ちま(の飼い主)風邪でダウンー

2014.02.03 22:30|日記
こんな光景を、毎日何度も見ておりますが(笑)
それを毎度、幸福だと思っておりますが(笑)

そうとばかりも言えないことも、ある。
それが、暮らし!



1009 (2)



ちま、ごめーん!

おばちゃん、風邪で、ノック・ダウーン!(バタンきゅー←古代史のように古い表現!)



1009 (3)



ごめんね、ごめん!
おじちゃんだけで、お散歩行って来てくれる?
ほんと、ごめん!
(ゲホゴホゴボゴブーッ…バタリ。。。)

勤務先でも、もぅそこいらじゅう風邪引きでいっぱいです。
1名(それも上司)ずっと咳き込んでいるのに休まず勤務。
で、休みの日によほど疲弊したようで、病院へ行ったら
結果インフルエンザと判定が下り「休みます」連絡が。

早いうちに病院行っとけーっ!(社内全員・絶叫)


ワタシも先日、最近感じたことの無い高熱の予感。
「絶対こりゃ、熱、出てる…(ぞわぞわぞわ:悪寒!)」


つい数日前に、上司のソレがあったこともあり、
めったと検温しないワタシですが、してみました。
そして、体温計見ただけで卒倒しそうになりました。
39度1分!

震える手で、最寄のかかりつけ病院の、土日特別外来へ電話。
「今日、すごく混んでますけど、どうぞ」と言って頂いて、
自転車にまたがり、ブッ飛ばしで病院へ向かいました。
熱も高温になり過ぎると、逆につらさもへったくれも感じず(苦笑)
ひらりっ!勢い興奮で、走り回れます。


結果、インフルエンザではありませんでしたけれど、
勤め先の状況も酷い有様なのと、
直属上司が出張続きになるので、代打のワタシは絶対に休めないため、
念には念を、ということで、
インフルエンザ・だという推察を予備にしておいてーということで、
『イビナル』という、タミフルに代わるお薬を処方して頂きました。

小さな小さな吸引機で、お粉を数度吸引するだけの、お薬です。
その手軽さに、ビックリしてしまいました。
タミフルだったら、数日間は投薬あったと思うんですけれど!?
いやぁーインフルエンザのウイルス抑えるお薬も、
こんなに進歩していたのですね!
ぜんぜん知りませんでしたー


ちなみに、高熱は病院に着いて、
看護師さんたちに「大丈夫ですか?」などと
優しく声をかけて貰ったとたん、急降下。
病院で、診察前に検温したら、37度2分(笑)
安心感って、スゴイ偉大なお薬!

さらには、その病院の内科医師。
「お薬、いる?」

頂きますっ!

「解熱剤も、相当な高熱でシンドいとき以外、
飲まなくていいですよ。
風邪薬も一般的なの、処方しておきますけど、
あたしなら飲まないねー飲んだってろくなことないよー
くちは乾くし、頭はぼーっとするし。
風邪薬はね、治す薬見つけたらノーベル賞だから。
風邪はね、熱出して、ひたすら寝る。
これが一番、良い治す方法ですから」


この病院、ずっとずっと以前にも、
同じようなことおっしゃるお医者様がいました。
(この先生では無い)
いろいろ意見はあると思いますが、
ワタシはこういうお医者様、好きです。

自然治癒力をだからといって、推奨している風でもなく、
”ひとまず寝て治す”
なんとなく、たくさんお薬を出されるより、信じられます。

蛇足ながら、わがオットの風邪の治し方が、まさに、コレ。

水分を、うんといっぱい摂取。
で、綿の肌着を重ね着して、首にタオルを巻き、
毛布を何枚も重ねて、寝て、一晩中汗をかきます。
そして何度も、汗でぐっしょりになった肌着を着替えるのです。
すると、あら不思議。
翌朝には、爽快な表情のオットの出来上がり(ち~ん☆)

「あ~よぉ汗かいたー!」
で、風邪がだいたい治っているのです。
お薬要らずの、安上がり(笑)

高齢化すれば、またまぁ、自分にあった治癒法、
オット編み出すでしょうけれど、
ひとまずもうしばらくは、コレでゆくようです(笑)


風邪をひくと、ろくなことありません。

ごはんは冴えない気持ちで頂くことになりますし、
ちまとも、あまり遊べません。
(犬がヒトと風邪菌が違うそうで、良かった!
 良いことは、それくらいでしょうか)

皆様も、どうぞお気をつけて。



1009 (1)


めったと使わない、わが家の電子体温計。
なんと、1回、その39度1分を叩き出して、以後、
電子音がヒューだとかペーだとか言い出して、サヨウナラ。
めったに使わないモノの点検、本当に大事ですね!(反省)
オットに帰宅時、夜半まで営業しているお店で、
買って戻って貰いました。
冷や汗かきましたー




ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

お大事に。

ルゥ様、39.1度の熱もあったのに、自転車でぶっ飛ばした段階で、風邪もぶっ飛ばしたかのような奮闘ぶりでしたね。
会社で必要とされる人材のはずです。
何て頼もしいのでしょう。
でも、無理は禁物です。
ちまちゃんと愛する旦那様のためにも、お体を大切にしてくださいね。
旦那様の風邪の治し方、素晴らしいです。
高熱で病原菌をダウンさせるので、高熱を出した後は体がスッキリするといいますものね。
今度風邪をひいたら、この方式を取り入れてみようかしら。

Re: お優しいコメントをありがとうございます☆

そら太朗ママ様、

お優しいお言葉を頂き、感激しております。
どうもありがとうございます☆

体調は、まだいくぶん咳が残りますものの、
平常近くまで復調しておりまして、ホッとしております。
緊迫したときなどに限って、何と無く不穏な事が起きたりしますので、
今回のワタシの急な高熱&風邪ダウンも、
本当に職場に緊張の走る一瞬でありました(自分ひとりで:苦笑)

ちなみに、そら太朗ママ様は、暖かく
ワタシのことをお褒め下さいますが、
残念ながらそうでは有りませんで(苦笑)
ただ単純に”人手が足りていないから、マネキンよか
動く分だけ、マシ!”という程度の存在なワタシです(事実は残酷:苦笑)

オットの風邪殲滅作戦は、本当に人力で(笑)無添加(笑)です。
でも、ワタシはオットのように上手に汗をかくことが出来ないので、
この作業に挑戦してみたいなーとは思いますが、
結果は違うと思いますので、試していません。
そら太朗ママ様が、発汗上手さんでしたら、
お試し頂くことも可能かと。
(ただし、荒療治的なものですので、どうかご無理なさいませんように)
なお、この荒治療後は、
本当に大量のずっくずくのタオルと肌着とパジャマの山!になりますので、
それをまた処理することを思うと、熱が出ます(苦笑)

京都も粉雪が舞いました。
ものすごく冷え込みが厳しいです。
そちらも同じでしょうか。
そら太朗さんも、ママ様も、ご家族の皆様も、
ワタシのように急な風邪などお召しになられませんように☆
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから