ちま、(分からないだろうけど)激・無念!

2013.09.22 21:00|ちまのこと
「久しぶりに”草ボーボーんとこ”に行こか~☆」と
オットが言うので、言われてみればほんと、ずいぶんご無沙汰だねーと。

真夏の炎天下や猛暑続きだった、このバカ夏・京都。

ちまは、走り回ることが大好きですが、
体調のことを考えて、思い切り走らすことは、控えていました。
でも、もう朝晩はかなり涼しくなって来たしね~と。
向かった先は、妙心寺近くの、謎の広大な空き地。
草ボーボーで(ときどき刈り込まれますが)
一面芝生のようなそんな場所は、この辺りでは、本当に、貴重!
なので、いつもウキウキでゆくのでした。

さぁ~ちま!
いくよ~
出発~~~☆



0040910 (4)a



ちま、大ハッスルの、燃え燃えです。

朝一番のお散歩は、ちまもうんと寝て起きて、のところで、
エネルギーが充填されまくりで、
歩く速度も速ければ、足取りもギンギンです(笑)



0040910 (5)a



「めちゃ走るやろね~」リードを持つオットも、にまにま☆
ワタシも「そうだね~楽しみだね~」と、つられて、ニヤリ☆


ところが。

ところが!
なんと!

謎の草ボーボー地に着いたとたん、目に飛び込んで来たものは、立て看板でした。

ドカーンッ!と、草地に入る出入り口(←大勢の人が多数出入りするので、
なんとなく自然に出来た出入り口です:笑)2箇所に、デカデカと。

【貯水池製作のため 立ち入り禁止】

えぇーーーっ!!!(号泣)そ、そんなぁーーー!!!(号泣)

見ると、草原のような平地のど真ん中に、
監視用のような、掘っ立て小屋が、どしっ!と設置されていました。

もう、残念で残念で残念で。。。



0040910 (1)



いつかは、こんな日が来るだろうとは、思っていました。
何せ広大な謎の空き地でしたから。

でも、この近くで生まれ育ったオットはもとより、
義父母にいたっては、半世紀は軽く”何もない謎の空き地”として認識していたので、
本当にこれは、空前の驚愕な出来事だそうです。

何十年も前には、この空き地の真ん中には、
それはそれは、大きな大きな桜の木々が在ったそうです。
それがいつの頃か、大伐採をされて「がっかりした」そうでした。
そして月日が流れた、今度は、もう立ち入ることの不可能になる”ため池”に…

誰かの土地なので、それは仕方のないことだけど、
本当に残念でなりません。

早朝には、犬の良き遊び場になっていたり、
ご近所の高齢者の方々のお散歩コースになっていたり、
時間が通学の頃になると、高校生たちが、
近道として、この謎の草地を突っ切って、歩き、
ときには突っ走りして、たくさんのひとが立ち入っていた、のんきな場所でしたから…

もぅ、ちまがこの草地を、存分に走り回ることは、出来なくなりました(無念…)
こんな場所、もはやどこにも、ありません。。。


思い起こせば。

ワタシが実家で、愛犬ルゥちゃんと暮らしていた頃のこと。

実家近くに、やはり似たような、どーぉんとした広さの、休耕田がありました。
春には、レンゲ草が広大な田んぼ一面に咲いて、薄紫のカーペットのような広場になり、
秋には、幻想的な足の踏み場もないほどの彼岸花の森のようになっていた、
素敵な、自然溢れる田んぼでした。

その土地は、とある高齢ご夫婦農家さんの持ち物で、
立ち入ることを、本当に「お好きにどうぞ」と、言って下さっていたので、
格好の、ご近所の子ども達の遊び場でもあり、犬のお散歩場でもありました。

でも、そのご夫婦から、次世代の方に代替わりをされたとたん、
大きな看板が設置されてしまいました。

【立ち入り厳禁!】

この話を、当時大阪の田舎町に住む知人に話したとき、
「ウチもおんなじ!畑が傷むから、もう誰も立ち入るなって!」と、言っていました。
休耕田で開いてるんだからいーじゃんねぇ?と、言い合ったことを、覚えています。
だんだん、時代が移り変わり、そして同時にひとも入れ替わってゆくとき、
おおらかな何かも、変わってゆくのだなぁと思いました。
まぁ、人の土地でくつろがせて貰う側のマナーが最悪な悪者も多くなった、
ということも、立ち入り厳禁になる素因を作っているでしょうから、
もはや何も言い返すことなど出来ないのですけれど。。。

とにもかくにも、看板が立ち、監視小屋も設置されてしまいました。
もう、楽しかったことは、遠い思い出になりました…(しょぼーん…)


ちま、ちまは分からないだろうけど、とっても残念なことになったんだよ。
もぅ、あの場所は、走り回ることが出来なくなっちゃったの。
もう、アスファルトの道しか、なくなっちゃったの。。。

でも、ちま、お散歩は楽しいからね。
たくさんあちこち、歩こうね☆



0040910 (10)



京都市内には、本当に緑が無いです。

京都はぐるりを山々に囲まれてはいますが、
ワタシは街中に緑は、断然大都会・東京の方が多い!と思ってます。
なんでこんな都市設計に、京都はなっちゃってんだろう。
住宅がビシビシ立ち並ぶばかりの町ですから。
碁盤の目という、歴史が生み出した素敵な道路配備はあるけれど、
緑の設置という意識は、昔の都人たちには、無かったみたいです。残念。

オットの友達で、自家用車を持つ方が、京都のはじっこの山奥にある
ドッグランに、いつか連れて行ってくれるそうなので、
その日を楽しみにして。
ちま、思う存分、そこで、走らせて貰おうね☆!


この日はとても強風でした。

ちまの毛も、ふぁっさ~ふぁっさ~
風になびく、という以上に、風にもみくちゃにされてました(笑)



0040910 (6)a



0040910 (7)a



0040910 (8)a



風に、むちゃもまれて、面白いね☆



0040910 (9)a



犬が犬らしく、思う存分、思い切り走り回ることが出来ること。

都会にそんな土地があったら、マンションでも建つのでしょう。
でも、少子高齢化と叫ばれて久しい日本国。
人口問題は過酷で深刻だけれど、
それならもう少し考え方を変えて、
緑と自然と空間の多い、透き通る風がたなびく国、に出来ないものかなぁ。
八百万の神様たちが身近におわした頃の日本国は、
何もなくても、きっといろんなものが豊かだったに違いない。
豊穣の国は、今や、いづこ(ため息)

やはり、ちまのために、宝くじで大金引き当てて土地買おう!(うぉぉぉ!)
そして、ご近所の犬と暮らす皆さんにも、きっと解放するのだー!(うぉぉぉぉぉ!)

秋の夜長。
妄想の時間も、いっぱいです(笑)



ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

あら~。
残念ですねぇ。謎の素敵な空き地が…。
人さまの土地ですから文句は言えませんが、「そんなぁ~」って思いますよね。
我が家も去年まではマンションの周りの住宅地がまだ売れなくて、空き地がたくさんだったので、
のわも楽しく探検していたのですが、今年から建設ラッシュとなりまして、探検できる空き地が
なくなりました(涙)
まさに残念でなりません。

ルゥさんのおっしゃるように土地の持ち主のおおらかさ、そしてその場所を少しだけ使わせてもらう人のマナー双方が無くなってきてるんでしょうね。
世知辛い話です。

ちまちゃんがランで走る姿見たいです!
いつかルゥさんご一家が「そうだ!東北へ行こう!」などと思い立った時には、
ぜひとものわと一緒にランで遊びましょうね!

No title

先日は、ご丁寧なメッセージありがとうございました!!
とっても感激しております。

そして、せっかくの空き地、残念でしたね…。
わたしは田舎に住んでるので、小次郎が走り回るのには
事欠かない公園がたくさんあります。
そして、そこで見せる小次郎の表情は
やはり別格だと思うのです。
土の匂いを嗅いで、草の感触を肉球に感じて
それはそれは夢中で走ります。

アスファルト、
人が住むのに都合がいいのかもしれませんが
失ってるものもそれ以上にある気がして仕方ないです。

草原を駆け回るちまちゃん、
きっと可愛さ100万倍!!イヤ、それ以上ですよ。
わたしも、ちまちゃんの走る姿見たいです!!
そして、わたしも東北なので、
いらっしゃる時はついでにまわってくださいね(笑)

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます~☆

mari様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます~☆

> 残念ですねぇ。謎の素敵な空き地が…。
> 人さまの土地ですから文句は言えませんが、「そんなぁ~」って思いますよね。

そうなのですー無念ーといっても自分の土地でなし(苦笑)
空き地って、ほんと、どんどん失われてゆきますよねぇ…

> ちまちゃんがランで走る姿見たいです!

ワタシも!なんて(笑)
ちまがよそさまのお宅のワンコさんたちと遊ぶ姿も、見たいです。
自宅近所だと、やっぱり、車は行き交うし、自転車は多数だし危険いっぱい。
なので、安心・安全な場所で、思う存分!と思って。

秋で涼しくなって来たので、
ワタシの退院後、年内のうちに~と画策だけは、しております☆

> いつかルゥさんご一家が「そうだ!東北へ行こう!」などと思い立った時には、
> ぜひとものわと一緒にランで遊びましょうね!

きゃーっきゃーっきゃー☆

東北は、日本のこころ・日本のふるさと・日本のたましい、だと思っています。
東北、日本の原風景って、思います。
いつかきっと、伺います。
必ず、絶対に、伺います!!!(鼻息ふんがーっ!)

京都には、なぜか東北の方が回りにひとりもおられませんで…
北海道の方は多いのですが。
東北の方々は、大学でも就職でも、関東圏に出られるそうですね。
(知人北海道民・談)
仙台出身の女子がひとり友達でいるだけです。

いつの日か必ずや、向かいますとも、東北!
のわさんmariさん、そのときは、ぜひぜひ
ちまともども、どうぞよしなに☆

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます☆

コジ様、

お立ち寄り頂けて、とっても嬉しいです☆

> 土の匂いを嗅いで、草の感触を肉球に感じて
> それはそれは夢中で走ります。

いいなぁ!☆うやらましいですー!!!
草や土の感触って、ひとにでも、気持ちよいですよね。
歩くとき香る自然の香りも、本当に、心地よい。
青臭い匂い、土臭い香り。
すごく、素敵で、犬でなくても地面に転がって、
全身ですーりすりごろんごろんして、その香り身にまといたくなりますよね!☆
ほんと、羨ましいです~~~

> 草原を駆け回るちまちゃん、
> きっと可愛さ100万倍!!イヤ、それ以上ですよ。

いや本当、同感です!(笑)
犬の走る姿ほど美しいものってない。
そう思いますよねー☆

> そして、わたしも東北なので、
> いらっしゃる時はついでにまわってくださいね(笑)

おぉぉぉぉ!!!東北の方でしたか!
いやぁもぉ憧れの東北ですー!!!
義父母や友人は東北が大好きで、よくゆきます。
でも遠いので(すみません)
すごく綿密に考えて旅行計画をねって、行動しています。
広いですものね!
そういう繊細な行為が、オットやワタシに出来るのか不安ですが、
(ましてや、ちま連れで!)
いつかきっと、東北、伺います!
そのときはきっと、お会いしましょう是非!☆

って京都にもいらして下さいね~
おいでやす~京都へ~☆ですよぉ。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから