ちま、(の飼い主)阪神淡路大震災のことを思う。

2013.01.17 19:30|ちまのこと
阪神淡路大震災から18年が過ぎました。

全国区での報道は、年々小さくなるなぁと
感慨深い思いもさまざまありますが、
ワタシなりに、被災を受けられた方々の鎮魂の気持ちを。

当時ワタシは実家に暮らしていて、
あの大震災の瞬間には、ワタシは愛犬ルゥちゃんと睡眠中でした。

寝ていたら、突如グラグラグラグラッ!と家中が揺れて、
そのあまりの揺れの大きさに、驚きと恐れで飛び起きました。
そのとき、右に左にと揺れに揺れるベッドの上で、
ルゥちゃんは「困ったなぁ…怖いよぅ…」というような表情で、
明らかに動揺して、戸惑ってました。

ワタシは「ルゥちゃん!おいで!」と、ルゥを抱っこして、
となりの部屋にいる両親と、姉に「大丈夫?!」と声を掛け合い、
その後は報道の通り。

ニュース画面に映し出される阪神淡路の様子に、ただただ衝撃を受けて
そのあまりの驚きと悲しみに、泣くばかりの時間が過ぎたのでした。

ワタシの実家も、京都市内においてはかなりの被害を受けたエリアとなりました。
お台所とお風呂場とお手洗いの壁が崩れ、お風呂場は基礎工事から改装しました。
町内のお宅では、水道管が破裂したり、屋根が半壊で落ちてしまったり、
自家用車にブロック塀が落ちて廃車になったり、などなどなど。
阪神淡路に比べたら被害は低いものではありましたけれど、
実家町内の皆さんも、たいへん苦労したことでした。

徐々に復興した阪神淡路エリア。
今では、東北の被災地も、いつかきっと、と思わずにおられぬ日でもあります。

18年前の大震災で被害にあわれた、ご苦労なさった、
悲しみに見舞われた、つらい思いをなさった、寂しい気持ちになられた、
たくさんの皆々様に、お見舞い申し上げます。


ルゥちゃんはこの世を去り、今はちまがワタシの近くにいます。
ちまには、あの驚きを味わわせることがありませんように、
切に祈ります。
出来ることならば、日本全国、もうどこにも
あのような大被害が出ませんことを。
自然現象には、太刀打ち出来ませんけれど、どうかどうか。



0150117.jpg



黙祷を、ワタシなりに。



0260117.jpg ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

すずe-415家は歩いて5分で京都という大阪H市の端っこにありますので、
ルゥさんのところほどではありませんが、
それでも相当揺れました。とても怖かったのをよく覚えています。

毎年、あの時間には起きて黙祷するようにし、
あわせて、非常物資の確認をしています。

年々、全国区のテレビでは、阪神淡路大震災どころか、
東日本大震災に関する報道も減っていますが、
なんとしても、私達関西だけは、東日本の復興を
しっかり応援し続けたいと思っています。

No title

18年前の大震災、ルウちゃんも恐怖の体験をされたことでしょう。

私は、報道で聴いて映像をみて、ただただ驚いていました。
日記にも書きましたが、1年後に神戸を訪れて自身の目でその後の復興途中の状況を見ました。

あれから18年。本当に人の絆と力は素晴らしいですね。

私は震災後に福島に移住しましたが、実家は宮城です。
仕事の合間に何度か片付けに行きましたが、住める状態ではなくなり、今は空き家になってしまいました。

でも、神戸のようにきっと復興できる事を信じて^^
忘れることなく、日々を元気に過ごしたいですね♪

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます.

すずママ様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます。

> それでも相当揺れました。とても怖かったのをよく覚えています。

阪神淡路大震災のあの揺れは、本当に恐ろしいものでしたね!
ワタシはあの日、寝ている最中なのに、地面の底の方から
深く鈍い大きな「ゴォォォォォー」」という音を聞きました。
それ以後ずいぶんトラウマになり、地鳴りのような音を聞くと
ものすごく恐ろしくなり、分かっているけど、ですのに、
大きなトラックが向かって来る音にも一瞬「ビクーッ!」となります。
あの日のあのときのことは、ワタシにとっても、
被害などは小さいものかもしれませんが、
一生忘れることの出来ない記憶となりました。

> 東日本大震災に関する報道も減っていますが、
> なんとしても、私達関西だけは、東日本の復興を
> しっかり応援し続けたいと思っています。

本当におっしゃる通りです。
復興再生、ワタシも応援し続けます!

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます.

ちゃこのママ様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます。

> 18年前の大震災、ルウちゃんも恐怖の体験をされたことでしょう。

はい、もう本当に恐ろしい記憶になりました。
きっと愛犬ルゥも、忘れることは出来なかったことと想像します。

3.11の大震災も、本当に辛く酷く悲しい災害でしたよね。
同じ同国のものとして、出来ることは何か。
個人で出来ることは勿論ですが、政治にももっともっと
注視していかねばならないと思いますし、
阪神淡路の再生復興のように、日本全国の豊かさを取り戻したいですよね!
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから