8)



かなりの敷地面積を持つ、北野天満宮を、ぐるり囲んで、
開催されている、骨董市。
ワタシの回る順序は、天神さんの東側の骨董市をまず、眺め、
北のはじっこまでゆき、そこから境内へおじゃまをして、
次に、境内わき道の骨董市を、遊びます。

こちらが、その境内の方。
両側にお店が、ずらり。
ついつい浮かれて、あちらへふらり、こちらもひらり。
時間もぴゅんぴゅんたってしまいます!(ちま、ごめんー!汗)



0814 (9)



実は今回、明確な意思を持って「買いたい」と考えていたのが、
ガラスのコップ。

わが家で使用している多くのコップは、この天神さんで買い求めたものです。
アンティーク…というような洒落た感はなく(笑)
低価格&質実剛健!そして何より丈夫で長持ち!(する)
昭和初期の高度成長期大量生産モノ。
ザツに扱うワタシに耐えてくれる、がんばり屋コップたち。
それでも数年、日々酷使しまくると、やはり割れることがあるワケでして。

割れた補填に、2個ほど、買い足そう。
そう思って、市に向かいました。

オットもワタシも、小ぶりで細身のフォルム好き。
大量生産品は、昔のものは、そんな好みに合う品物があるのです。
大食堂や民宿あたりで、どわーっと使われていたようなイメージで、
片付けやすい小サイズ、そして、丈夫、というような。

で。
ここから。
失敗談です(苦笑)

一番最初にのぞいて見たお店で、即「出会った」と思い、
コップ2個、購入。
ずばり言うと、1個600円。

ほかの品物を買い物している女性や男性等が、
めいめい品物を手にしながら、店主さんに
「この置物の3000円なんとかならへん?」だとか
「そのお茶碗、キリのえぇとこで10000円は無理?」だとか言っています。

よぉし、ワタシもいっちょう!と「2個1200円を1000円は難しいですか」
そう聞いてみると、この前まで1個を1000円で販売してたから、600円。
どうでもいいモノだったらキリよく500円にしてるけど、ごめんね、と。
そう言われたので、ま、それではそれで、と購入。

ほかのお店でも、似たコップが700円~800円で売られていました。
「う~んあの店主さん、真面目~」と、
自分の買った金額に、満足☆しながら、後半散策。
すると。
「ぬっ?!あれはッ!」

ぶっきらぼうにマジックで書かれた、小さな札の付いたコップ。
【1個200円 箱入6個なら1000円】

ガービーン。。。!!!

よくよく見ずとも、品物は、同じ。
ショック。。。

でも、これを見逃すことは、もっとショック!!!
と、やおら気持ちが燃え盛り、箱入り6個を購入しました。
2個でよかったコップ購入が、8個も買ってしまった。。。

骨董市が好きなオットに、この話をすると、
オット。

「それもえぇ勉強やね。
市は、ひととおり見てから買うもんよ。
即決は、骨董市では、早合点になりガチやよ」


さいでスか…(ガックリ)

でもま、思う方向を変換して。
『1個600円の品を、掘り出し値でバカ安でたくさん買えた!
超ラッキー☆☆☆』

失敗ではなく、経験。
これに、しておこう!(←涙ながらの欺瞞…
そして何より、割ってももう大丈夫!
だって、予備がいっぱいあるんだもの!☆(←涙ながらの強がり

深さと肉厚感のある、漆の茶托。
1枚200円。3枚ありました。
「ハンパの残りだから」と店主さんが言われ、3枚で「500円」に。
これ、正しきラッキー☆(笑)
少しカケがあっても、骨董市だもの、ネバマイン。
茶托使用ではなく、ナッツ類を入れたり、マフィン入れたりの
菓子皿にしようと思います。

それから、古くないお箸。
必要でナイのに、ふらふらっと購入。
オットとワタシ用に、2膳(ワタシは和洋問わず、カトラリー好き)
1膳500円ナリ。
引き出しにしまっておきます(苦笑)

天神さんを満喫して”そこそこ”満足した買い物でした(笑)



0814 (10)



自宅へ戻ると、ちまが、熱烈歓迎で出迎えてくれました。
ごめんね、ごめんごめんごめんね~!☆と
ワタシもちまへ、お礼のハグハグ連発(内心めちゃ嬉しい☆愛を感じる瞬間です:笑)

ただし、ちまは、クールダウンするのが早いので、
ほどなくして落ち着いて、速やかにお昼のねんねの支度に取り掛かっていました(笑)

↓ 「いいこにしていたから、おやつくれてもいいよ?」的、 
   じっと見・ちま、です(笑)

いやいや、すっとおやすみ(笑) 



0814 (4)



歯医者さんで、治療して貰ったおかげで、炎症はやや沈静。
歯ぐき、腫れていたのだなぁ!と、治療を受けて
改善をみて、改めて、知ったところです。

やはり、馴染みのところでだと、
「やっぱイイ。分かってくれてるぅ」と思います。(←単純)
これなら、親知らず(下の歯は、抜歯が大変になりがちだそうです)も、
抜いて貰って微熱が出ても、気分、恐れずにいられるかもなぁなんて。
「また病院行ってすぐ見て貰おう」と(苦笑)
通院長期化覚悟で、参ります(でも少し、ため息…ハァ。。。怖い&面倒)

なので、来月も再来月も、とうぶん、天神さん、
都合さえあえば、行けそうです。
無意味にモノを増やすのだけは、よしとこうと、思っています(苦笑)。


おまけ。

コンビニで、買いました。
↓ ドラえもん・まん(肉まんとかあんまんとかの、まん)

可愛い~☆!



0814 (1)



ちなみに、悪口ではないけれど、ドラえもん・まん。
お味はかなり甘さ控えめの、カスタードあん。
なぜゆえ、カスタード。
どら焼き好きのドラえもん、
ここはやはり、あんでしょう、と思い、さらには
思い切って”あっまー!”でも良かったのになぁ。
というのが、率直感想です。

そして、もし。
もし”ジャイアンまん”が、もし出来るならば、イメージは、カレー。
濃厚にして貰いたいです(笑)




ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから