オット、ハッピーバースデー☆

2013.11.12 20:44|日記
オットの誕生日。

勤務後、オットの大好きなケーキ屋さんで
小さなケーキを3個買いました。
ご近所の義父母にも、お祝い気分のおすそ分けで、
これまた可愛らしいサイズのケーキも購入☆

プレゼントには、お財布を。
頂き物の百貨店商品券使用で、買っておきました(笑)


で、オット。
いったい、いくつになったの?(笑)☆



1023 (2)



オットとは、ふとしたきっかけで知り合って、
それこそ芸能人並みの、あっという間に電撃結婚をして、夫婦になりました。

「人生の重大なことを、そんなあっさり決めちゃって平気なの?!」と、
数人の知人に驚愕され、かつ、大変心配もされました。
でも、みんなオットに会うと、何も言わなくなりました。
オットは、とても、優しくて穏やかで、人柄が上等だからです。

結婚までの短い”恋人”期間のときから、
長らく一緒に暮らす夫婦になっての、今の今の今日まで、
一度たりとも、オットに大声を出されたことはありません。
高圧的な態度も受けたことがありません。
威圧的な仕打ちを感じたこともありません。
暴力的な行動をすることも、一度も見たこともありませんし、
もちろん体験もしたことがありません。

それは、何もツマであるワタシにだけ、ではないのです。
誰にでも、オットは、そうなのです。

オットは、本当に、とてもとても、良いひとです。
こういう穏やかなひとって、いるんだなぁ。

…って、ワタシのオットだ☆(笑)


オットは、ちまにも、だから、等しく、優しいです。

ちまと遊び、ごはんを作り、身づくろいをして、一緒に寝る。
排泄の始末も厭わず、容態をつねに24時間、監視して見守ります。
ちま専用セコム?(笑)

ちまも、毎日ハッピーです。
オットも、ハッピーで、とうぜんワタシもハッピーです☆



1023 (3)



1023 (5)



1023 (6)



1023 (1)



1023 (7)







1023 (8)



ワタシの片側顔面痙攣の手術・入院でも、
オットには、本当にお世話になりました。

毎日支えてくれた、ココロある言葉たちは、
本当にワタシの大切な宝物でした。

妙な言い方かもしれませんが、
この先お互い年を重ねて、いろんな困難が待ち受けていると思いますが、
今回ワタシが入院したことで、
「いろんなことが、オットとならぜんぜん大丈夫だな」
改めて、そう思いました。
いろんなことを、オットとなら乗り越えられるなと。

一緒に良い感じで、年を重ねてゆきましょう、オット。
の前に、オット自身、素敵な年を重ねて下さい。

お誕生日、おめでとう。

美味しいコーヒー、いつものように、淹れてね(笑)
美味しいケーキ、食べましょう☆

お誕生日、おめでとう。



1023 (4)



「寒い…」と震えていたので、今夜は毛布出してあげます。
これも、お誕生日プレゼント(笑)




ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

旦那様のお誕生日、おめでとうございます☆☆☆

なんてなんて、素敵な文章なんでしょう。ルゥさんの、旦那様への信頼と愛情が
満載ですね^^とてもよい関係を築かれているんですねぇ。
羨ましい限りです。いつか私たちもそんな風になれるのかしらと、んんー...笑
まだまだ、道のりは遠いです(ノД`)

これからも旦那様とちまちゃんと仲良く、HAPPYな毎日をお過ごし下さい☆

福岡も昨日から急激に寒くなりました。風邪には要注意!ですね。

最後に改めて、旦那様、本当におめでとうございます★

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます☆

u-mi様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます☆

> 旦那様のお誕生日、おめでとうございます☆☆☆

どうもありがとうございます~
いくつになったんでしょうね、オット(笑)

>いつか私たちもそんな風になれるのかしらと、んんー...笑
> まだまだ、道のりは遠いです(ノД`)

毎日一緒にいると、歩む道のりの長さって気がつかないですよね。
u-mi様、遠くないですよ、きっと。
案外、すぐそこだと思いますよぉ~☆

> 福岡も昨日から急激に寒くなりました。風邪には要注意!ですね。

京都も、怯えるほど朝晩、急激に冷え込むようになりました!
『底冷え』が、アァ底冷えのヤツが来るー!と、
もぅ今からげっそりしています…(ため息)

お祝いのお言葉、本当にどうも有り難うございます!
お互いハッピーでいましょうね☆

おめでとうございます。

ルゥ様の旦那様、お誕生日おめでとうございます。
美女2人に祝福されて、幸せいっぱいのお誕生日でしたね。
シャイなルゥ様がこれほど、絶賛する旦那様、さぞかし素敵な紳士だと尊敬申し上げます。
特に、「オットは、とても、優しくて穏やかで、人柄が上等だからです。」の言葉に感動しました。
どうぞ、ルゥ様とちまちゃんを一生セコムして、幸せな人&犬生を共にお暮らしくださいませ。
ちまちゃんの「おめでとう。」のお顔を見て、私もなぜか祝福されたような幸せに気持ちになりました。
幸せのお裾分け、ご馳走様です。(ふふふ。朝の連続小説のパクリ)
今日も、素敵なブログ、ありがとうございます。

No title

ルウさんの旦那様、そしてちまちゃんのおじちゃん、
HAPPY BIRTHDAY✩
素敵なご夫婦ですね。
とても幸せなひとときが過ごせたのですね♪

毛布を掛ける思いやりも、誕生日プレゼント。
あら、じゃぁ、毎日がお誕生日だね~♪

心穏やかになれるね、ここに来ると。

コンニチハ^o^

一日遅れてしまいましたが,オット様,お誕生日,おめでとうございます♬
すてきなダンナ様で,うらやましいですわ♬
ちまちゃんの「おじちゃん…おじちゃん…おじちゃん…あのね…おめでとう♡」に,なんだか,ほろっとしちゃいました.

Re: ありがとうございます☆

そら太朗ママ様、

お祝いのお言葉を頂きまして、感激です☆
ありがとうございます!

> 特に、「オットは、とても、優しくて穏やかで、人柄が上等だからです。」の言葉に感動しました。

はい。
ツマというバッチリ身内が褒めるのもどう?と思いつつも、
本当のことなので、臆面もなくいうことを、いつもしています(←神経ず太い:笑)

ゲスゲスしいワタシが、ゲス気分に任せて
「△△ちゃんって、モノゴトを分かっていないのよねー!」などとコボすと、
オットは「ルゥが知らないことを、知っているかもしれないよ」と言うのです。
そう言われると、ワタシは「ハッ!」となるのです。

人柄が上等で、ひとの品性が上品だと、本当に穏やかな人物が出来るのだなぁー!と、
わがオットながら、いつも感心しております。
ただし、何度も申し上げますが、
世の中不思議なモノで、そういうひとにはゲスいタチのひとが
なぜかくっつくのです(苦笑)
そして、そういうタチのひとは、何度言われても学びきらないのです(苦笑)
成長出来ないワタシの、先生みたいなものなのです、オット。
たいへん苦労していることでしょう(苦笑)

暖かいそら太朗ママ様のお言葉を胸に、感じ入りながら、
心より御礼申し上げます☆

Re: ありがとうございます☆

りんママ様、

お祝いのお言葉を頂き、恐縮です☆
ありがとうございます!

> とても幸せなひとときが過ごせたのですね♪

”恋人”の頃から、オットとはあまり華美なお祝いは、
しておりませんで、近くの中華料理店で
酢豚とチンジャオロースだとか、気楽にのんびりしていました。
なので、今年もそんな具合で、のほほ~ん自宅祝いの誕生日でした。
こういうカタチが、ワタシとオットに合っているようです~

> 心穏やかになれるね、ここに来ると。

そんな、嬉しいお言葉も頂戴出来て、最高にシアワセです☆
またぜひ、お立ち寄り下さい~☆☆☆

Re: ありがとうございます☆

まりちよ様、

お祝いのお言葉をお寄せ頂き、ありがとうございました☆

> すてきなダンナ様で,うらやましいですわ♬

オットは、お性根の素直な、品性の上品なひとです。
人を誹らず、人を貶さず、人を見下さず。
まるっきりワタシの正反対なのです(苦笑)
聖と俗が表裏一体のようなモノか~と
勝手に納得しております(笑)
オットの清らかさを、日々すすって、
何とかまっとうに暮らしておりますワタシです(笑)

> ちまちゃんの「おじちゃん…おじちゃん…おじちゃん…あのね…おめでとう♡」に,
 なんだか,ほろっとしちゃいました.

こちらも、どうもありがとうございます。

ちまはちょっと”サウダージ”感のある子だと思います。
ちょっとしたことが、ワタシもオットも、切なく感じさせられています。
そういうことが、たぶんまりちよ様にも
感じる似たようなチャンネルをお持ちなのかなぁ!と思っております。

ほろりだけでなく、すっ飛ばし・カッ飛ばしの、ちまも、また
表現して参ります。
どうぞ宜しく、今後ともお願い申し上げます☆
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから