思いは、2年を越えても、ずっと。

2013.03.12 20:56|日記
ヤボ用でとある本屋にいましたら、
ふとしたことで、60代くらいのご夫婦に声をかけられました。

これは、そのご夫婦のおっしゃった通りのことを、記します。

「千葉に住む孫に、絵本でも送ろうと思うんやけど、
いっぱいあり過ぎてわからへんもんで。
楽しい感じでお薦めの、何か思い浮かばはりませんやろか」と。

ワタシには子どもがありませんが、
姪たちが小さい頃には、山盛り、絵本を贈っていました。
元来実家の家族中が、相当な本好きですから、
情報だけなら、多少、持ちえています。
なので、そのときの記憶を手繰り寄せれば、
小さいそのご夫婦の、お孫さんへの絵本も、選ぶことが出来るかも。

それで、少し、簡単ですが、立ち話をしながら、
選書のお手伝いをすることにしました。

そのご夫婦は、そして、こう切り出されました。

「明日大荷物を送るんです。
送る中身は、野菜です。
それも山のように、ですねん。
しょっちゅうワタシら、野菜を送っておるんですわ。
菜っ葉やら何やら、とにかく、青物」
と、そう言われました。

そのご夫婦のご主人の雰囲気は、まさに農家さんという風情でした。
もしくは、もしかすれば、リタイア後
玄人はだしに菜園造りに燃えまくる、わが実家の父のように、
バリバリの本気で挑む素人菜園家、かもしれませんが、
とにかくその方の両手はごつく、土を触る人、の両手でした。

「孫がね、おじいちゃんからの荷物は菜っ葉ばっかしやーゆうて。
文句言いますんやわ。
そやから、一緒に楽しそうな絵本でも2,3冊、送ってやろか思て」

と。
そうおっしゃいながら、ズボンのポケットからハンカチを出され、
目頭を押さえておいでになりました。

見ると、その方は、静かに、泣いておられました。

「放射能汚染がね、心配なんですわ。
こっち(関西)ではあんまり言われてへんけど、
孫がおりまっさかい、放射能汚染が、どうしてもどうしても気になって…
孫はねぇ、ほんまにまだ小さいからね。
なかなかその意味を理解なんて、出来しませんけど。
野菜ばっかし送って来るーゆうて、文句言いよりますけど、
私はとにかく、少しでも、少しでも野菜を送ってやりたいんですねん」

「孫は、まだ、とにかく小さいさかい」と。
そう何度も言われては、ハンカチで涙をぬぐわれました。

ワタシも、そのお姿を見ていて、本当に胸が詰まりました。
ワタシの薦めた絵本のページを、黙ってめくっていらした奥さんも、
何もおっしゃらないまま、やはり、見ると、泣いておられました。

きっと、毎日心臓が張り裂けんばかりに、ご心配なことだろう。
そう思うと、全然見ず知らずのワタシも、一緒に、泣きました。

「ほんまに大変なことになってしまった。
なんでこんなことになったんやろ。
日本の将来が心配ですわ」

そう、そのご主人はワタシに向かっておっしゃいました。
ワタシは、そのご主人の全身全霊の思いを込めたように、
絞るようにおっしゃったその言葉に、
ただただ、うなづくほかに、出来ることはなかったのでした。



ワタシの友達は、この春から、福島県へ転勤しました。
異動の辞令が出たと聞いたとき、転勤先が福島と知り、
正直言うと、心がどきどきしました。

でも友達は、きっぱりとひとこと。

「だいじょうぶ」

そう言って、晴れやかに京都の住まいを引き払い、
清清しく「行って来ます~」と、福島県へ引っ越して行ったのでした。

関西に住むご両親やご親戚、職場の方々やたくさんの友達たちからも、
いろいろ不安を問われたそうでした。
それでも、友達は「だいじょうぶ」と答えていたのでした。

このご夫婦の胸に、1日も早く平安と安らぎを、と願わずにはおられません。
ワタシの友に、1日も早く”だいじょうぶ”という言葉を使わずに、
穏やかに福島で過ごせるように、と願わずにはおられません。

美しい、緑豊かな里と、豊饒の海。
ひとは、穏やかで柔和で、勤勉で、努力家で。
日本のすべてのうるわしい原風景を、取り戻すこと。

ワタシに出来ることを、探ること。

いろんな思いを込めて、ワタシなりの3月11日を思います。

東日本大震災で被害を受けられた多くの皆さんに。
被害を受けた多くのイキモノたちに。



京都の御池中学校の、桜が咲き出していました。
毎年桜が咲くように、毎年ワタシなりの思いを寄せます。



DSC032830311.jpg ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから