芦屋マダムの気分をちょっぴり☆

2013.04.26 21:54|日記
オットが休日の日、ちまを丸ごとオットに任せて、
久しぶりに、遊びに出かけました。

向かった先は、西宮。

うんと年下の友達が、西宮にマンションを購入!
なので「遊びに来て~」とお誘いを受け、
ハイハイハイ~とばかりに、ちょっぴり年下の友達とともに、
えっちらオッチラ、京都からお出かけをしたのでした。

待ち合わせた場所は”阪神芦屋駅”
う~きゃ~芦屋芦屋芦屋よ~~~☆てなモンです。
初めて降りました、阪神芦屋駅なのでした。

で。
友達が「一度ぜひ行きたいと思ってるお店で、ランチしよう!」と言うので、
挨拶もそこそこに、胃袋満たしへ、テクテクテクテク歩きます。

夏日の晴天の日で、街中が、どこもかしこも
輝く眩しい日差しを受けて、キラキラ。
芦屋に来て、キラキラ☆
京都から一緒に向かった友達と「芦屋っぽいねぇ~」(←オノボリサン:笑)



DSC03293.jpg



DSC03290.jpg



西宮の友達が行きたいと言ったお店は、こちらでしたが、
ゴールデンウィークでも何でも無い、たんなる平日にもかかわらず
大混雑の満席で、入り口入っただけでお店の方に、
丁重にお断りされてしまいました。

「すっごく美味しいらしくってー一緒に食べたかったぁー残念!」と
西宮在住友。
次はバッチリ予約で来ようねーと、くちぐちに。
あ~ほんと、そんなに美味しくて人気なら、次こそ!☆です。



DSC03295.jpg



その案内して貰ったお店のある通りは、実は芦屋と言っても
「ちょっと外れてるの(笑)本当の本当の芦屋は、もっとうーんと山側(笑)」と
西宮友人談。

彼女はもともとは他府県出身で、ご主人の都合で京都に数年間暮らし、
これまた諸事情で西宮へ引っ越しているので、西宮の現地っこではありません。

なので、以下、言うことも他府県民全開!なので、お許し下さい!(笑)

「この辺りは、芦屋の外れなの。だからレストランのお値段も
リーズナブルなお店が多いの。
本当の芦屋っていうのは、本当に山側。
ときどきふら~っと、ダンナ君とお散歩に行くんだけど、
そりゃぁもうここらとは、格段に豪華さが違うんだよー
家がどこからどこまでなのか、もぅぜんぜん分かんないくらいの家ばっかし!」

そして、こう。

「1位 阪急芦屋駅、2位 JR芦屋駅、3位 阪神芦屋駅。
お金持ち感とか、豪華さがね、ちょっとずつ違うんだよー!」

芦屋付近の方、勝手解釈、どうもすみません(笑)

で、次に向かった先で、ランチにすることを決めました。
可愛らしいビストロです。
西宮友も入ったことが無いお店なので、
お試ししたいということで、決定。
(何より1テーブルだけ空いてましたから!)



DSC03296.jpg



オーダーしたものは、中間どころのランチコースです。
お値段は、ほんと、お手頃です☆

前菜の盛り合わせからスタートです。
燻製されたハム、美味しかったな。



DSC03297.jpg



1日限定○食のハンバーグを、メインに選びました。
どかーん!と弾丸みたいな丸々としたハンバーグで、面白かったです。
ビールとグラスの赤ワインを添えて、頂きました☆



DSC03299.jpg



食卓パンとコーヒーが付いて来ていて、
最後にデザート盛り合わせ。

数ヶ月ぶりに会う友達同士で、近況報告から始まって、
もちろん新居のことや、この西宮辺りのお話のこと。
果ては、最近の芸能ニュースからアベノミクスまで(笑)
おしゃべりの話題は、いくらでも湧き出て来て、尽きることはありません。

なので、正直言って、ランチのお味や良し悪しなんぞ、眼中にナシ。
いや美味しく頂きましたけれども(笑)

ついでに、どーでもイイことまで言っちゃうと。

ワタシは随分な食いしん坊なので、
フレンチテイストより、イタリアンテイストの食事の方が、好みです。
フルコースの、あのボリューム満々満点!さが、至福でシアワセで。
前菜のあとに、パスタやリゾットが来る、
あの「どうぞたんとおあがり☆!」感が、大好きで大好きで。
それからのメインディッシュで、も~シアワセ満腹度は、120%☆
そして、エスプレッソとデザートの盛り合わせで、
幸福に酔いしれて、歓喜の黄金の鐘が鳴り響くのでした~

フレンチのフルコースには、パスタ類が無い分、
ちょっぴりワタシの人気は、イタリアンに、
そういう事情から負け気味なのでした(←食い意地大魔王なもので…苦笑)



DSC03300.jpg



お腹も満腹、おしゃべりも1クールひとまず済ませ、
近くで甘いものでもお買い物をして、
新居に向かおう~と、席を立ちました。
たくさんの芦屋マダムに囲まれた、楽しいランチでした☆

そして、その後。

「あそこのパン屋さんに行ってみたい」と、
京都からの友が指差すお店に入りました。
お店併設の駐車場には、ズラーッリと、
並びに並んだり、外車!のオンパレード。

ぜんぜんクルマに興味の無いワタシでも分かる、有名外車、
ベンツ(どのクラスかは知りません)にBMWに、ベンツにBMW。
ジャガーにベンツ、ポルシェにベンツに、BMW…と、
次から次から、来るわ来るわでも、全部が高級外車!
友達たちと「ひゃ~~~さすがー!」

ただし、鋭い友たちは「でも、見てっ!ナンバー遠いよ!」
あホントだ。
す、鋭いわね、あなたたち…(笑)

で。
これまた思い切って、発言してしまいますが。

そのパン屋さん、すっっっごい大混雑の店内大賑わい!で、
パンを購入するのに、店内をぐるーり、1列に並んで買ったほど。
食事の配給よろしく、買い物トレーとトングを手に、
1列で、入り口から店内を、ぐるり。
「あのパン欲しかった」と思ったら、もう1度並びなおして、ぐるり。
パンを買うのに、そんなこと、初体験でした!
とにかく、それくらいに、大混雑のお店でした。

パン好きのワタシ、パン好きのオットへ!と、
もぅこれでもか、なかなか来る機会ないし、これでもか!というまでに、
山のように、そちらのパンを購入。

でも。
ハッキリ言ってしまいます。
お味、ぜーんぜん、フツーでした。
まっっったく、平凡な味わいだったので、
どーーーしてあぁも大混雑店になっているのか、
帰宅後食べながら、キツネにつままれた気持ちでいっぱいになりました。

オットにも「すっごい人気店のパンだよ!」と提供したので、
オットもウッキウキで、いそいそ「じゃぁうんっと美味しくコーヒー淹れるね!」
な~んて、超ゴッキゲンでしたけれど、
おくちに入れて、ひとこと。

「ぜんぜんふつー(←オット、その様はガッカリ丸出しの図)

全国の皆さんを敵に回してしまうかもしれませんが、
思い切って言ってしまいます。


『パンは全国で1番、京都が美味しい!』



京都府民を代表して、断言・宣言させて頂きます。
全国で1番美味しいパンを提供するのは、京都です。
全国の皆さんにドヤされようとも、京都中の人間なら、それを知っています。
京都のパン屋さんのクオリティは、ハンパないです。

ただし、どこのお店も…

『値段が高い!』



これは、何もパンだけに当てはまることではありません。
何においても、京都はお値段が高いです。
『京都価格』
これは、本当に心底、残念に思うことなのですが、やむなし。
それが、京都なのです…(ちーん。。。)


パンを買い、近くでさらに、ケーキを購入。

晴天の清清しく爽やかなお天気の中、テクテク芦屋川沿いを歩きます。

こういうところを見ると、すぐ「あぁ、ちまとお散歩したいなぁ…☆」と思います。
ランニングされるジョガーも、ちらほら。
の~んびり、ちまもここならゆっくり歩けるよなぁ…☆楽しそう~(妄想~)


向こうに見える山々の裾野が、本物・芦屋なのね(←すみません)

かつての大昔のことですが、大学時代の友達の友人が
”岡本”に住んでいて、数人で遊びに伺ったことがあります。

岡本といえば、ワタシでも知ってますとも、な、高級住宅地!
ただ面白かったのは、その友人のお宅は
「ウチは岡本のはずれ(笑)」と。

素敵なカフェが有るから行こう、と言われ、
みんなで歩きながら住宅街を抜けていると、
「犬がね。
この辺りなら雑種が多いんやけど、
山の方に行けば行くほど、毛が長い犬がどんどん増えるん。
見たことない犬ばっかりやよ~」と、岡本の子が
笑って言っていたことが忘れられません。

事実、確かに、洋犬多く、しかもその岡本の子のセリフに
付け加えるとすれば、みんな”大型犬”な印象でした。
ところ変われば…なのですね~一緒に暮らすワンちゃんもー(笑)



DSC03315.jpg



西宮友、のお宅のベランダから見える景色を、パチリ。

京都人なワタシ達は「北ってどっちー?!」
どこへ行っても、東西南北を気にするのでした(苦笑)



DSC03321.jpg



海があるのだなぁ☆
それはうっすら分かります。

神戸は本当に、山と海の間に有る街なのだなぁと思い知ります。



DSC03327.jpg



可愛らしいパティスリーで、買い求めたケーキたち。
美味しかった。
そして何より、リーズナブル(←こればっかり:苦笑)

そして、毎度の台詞を、友たちと言い合ったのでした。

『京都、値段、たかっ!!!』


確かに、間違いなく、京都であの洒落たケーキ屋さんの
店構えの品物で付けられる価格は、絶対に、ここより150円は高い。
京都の洒落たケーキは、たいがい500円か600円近くはしますから。

学生なら、学食で2度は簡易ごはん、食べられます(笑)

友達たちは、ワインを開け、ワタシは紅茶を頂きました。



DSC03334.jpg



西宮友の新居は、とても素敵なお宅でした。

30ちょっと、で、中古とはゆえマンション購入なんてスゴイ☆
感心するやら、敬服するやら。

ただ大爆笑だったのは。
マンションのすぐそばの通りに、西宮友がすっくと立ち、
両手を広げて。

「こっち側は、芦屋。
こっち側は芦屋じゃないの。
あたしのうちが有るのは、芦屋じゃない側の方ー(笑)」


まだ引越しをして間もないので、
家具とか「足したい」と、イメージを口にしたりして、とっても楽しそうでした。

ベランダは、ぐるーっとおうちを囲むようにしてあるので、
と~っても広々としていて、いいなぁと思いました。
「ガーデニングにちょっと挑戦してみようかなって思ってる」と、友。
「なら家庭菜園にしなよ~採れ立てのお野菜、いいじゃ~ん」
「シブイとこで、盆栽とかに向かってみるとか?!」などと、
また他愛の無い話で、いちいち、の、爆笑。

お天気の良さもあいまって、本当に、いくらでもおしゃべりの続いた
1日なのでした☆



DSC03318.jpg



友のお宅にあった、お人形。

おなかを押すと、英語の歌を歌います。
そのときに、おくちもパカッ~と開いて(歯も有る!☆)
せっせと上下にパクパク動かして、歌ってくれるのです。
その姿は、がんばってる~な感じで、
めっちゃくちゃカワユイ!☆

人気のおもちゃだそうで。
知りませんでしたぁー!
ワタシも1つ、欲しい~~~☆(ちま、びっくりするだろうな!:笑)



DSC03333.jpg



西宮友は、これから、子どもの出産を願って、
兵庫で有名な病院へ、通院することを決意したそうでした。

このマンション物件を買う前から、
「子どもが生まれたとき、通学する幼稚園や小学校も視野に入れて
考えた場所で、購入したいと思う」とよく言っていました。

「子どもが生まれたら、子ども部屋はこっちに。
でも日当たりがあんまりだからなぁー」

そういうことも、微笑んで言っていました。

若いから大丈夫、とも言えず、
年齢が上だから無理とも言えず、
子どもは本当に”天からの授かりもの”だと思います。
なので、どうか気負わずに、健康にだけは気をつけて、と静かに願いました。

広い広いベランダに、小さな子ども用椅子も
いつか一緒に並ぶといいね☆
そっと声援のココロを、ベランダに残して来たワタシです♪



DSC03289.jpg



芦屋のはずれ(笑)とはゆえ、芦屋マダムの気分を
ちょっぴり楽しんだ、愉快で笑いの耐えない1日でした~


さぁ、ちまのもとへ飛んで帰ろうー!☆

で、猛開発ラッシュの続く、梅田へ一瞬立ち寄り、
デパ地下を一瞬だけ、京都友と冷やかして(人の多さに根負け!)
人気店だと教わったお店のお菓子を、義父母らとオットのお土産に買い、
電車に駆け込んで、友との別れの挨拶も手短に、帰宅の途についたのでした。
最後はいつも、ちまのことを思って、慌しい(苦笑)

ちまは、1日オットとご~ろごろ、気ままに過ごしていたようです。
オットが在宅だと思うと、本当にワタシも気ままに過ごすことが出来ます~
あ~楽しかった!☆

で、こちら、西宮のケーキ屋さんで購入した、
知人達への簡易お土産用、クッキー。
これ、3個入っているのに、お値段なんと、たったの157円!
京都なら、絶対300円はします!

『京都、たかっっっ!!!』


こればっかりで、も~どうもすぃませーん(苦笑)



DSC03338.jpg

ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから