ちま(の飼い主)秋の夜の珍体験☆

2013.10.18 00:42|ちまのこと
それはオットと、夜の”本日最終ちま散歩”に出かけた、とある日のこと。
(※入院の数日前の出来事です。
  なお、写真もその頃の、朝のお散歩時のちまです☆)


京都の秋の始まりを感じる、ひんやりとした空気に、
ちまも、いつになく張り切って歩くので、
ちょっと今夜は遠回りしようか~と、ぶーらぶら・てくてく。

すると、饒舌だったオットが、だんだん無口になって来まして。
ん?などと思っていると唐突に声を出して、こう。


「もーあかん!ごめん、おしっこー!」


って、ゲゲゲっ!
そんなぁ、いきなり子どもみたいなこと言ってー!(怒)
こんな住宅街で、どうするのーと言うと、
近くに(そう近くない:苦笑)駅が有るから、
駅員さんに頼んで、お手洗い貸して貰って来る!と、オット。

「ルゥとちまは、あとから駅の方に来て!」と、
駅がある方向に向かって、猛烈に一目散に走り出す、オットの姿を
半ば呆れて見送りました。

ちまは、いきなりオットだけが走り出したので、これまた大慌て。
「おじちゃんどうしたの?!まってーまってー!」と、
リードをぐぅいぐいー!で、ちままで駆け出します。
そりゃ当然です(苦笑)
だって、印象『置き去り』ですから(ワタシはいますけどねぇ:苦笑)

で、そんな慌てふためく、ちまを、なだめすかしつつ、
ワタシもオットの走り去った道の後を追い、
駅の方角に、急ぎ足で向かいました。



最終電車まであと数本、というような時間帯の駅。
ゆく人はまばらで、駅構内の明かりだけが、ビシビシ光っていました。

その駅の正面には、バスの待合や、ちょっとした広場もあって、
そこでぶらつきながら、ワタシはちまに、おじちゃん、すぐ戻るからね~と、
ちまへ声をかけていました。

そんなときのことでした。


電車に乗る風情で、こちらに向かって歩いていたひとりの男性が、
にこにこしながら、向かって来ました。
ちまのことを「カワイイですね~」と。

「ボクも犬、実家でずっと飼ってたんですよ。犬っていいですよねぇ~」と、
犬慣れしている様子で、よぉしよぉし~と、ちまに触れようと、しゃがんで。
年恰好は、30代半ば?
ボディバッグをぶら下げて、半ズボンという、ふつーの若い男性です。

「いやぁ~ホホホ。可愛いでしょ~オホホホホホ☆(当然)」と、
ワタシもたいへんご満悦で返事しながら、ちまを、一緒に眺めていました。

ら。

「おきれいですね」とその男性。

「は?」

「いや、おきれいですね」と、再度その男性。


「は???犬が???」と、ワタシ。
「いえ、あなたが」


・・・はー???????


はてなマークがいっぺんに100個は頭上に浮かびました。
ワタシが『おきれいですね』???

包み隠さず、申し上げましょう。
そのときのワタシを見て、果たしてどれだけの人が
”性別・女性”と思ったでしょう。


シャワーを済ませていたので、もちろんノーメーク。
まゆ墨ひとつも引いていない、正しきのっぺらぼうに、ビン底眼鏡。
首からは、銀行から貰った粗品のタオルを吊り下げ、
T-シャツは、もう雑巾にして処分する予定の、
ビロッビロに着古した、T-シャツ。
ズボンは、半パン。
それも、オットが部屋に投げ捨てておいた、部屋着用の、ドデカ・半ズボン。
ウエスト紐で、ぎゅーぎゅー絞り上げていたので、腰回り、シワッシワ。
足元は、祖母から貰った、赤い鼻緒の桐の下駄。
下駄、です。

自分で言うのもナンですが、そりゃもぅ『裸の大将』に瓜二つ。
テレビから飛び出て来たのかと思われても構わない勢いで、そっくりです。
それを、どう見れば『おきれいですね』が出て来るのか…

と、意味が理解できず「は?????」の顔のままフリーズしていたら、
さらに言い出した言葉が、また奇怪!

「お美しいので、声をかけずにいられませんでした。
実は僕”ガールズ・バー”のバイトさんを募集している店から、
スカウトマンとして雇われている者なんです。
どうでしょうか。ガールズ・バー、働いてみたいとかって、
興味ないですか」


ガールズ・バァー?????????????


うーん、この『裸の大将』がガールズ・バーの女の子として働くのか。
それより何より、四十路もがっちり越えたワタシが”ガール”なのか。
ガールとしてバーで働いても構わないのか?
(いやそういう問題ではナイですね:苦笑)
うーん、うーん。
これはまた、謎めいた珍事だなぁ。。。。。。

そう思いながら、ただただ単純に困惑しているところへ、
「おまた~~~~~☆☆☆」と、あーちらの方角から、
爽快な顔をしたオットが、手を振りながら戻って来ました。

ワタシが見知らぬ男性と話していたので、オットは当然「ん?なになになに?」
(しかし、その顔付きは、ごっつく爽快笑顔:笑)
「いや~可愛いワンちゃんですねーって言ってくれて~」と、
ワタシが苦笑しながら言うと、その男性も適当にそんなことを言いながら、
オットにちまが本当に可愛らしいと何度か告げて、
駅の改札口の方へ去って行ったのでした。


で。
不思議な気持ちで、その後姿を数秒見送ったあと、
もちろんオットに、速攻報告!

「ね、ね、ねっ!聞いてっ!
あの男子ね、ワタシのこと”おきれいですね”って寄って来てたの!
最初は、ほんとに犬好き男性な感じで来たんだけどね!
でも、ワタシに”おきれいですから、ガールズ・バーで
働いてみませんか”って!勧誘目的だったのよこれがー!
どうなのこれ!ちょっとちょっとどうどう?!」

ちまは、オットが戻って来たので、飛び上がって大興奮です。
ワタシはワタシで、この奇怪珍事に、ちょっとしたカーニヴァル。
ふたりして、駅のお手洗いから戻ったオットに、詰め寄っていました(笑)

「ねー?なんだったんだろうね?!でもまぁ、
おきれいですねはさ、お化粧してたら、たまに聞いたりするけどさ!(←強行)
ノーメークのこの姿でって、どうゆーことなんだろう?」と、
オットのことをぽかすかしながら言うと、
オットは、しれ~っとした口調で、一言。

「まーね。今の世の中、相当マニアックな嗜好もあるしねぇ

マニアックって…!(すってんー!)

「だって、今のルゥって、どっから見ても”中年のおっさん”やん。
その格好見て、スカウトするなんて、もしそれがほんまやったら、
そりゃかなり、ド級の個性的なバーやなー。
ボクやったら行くの、頼まれたって願い下げやけど。
でも、今のご時勢、オリジナリティ
相当溢れてる店の方が、
マニアックなお客が付いてえぇんちゃう~?



そう言いながら「おきれいですね、は、ちまのための言葉~
さぁ~ちまちゃん~おうちに帰るよ~オホホホホホホ~~~
へんなの~~~~~」と、飛び跳ねる、ちまと一緒に、
オットもスキップしながら、行ってしまったのでした(苦笑)

ツマが妖しい世界にスカウト?されておいて、このオットのこの姿って一体…(苦笑)

しかし。

ワタシも、こういう分けの知らない勧誘等には、何十年も前から
なーんとも動じなくなっています。
少女の時代だったなら、怖くて走って逃げたと思いますが、
そんな清らかで純朴なときは、もはや遠い昔話(笑)
十分立派な中年になった今では、こうしたひとつの、ブログネタ(苦笑)


秋の夜の、ほんと、摩訶不思議な珍事に出会った、お散歩だったのでした☆




0131003 (1)



0131003 (2)



0131003 (3)



0131003 (4)



0131003 (5)



珍妙なことが、ときどき起こるね、ちま。
面白いね。世の中ね。



0131003 (6)




男性女性問わず、夜更けの際の犬のお散歩は、
用心のためにも、単独では控えた方が安心だと思います。
テレビの中の物騒な事件も、身近なものとして捉えておくことが、
残念ですが、今の世の中、だとワタシは思います。




ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

ひゃ~~、ガールズバーの勧誘?!
そんなのあるんだね。
でもルウさんは美人さんだから、いくらすっぴんでも
見る人が見たら、ピン!と来るんじゃないのかな~
ウチのNo1候補だぜ!とか(笑)

でも確かに恐ろしい世の中・・いろんな事件がありますしね。
気をつけねきゃね!

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます~☆

りんママ様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます~☆

> ひゃ~~、ガールズバーの勧誘?!
> そんなのあるんだね。

そうなのです!本当に仰天でした!
何度も申し上げますが、そのときのワタシは
まさにまさにの『裸の大将』だったので、
オットの言うように、相当マニアックなバーだと想像します(笑)

> でも確かに恐ろしい世の中・・いろんな事件がありますしね。
> 気をつけねきゃね!

はい、そう残念ですが、思います。
ひとりで歩いていて、何か最悪なことに巻き込まれでもしてしまったら、
一番恐ろしいのは、そのとき一緒にいるはずの
ちまに、何かも起きるということ、それが最大に恐ろしいです。

リードを離して、ちまが事故にでもあってしまったら!
ちまが出来事に驚いて、どこかへ走り、迷子になってしまったら!などなど。
ちまの身の上を考えても、やはりひとりで
暗くなってからのお散歩は、控えようと思っています。

これから日没時間も早くなりますから、
そうも言っていられないので、
光の反射板の付いたキーホルダー、買おうかなと考えています。
(ライトは持って歩いていますが)
自分の身の安全は自分で確保!

お互い出来得る限り、快適なワンコとの散歩ライフ、
楽しみましょう☆!
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから