ちま、もしかしたらてんかん発作…?

2012.07.28 02:26|ちまのこと
猛烈に猛暑な京都の午後。

自宅でアレコレ家事を済ませ、冷えたお番茶片手に居間に入り、
あ~ヤレヤレ~とホッとひと息。

ちまを見ると、テレビの前で、横向きになってコテン。
お昼の睡眠中でした。
こりゃイイ。
ワタシの自由時間だ☆
そう思ってパソコン開いて、メールチェックをして…とし始めたら。

いきなり、ちまがカラダをガクガクさせ始めました!
ど、どうしたの?!ちま!!!

その場面を、どう表現したらよいのでしょう。。。
ちまは、うつ伏せになって前足を折り畳むようにして、目を薄く開けていました。
そしてお尻を斜め上に向かって、高く突き上げて、腰をガタガタガタガタ揺らしていました。
腰の動きは、マウンティングのように、カクカクカクカクと腰を振る感じです。

”ガクガクガクガクガクガク!!!”と、けたたましいような音を立てて、
ちまは10秒ほど腰を動かし、パタッと静かになり、またコテンと横になりました。
そして、すぐふいに立ち上がり、数歩歩いて自分のお昼寝用ベッドに横たわりました。
それから、何事もなかったように、スヤスヤいつもの午後のお昼寝にまた入ったのでした。

ちま!!!!!!!
ちまちゃん!!!!!!!!
いったいどうしちゃったの?!・・・・・・・・・・・絶句。。。

こんな妙な動きをしたことは初めてで、ワタシはひとりで動揺しまくっていました。
でも、こういうときは落ち着いて!
犬を撫でたりさすったりせず、静観するのがまず第一!…だったはず、と
泣き出しそうな思いを堪え、じっとその10秒ほど、ちまを見つめていました。
そして、眠りにまたついた、ちまを確認して、速攻仕事中なれどオットに電話ッ!!!
た・たすけてーっオットーーーーーー!!!!!!!

「うんうんそれで?うんうん分った。今手が離せないから、
すぐあとで連絡しなおすから、落ち着いててな!」と、いったん電話を切り、
オットからの連絡を待ち、再度改めてオットに事情を説明。
「どうしよう!どうしよう!どうしよう!」と慌てるワタシ。
脳裏に浮かぶのは、当然ですが『てんかん』という言葉でした。

てんかん。

オットにもそう言葉にして伝えてみました。

するとオットは「知り合いの家のワンコがてんかん治療してるけど、
様子がちょっと違う気もするけど…でも、素人やからわからへんよな…」と。
ただ「今すぐ病院に駆け込んでも、多分しばらく様子を見て下さいに
なると思う。だって実際10秒へんてこだっただけで、なんとも無いし。
もし、本当にてんかんだったとしたら、また発作が出るんやろう。
そのときに病院へ言って診察相談したらどうやろう」と。
ワタシもそれに同意して、病院へ駆け込むのは、
ひとまずその日はやめておきました。

ちまはその後、いつものようにぐーすかお昼寝をして、夕方には一度起きて
おやつを食べ、少し遊んでまたおネムをして、ぐーぐー。
夜にムクリ、今度はしっかり起きて晩ごはんをペロリ、完食。
オットが帰宅したときのお出迎えも、いつもの通りのおおはしゃぎ。
ワタシたちが晩ごはんを食べているときに「何かちょーだい」もいつもの通り。

でも、ただただ、ワタシは、初めて見るちまの普通では無かった状態が、
何度も何度も目の前にフラッシュバックして、頭から全然離れません。

何時間もネットで検索、モチロンしました。
もう最初から思い浮んでいる『てんかん』で、キーワード検索です。
オットも仕事の合間に、検索しまくったようで、少し学んで調べていました。

ちまは、失禁も脱糞もしていないし、泡も吹いていません。
カラダの硬直は、ガクガクしていたので、多分有ったろうと思います。
薄目を開けていました。意識はしっかり覚醒していたとは思いません。
半分寝ているような感じがしました。

オットは「寝惚けていた…とは考えられへんかな」とも言っていましたが、
寝惚けていたにしては、腰の動きが激しかったので、
ワタシはその言葉には同意できかねました。
希望としては、もちろん”寝惚けてた”が最高ですけれど…

てんかんでも、ほんの数秒の発作から、数分までと幅はあるようです。
そしてその発作のあとは、だいたいケロッとしているようです。
切ないけれど、恐ろしかったけれど、たくさんの飼い主さん達が、
「参考になれば」とてんかん発作時のワンコやニャンコの動画をUPされているのも、
いっぱい拝見し、目をそらすことなく見つめました。

もしかしたら、ちまもてんかんを発症したかもしれません。
でも違うかもしれません。
それは今のところ、分りません。

「てんかん発作が出たときは、お散歩は2,3日控えめにってネットで見たよ」と
ワタシが言うと、オットは「ちまがそうかどうか分からへんやろ。まだ確定してない。
だから、軽くでも、いつもの通りお散歩行ってやろう?」と言いました。
そして、股関節の炎症?のときと同じ。
まったくあのときと同じ言葉を言いました。

「大きなことになったらなったとき。そのときにまた考えよう。
てんかんかもしらんし、そうじゃないかもしらん。
でも、もしてんかんやったとしても、それもちまの個性と思おう?
先生に診断受けたら、先生の指示にちゃんと従って。
ちまがしんどくないように努力してあげよう。
たとえ、もしてんかんやったとしても、一生その発作と付き合えば、それでええやん☆」と。

「怖くないの」とワタシが言うと、「全然コワないよ」と。
「一生発作かもよ?」とワタシが言うと、それでも「全然コワくない」と。
そして、オットはちまを抱っこして、言いました。

「ちま☆大丈夫やで!全然大丈夫やからな!
おじちゃんとおばちゃんが、ちゃんといつもそばにいるからな!安心しとき!☆」と。

いつもいつでも怯え症のワタシに、このいつだっておおらかなオット。
デコボコ・コンビ。
だからイイんだろうなと思います。

ワタシもひとり、知り合いにてんかんのあるワンコを知っています。
ちょっと今度お会いしたら、お話し聞いてみようと思います。
以前少し病気の話をなさったとき、その方も、オットと同じことをおっしゃっていました。
「てんかん有るけど、基本キゲンよぅして暮らしてはるし♪
まぁウチのその子の個性やと思ってます」と。

器の大きいひとが、廻りに居てくれて良かったです。

ちま、大丈夫・大丈夫。
なんだって、ちまにおきることは、ぜんぶぜんぶ一緒に受け止めるからね☆

可愛い、大事な、愛しい、ちま。
ずっとそばに居たいです。



086_convert_20120728022108.jpg ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

おはようございます。
タイトルを見てとてもビックリしました。
私は実際にてんかん発作のワンちゃんを動画でしか見たことが無いですし、
ちまちゃんの症状が寝ぼけたのか何かの病気の症状なのかわかりません。

ただ、もし、また同じことが起こるようなら、出来ればですがデジカメのムービーなどで撮影して、それを病院の先生に診ていただくのが一番かと思います。
やはり症状を正確に伝えることが、診察・治療の第一歩だと思いますので。

それにしてもいつもながら、ルゥさんの細やかな愛情と旦那様のどっしりした愛情には、感動を覚えます。
何があっても我が愛犬ですものね。
全部受け止めて、不自由しないよう、苦しまないよう、楽しく暮らしていけるよう、慈しんでいきたいですね。

yahoo!知恵袋でこんなの見つけました。

うちも睡眠中に白目だったり痙攣したり呼吸が乱れたりたまにあります。
が、寝ぼけているだけだと思って気にしたことなかったです・・・。

ネット検索いっぱいされるルゥさんだから、この記事もう見たかもしれないけど、参考までに。。。
(長くなりますが)

犬の場合も人同様、睡眠中は熟睡状態のノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を繰り返します。
寝ている最中の脳波を調べることによって、その時どちらの状態かを知ることができます。

ノンレム睡眠は脳が休息を取っていて、体は起きている状態です。
眠りが深いノンレム睡眠の時、脳波はゆっくりとした波になります。
そして、呼吸は穏やかで規則正しく、脈拍は遅くなり、血圧と体温も低下します。
大脳の活動も低下するので多少の物音では起きません。
言い換えれば、大きな音がしても爆睡している時は、ノンレム睡眠ということです。

残りの睡眠はレム睡眠と呼ばれる眠りで、眠りが浅く、体は眠っているのに脳が働いています。
犬の睡眠のおよそ8割が、レム睡眠です。

眠りが浅いレム睡眠の時は、筋肉の緊張が緩み全身の力が抜けて体は深い眠りの状態であるにも関わらず、脳は起きている時に近い状態で活発に働くため、目はキョロキョロと動き(レム睡眠は、Rapid Eye Movementの略語のREM〔レム〕で、意味は睡眠中の急速眼球運動)、呼吸や脈拍の乱れも出てきます。

レム睡眠は眠っている時に、まぶたの下で急激に眼球が動く状態です。
体は眠っているのに脳は活動しており、眼球や手足が動いたり、体の筋肉がピクピクと痙攣しているようにも動いている、このような状態であるレム睡眠の時、体は完全に休息しているのですが、脳は活発に活動していて、このレム睡眠の間に『記憶の整理や統合をしている』ようです。
犬も夢を見ると言われていますが、夢を見ると言うよりも、『記憶の整理や統合をしている』と考える方がいいのです。

睡眠中に、その日に学習したことを頭の中で整理しています。
次の日になったら、これまで教えたことができたりするのは睡眠をとったからです。
「寝る子は育つ」は、犬にも通用するようですね。

犬が眠りながら体をピクピクと動かしている時は、『記憶の整理や統合をしている』と考えられ、レム睡眠中は眠りが浅いので、その行動に驚いて触ったり声をかけたりすると、すぐに起きてしまい大事な睡眠が十分取れないので、驚いて犬を起こして邪魔をしないようにしてあげてくださいね。
他にも、何かを追いかけているような仕草をしたり、寝言を言ったり、びっくりして突然目を覚ますこともあり、人間と同じようです。

Re: 温かいお言葉を頂き感激です☆

mari様、

温かいお言葉をお寄せ下さりありがとうございます(じぃん…☆)

ワタシも驚いています。
タイトルは病気の名前なので、ご心配をおかけしたかもしれませんが、
包み隠さず、ちまとの日々の暮らしをつづっていますので、書きました。

mari様がアドバイス下さったように、次にもし、ちまに何か不安定な事が起きたら
デジカメ・ムービーで撮影しておきたいと思います。
(使えるように学んでおかなくちゃ…:汗!)
それが間に合わなかったら、動物病院で先生に迫真の演技で実演しながら
説明申し上げたいと思っています!

> 全部受け止めて、不自由しないよう、苦しまないよう、楽しく暮らしていけるよう、
 慈しんでいきたいですね。

おっしゃる通りだと思います。
ちまは、この世界にたったひとりだけの存在で、
ワタシの大事な家族ですから、何が起きてもずっと一緒で、大切にしたいです。

ちまは、あの1度切りで、それ以後はいつものちまです。
ワタシはドキドキで、目玉が落ちるほど、始終ちまを見ていますが、
オットはいたってフツーに暮らしています。
何か起きるときは、どうあっても起きる。
「あるかも知れないし、ナイかもしれないことで、
しんどく思うのはやめようよ」と言って、フツーにちまと過ごしています。
わがオットではありますが、オットは人生の”豊かな暮らし方”を
スルッと我が物にして生きていると思います。
うらやましいです。

ちまは元気でご機嫌にしています。
今のたった今の瞬間瞬間がそれなら、それでいいのだ☆
オットとちまは、ナイスコンビなんです♪

mari様、いつもお優しく温かく見守って下さっていて、
本当にどうもどうもありがとうございます。
ちま、果報者です!☆

Re: お優しいコメントありがとうございます(涙)

sao様、

お優しいコメントを頂き、感激しております。
お気使い下さり、どうもありがとうございます(涙)☆

> うちも睡眠中に白目だったり痙攣したり呼吸が乱れたりたまにあります。
> が、寝ぼけているだけだと思って気にしたことなかったです・・・。

多分それは、しゅうくんは、sao様のお見立て通り、寝惚けちゃった♪だと思います
ちまのは、何となくですが、そういう域ではナイような気がしまして。。。

これまで、ちまの寝惚けて手足を、まるで歩いているかのようにエッサホイサ、
動かす事はしばしば見ていますし、寝言も聞いていますし、
sao様のご覧になられたように、白目ーも見てきました。
だけど、今回のは、ちょっと様子が違った気がして。。。
その差は、上手く言葉に出来ないのですが。

ネットの情報、お教え下さってありがとうございます!
この情報は、きちんと読んでいませんでした!
寝ているときは、まだまだ神秘の世界みたいですね。
たんなる寝惚け~だと良いのですが、
もしもそうでなくても、そうでなかったとしても、
世界にちまだけの病気ということでもないので、
オットのようにどっすーん!と構えて、
それならそれで!と立ち向かい受け止めようと、気を変換しました!

今のところ、ちまはアレっきり何事もなく通常です。
そうそう頻繁に発作?が出るようなら、完全に断言出来るので、
それはそれで前向きになりやすいかも。

「時限爆弾みたいな気持ち」と今朝オットにつぶやいたら(←やはり気弱)
「不発弾だってあるで。そんなことばっかり考えてたら、
ちまに不安感だけ伝わってしまうから、アカーン!」と笑われました。
おおらかにいきたいと思います。

温かくこれからもどうぞ見守って下さい。
ちまはシアワセな子です!☆
どうもありがとうございました!
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから