秋空のもと、法要の日。

2013.09.07 03:57|日記
義父の母親(つまりオットの祖母)の法事の日がありました。

義父母、オットとワタシ夫婦、オットの姉家族、義父の弟(故人)家族で、集結。
小さな家族法要です。

義父母宅よりほど近くにある、菩提寺で、今回、法要をして貰いました。
いつもの通り、簡素だけれど、美しいお寺です。



DSC037570829 (6)



その日、久しぶりに、京都は大・晴天。

連日の大雨続きだったので、身内とはゆえ法事のために
遠路来てくれる皆さんに「雨の中、申し訳ないなぁ…」と、
主催者?である義父は、ちょっと傷心していたので、
朝から晴れ渡った青空に、本当にほっとしていました。

老人の大往生にて亡くなったひとの法事なので、
涙などまったくなく(笑)開放感溢れる、のんきな法要でした。

義父にいたっては、法事のあとの、食事のことが気になって気になって、
「タクシー頼んでるけど、お参り長いな…間に合うかな…」などと
真剣なまなざしで、つぶやいていました。
食いしん坊なので、食事の予約時間の方が、大事(笑)

暑くも寒くもなく、雨もなく、の、お寺にて、
さわやかな朝の法事を無事済ませて、
さわやかな気持ちになって、お寺をあとに、
さささっ☆お食事ですよ~~~!です。



DSC037570829 (5)



食事先は、義父のとある縁あるシェフがいる、ブラッセリーです。

改築・改装されたところでしたので、店内は胡蝶蘭など
華やかなお祝いのお花でいっぱいでした。



DSC037570829 (7)



前菜盛り合わせから、スタートです。

素揚げのハモと、茄子などのお野菜マリネ。
黄色いお野菜は、ズッキーニとかぼちゃのハイブリッド!
初めて頂きました。
しょくしょくパリパリっとした食感が、面白かったです。
(お味もベリグ☆)



DSC037570829 (8)



じゃがいものビシソワーズ。
とってものど越しの良い、優しいお味。
どうやって作ったら、あのじゃがいもがこんな風に変わるんでしょう。



DSC037570829 (9)



お魚は、めばるです。
程よい脂がのって、濃厚のちょっと手前。
絶妙なコクが、美味しい~



DSC037570829 (10)



お肉は、牛フィレ。
ナイフをいれるというより、触れると、すっすと切れる柔らかさ。

こちらのお店では、お肉料理はジビエが美味しいと思うので、
牛肉はさほど興味がなかったのですが、
今回は全員同じコースメニュウでのオーダーだったので、
こちらを頂いたのでしたが、結果「美味しい☆」と、フィレも美味と、発見でした。



DSC037570829 (11)



デザートの盛り合わせ(と、最後にコーヒー)

パイナップルのソルベが、とても爽快でした。



DSC037570829 (12)



オットの親族たちは、とても気さくな人ばかりで、
ヨメなワタシも、まっっったく気遣いなどすることなく(←少しくらいしろ?!)
楽しく美味しく愉快な時間を、過ごさせて貰いました☆

何より何より何より、
義理の姉のお家には、トイプーちゃん。
オットのいとこ長女氏宅には、ヨークシャーちゃん。
オットのいとこ次女氏宅には、チワワちゃんとチワワ+ポメのMIXくん。
とま、とにかく全家族、愛犬家の集合体で、
お互い携帯シャメなど見せあいっこ大会となり、
犬話で宴会も、よりよりいっそう、親密な感じに☆
(あとからオットに聞くと、いとこ宅は昔からずっと
犬と暮らしていたよ、とのことでした。筋金入り愛犬家一家!)

最高に笑い声があがったエピソードは。
いとこ長女氏の勤める小さな会社も、
社員一同全員愛犬家で「みんな犬になにかあったら、
有給休暇バンバン使いまくって休んでんの(笑)」

「ついこの前も、うちのMIXくんが、アレルギー出たみたいで、
朝起きたら顔がパンパンに腫れてて!びっくりしてしもて!
慌てて会社に連絡して”犬の具合が悪いから、病院連れてって、
今日様子見てたいから休みますー”ゆうて(笑)」

「えー!それええのん?!」と義理姉が仰天して聞くと、
「ぜんぜんOK。そうゆうたら”そんなんもちろんやわ!
気にせんと休んで休んでー!お大事にしてあげてー!大丈夫やといいねぇ!
こっちはほんま気にせんといてね!”ゆうてくれてー」

もぅ全員で大爆笑。
「そんな会社、あるんやぁー☆」
「信じられへんーいいなぁー!」

長女氏「この前も、会社のひと、犬の出産やーゆうて、有給。
ご主人も会社休んで出産に立ち会ってたらしいよ~
ほかの人でも、犬が死んだーゆうて、お葬式するーゆうて、有給。
ダンナサンも会社休んだそうやし、子どもたちも、
学校休んで家族全員で、心行くまで、お通夜したーゆうてはったよ(笑)
ダンナサン、ちゃんとした立派な大手会社に勤めたはるんやけど、有給。
そこも”犬のお葬式なんで”ゆうて休まはったらしいよ」と。

「犬のことを家族って、理解してくれるひとがいる仕事先は
ほんま、安心やねぇ!☆」と、全員で、心底羨んだのでした。

そのとき、ふと思い出したのが、ワタシやオットの知り合いのことでした。

以前まだ、ちまがパピのころ。
ちょっとお腹がゆるかった日があって、
具合が悪いというほどでは無かったけれど、
そこはやはり気がかりなことは、間違いなくて。

その日ワタシはちょっとした知人宅へ、お茶にお呼ばれをしていましたが、
「仔犬の調子が今ひとつなんで、ごめんね、今日伺うのやめさせて」と電話をしたら、
仰天というほどではなかったけれど、結構な感じで「えー?!犬のことで来ないの?!」
みたいな、不思議な腑に落ちない様子の返事を貰ったことがありました。

オットもまた、違うときに、知り合いとヤボ用が発生した際に、
ちまがちょっと、体調不安定な日で「犬が気になるから、ごめん」と
連絡を入れたら、後日別の知人より「犬のことなんかで会うのキャンセルなんてって、
苦笑してはったぞー」と聞かされたそうです。

オットいわく。

「そのひとに、どう思われても、えぇねん。
ちまが、最高に、大事

ワタシのちょっとしたその知人も、オットの知り合いも、
どちらもイキモノと暮らしたことがナイひとでした。
正直言ってしまうと、もの言わぬイキモノと濃密な生活を
共にした経験がないひとには、なかなかこの感覚は、
伝わらないだろうなぁと思います。

それが例えば、ひとの赤ちゃんだったり、高齢者だったりすると、
いっぺんに理解は生まれるのですが、犬猫などイキモノでは
なかなかそうはゆきません。
なので、やっぱり、ちまに、何か…と思うことが起きたときには、
「家の急な用事で」なんて、言って誤魔化してしまうのでした。
本当は、本当のことを言いたいけど(苦笑)

そのてん、一度でも暮らしたことのある友人・知人だと、安心です。
「ちまの具合がちょい気になるから、悪い」と言っても、
「そりゃそうよ!いいからいいから一緒にいてあげて。
また今度会おね~」と、快く。

それもこれも、やっぱり、小さなことでも経験するということは、
人生を暖かく豊かにするもんだよなぁなんて、思います☆


義父は、始終ごきげんで、満面の笑み。
義母も、同じく、ずっと満面の笑顔で。
集まった全員も、みんなとっても楽しそうで
ほがらかな大笑いがたえずある、とても素敵な法事の1日だったのでした。



DSC037570829 (13)



犬大好き!な親族たちが、義父母宅へ戻ることになって、
その際、お留守番をさせている、ちまのことを
見に行ってくれると申し出てくれたので、
オットとワタシは、ちょっと足を伸ばして(ワタシ達だけは自転車で参加。
どこにゆくのも、晴れてさえいれば、自転車です☆!)
御室・仁和寺へ。



DSC037570829 (14)



山門をくぐり、境内の入り口へ参ります。



DSC037570829 (15)



壮大に広いお寺です。

浄化された空気が、ぱぁーっ!☆と、向こうから吹き上げてくるようです。
青々とした青空と、清潔そうな真っ白い雲が、
まぶしい光とともに、目に飛び込んできました。



DSC037570829 (16)



心地よい風と、あざやかな晴天。
本当に、爽快です☆



DSC037570829 (18)



桜のころや紅葉の時期には、このお寺も、観光客で大賑わいです。

けれど、今はちょうどオフシーズン。
本当に京都お寺散策の好きな方々のみが、
の~んびりカメラ片手に、お散歩、という具合で、
これまた、居心地最高です。



DSC037570829 (20)



名物・五重塔。

でも、こちら、オットと感心したことには
「観光時期の方が、庭木の剪定、完璧やね!」ということ。

春の桜が満開のころには、ずっと向こーうの方からでも、
五重塔はくっきり見えて、どこからでもナイスショットが撮影出来る按配です。
でも、今は、まじかに寄っても、この感じ。

お庭の木々も、五重塔も、みんな、オフシーズンでのんびりムードでした(笑)



DSC037570829 (19)



本当に、久しぶりに、おひさまを浴びた1日でした。



DSC037570829 (17)



ちょっとした京都観光気分で、帰宅をすると。
ちま、玄関先でふだんにない声で、歓喜の声で迎えてくれました。

そして、さらにいうなれば、苦情の顔つきで(苦笑)



DSC037570829 (1)q



DSC037570829 (2)q



DSC037570829 (3)q



DSC037570829 (4)q



ごめんね、ごめんねー
でも、お留守番してくれてて、ありがとう☆

と、その後すみやかに、お詫びお散歩に出かけたオットとワタシなのでした。

真夏の炎天下が過ぎ去り、午後のころでも、
もうアスファルトは、熱さを持たないものになりつつあります。
(いつでもお散歩OKになってきて、楽~☆)

夕暮れが近づくと、肌寒いほどになって来た京都。
爽やかな秋の気配を、全身に感じ満喫させて貰った、1日でした~☆




ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから