自転車で京都をほっこり♪

2011.01.30 00:32|日記
東京に仕事で引っ越した友達の家に遊びに行ったときのこと。
久しぶりに思い出した、東京人の母の友達おばちゃんへ電話。
おばちゃーん、ワタシ今東京に来てんのよ~
でも1泊だけで明日には京都に戻るから、電話だけ~
そういうワタシに向かっておばちゃんは「あーた今東京のどこにいるって?」
「東急池上線の××駅ってとこ」
「ナニ?池上線???そんな線聞いたことないわよ?あーたホントにそこ東京?!」
…おばちゃん、ここも立派にトウキョウです。。。

って、東京の人は、ワタシが思うに、地元エリアでのみほぼ暮らしていると見ています。
例えば銀座だとか渋谷だとか、用事が有って出かける以外は、地元区域のみで生きている。
足立区で暮らす人は余程の用事でもない限り、きっと一生大田区に足を踏み入れないと思う。
その逆も然り。
街全体が大きく、様々に小分けしたかのように街が出来ている巨大都市・東京。
それに引き換え京都の街は、たいへんちんまりしています。
極端なことを言えば、京都市内に住んでいれば、時間と体力さえ気にしなければ
どこからでも大概歩いて行き来することが出来ます。
それを快速にしようと企めば、自転車。
ほんとに京都暮らしに必需な品物です。
大学がたくさん有る、ということも大きなファクターでしょうが、
例えそうでなかったとしても、京都ではきっと自転車は生活必需品の筆頭だったことでしょう。

 京都市内の道路には、車の通行規制が本当に細々あって、一方通行だらけ。
目前のそこに行きたくとも、車ならグールグル迂回に継ぐ迂回は必定。
また肝心な駐車場スペースが市街には潤沢に確保されていない。
 だもんで、街中で車というものは、ホントにストレス。
 
 その点自転車ならどこへだってスーイスイ。
他府県の方で京都にいらっしゃる企画のある方には、ぜひレンタサイクルをお薦めします。
(地下鉄はバカ高い運賃だし、バスは始終渋滞で遅延。時刻表なんて有って無きが如し!)

 細い路地を通り抜ければ、そこにふいと小さなカフェが有ったり、
観光客で大賑わいの有名神社仏閣の裏手に自転車を停めてお散歩すれば、
のんびりした京都を味わえます。
 春先なら京都市内を流れる鴨川沿いを、川岸一面の桜並木を眺めつつ、の
気ままにサイクリングは最高だし、ふとしたところにあちこち有る可愛らしいパン屋さんなんかも、
自転車で走っていればこそ、ふらり立ち寄ることが出来るワケで。

 ワタシも日々自転車で京都中を走っています。
 マイ・バディはコイツ☆

003_convert_20110130000622.jpg

名前は『ダブ』と言います。
音楽好きの人には「おっ!こだわりやね」と冷やかされますが
(マニアックな音楽ジャンルのひとつですので)いえいえソレ由来ではなくて。
 以前訪れたことの有るアイルランドの首都ダブリンで、小さな男の子が乗っていた自転車に似ていたから、
思い出の記念に、ダブリンからとっての『ダブ』。
 自転車屋さんに勤務する知人に「自転車に名前をつけておくとイタズラされへんねんで」
と教わったので名付けました。
おかげで13年間乗ってますが、一度も自転車撤去などの憂き目、なし☆

 蛇足ですが、ワタシの友人の自転車にはいたずら描きされた文字が、サドルにあります。
 それはたった一言。
 程良い大きさと絶妙なフォントで、こう。
 
 『ブス』 
 
 友達の勤め先には、ビル内には子どもの進学塾があるので、
頻繁に多くの子どもが出入りしている。
だから友達はたぶんその中の子の誰かが描いたいたずらだと思うと。
「これがもし”死ね”とか”ぶっ殺す”とかいう文字なら、ちょっと問題やなって思うし、
塾の先生方にも一言連絡はしたわ。でもな、これ、ちょっと面白いやろ?ブスてアンタ(笑)」
 確かにそうかも。
『ブス』の文字は、ブスとは程遠い素敵な彼女のおしりでもって、
日々擦り取られて消えかけてはいるけど、今もあります。

 自転車ひとつで端から端まで移動出来る京都。
季節のよい頃にいらして頂いて、ぜひどうぞ♪

ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから