ちま、新しい名前、それは”ビビる・ちま”☆

2012.07.02 16:51|ちまのこと
好奇心旺盛で、ナンにでも興味津々で生きている、ちま☆
だけど、その反面、これがなかなかド級に”ビビリ”(笑)

ご近所のお宅の玄関先を、探求する、ちま。

こちらのお家には、そこそこ大きな柴犬♂がいます。
そのワンコが在宅のときは、猛烈にワンワン吠えられるので、
ちまはそのたび『キャーッ!』で、逃走なのだけど、
”いない”と分かると、こうして大胆に、クビを突っ込みクンクン!
要領の良いやつです(笑)



DSC02701_convert_20120702161754.jpg



ちまは、自分から進んで探検・探索にゆくのはOKなのですが、
不意打ちにアチラから来られると、全然ダメで、ビビりまくりに早変わり。

散歩中に何か大きな物音など聞くと、ちまは「ダーーーーッこ!!!」と、
脱兎のごとく、速攻オットの足元へまっしぐら。
雷が最大に嫌いなようなので、それを喚起させるたぐいの音は、総じて×です。

ごきげんに、オットと歩くちま☆
毎度のなぜか歩幅同じ現象で、パチリ(苦笑)



029_convert_20120702162439.jpg



ハッ!何か物音!
で。

ち 「ダーーーッこ!!!」



025_convert_20120702161920.jpg



ち 「にゅは~☆あんしんあんしん~♪」



027_convert_20120702162000.jpg



ふだんは呼んでも、ちーっとも抱っこされないくせに、
自分勝手に抱っこ要求をするちまが、オットは最高に愛おしいらしく、
ちょっぴりの物音でもしようモノなら、すかさずちまに
「抱っこする?ちま、抱っこしよか?」と聞いています。(←激トンマです:苦笑)

鼻のしたって、ほんとうに、伸びるんだなぁー!
ワタシはこうして、その言葉を現実に日々・目撃です(笑)


ち 「あれなにかしら(あんしんゾーン)見てみたいなー
   おじちゃん、あっちに行ってくれてもいいよ?」



063_convert_20120702162032.jpg



ち 「ん…?あそこのはいったい…」



018_convert_20120702162805.jpg



ち 「な、な、なにかしらっ…(ドキドキ)」



020_convert_20120702162314.jpg



ところで、ついでに。

とある夜(それもまぁまぁ深夜)お散歩に行っていたときのこと。

のんびりオットとワタシとちまで歩いていたら、
背後から「…ハッ…ハッ…ハァ!ハァ!ハァァァ!!!!!」と、
何やら、何か大きなモノが走り来る物音が。
「ぬっ?!何?」と振り返ると、そこには冗談みたいに
大きなシェパード犬が、自転車とともに走って来るではありませんかー
それはまるで、大きな馬が馬車を引いて向かって来る!という感じ!

「どひーっ!」と、オットと思わず驚いた声をあげてしまうと、
自転車の男性飼い主さんは「すんませーん!」と言って下さりつつ、
どっひゃーんとあーっちの方角へ、犬とともに走り去られたのでした。

「す、すごいド迫力やったなぁ!(汗)」とオット。
ハタッと見れば、ちまは、しっかりオットに抱っこされておりました(笑)
”ビビる・ちま”発進☆

その後も夜更けに、しばしば遭遇しています。
ものすごく大きな犬だから、よほど運動量が必要なのでしょうね。
飼い主さんももぅ、自転車使用で走らないと対応出来ないのだろうなー
(交通ルールとして、その行為は可・不可の地域があるようですが)
そして、その犬のことをわが家では『バスヴィカル家の犬』と呼んでいます。

コナン・ドイル著シャーロック・ホームズ作の一作品で、
”魔の犬の伝説”がある大富豪のバスカヴィル家で、当主が死体で発見されて
物語が始ります。
当主の死体の側には巨大な『犬』の足跡があった、という、犬がらみの推理小説です。
オチは、正直ワタシは「へ???」なのですが、
とにかく魔王のごとき巨大生物として出て来る”犬”には、ドキドキです。
で、そのシェパード犬も、十分それに匹敵するド迫力があったので、
名付けて『バスヴィカル家の犬』
ほんとうの名前は、なんというのでしょう(苦笑)



ち 「あっちもなんだかあやしい感じ…(びくびく)」



011_convert_20120702162528.jpg




”ビビる・ちま”は、今日も不意打ちにビビりつつ、参ります☆

7月に入り、梅雨の只中といっても、もう『祇園祭』がやって来ました。
本格的な、京都の夏が、やって来ました。
楽しいような、ゲッソリのような、祇園祭の頃なのです☆



021_convert_20120702163045.jpg ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

ホームズ!!私も読みました。でも結末忘れてしまったので非常に気になっている今夜です(笑)
シェパードではないですが、ドーベルマンさんと警棒みたいなのを持っている飼い主さんとすれ違った時は、ドキドキした記憶がありますねぇ。

ちまちゃんの警戒してドキドキしてるお顔、ホントにドキドキしてる感じが伝わってきますねぇ。そして、安全地帯に逃げ込めた時の強気なお顔も。本当に表情豊かですね。そして、拝顔したことは無いのですが、鼻の下をのばした旦那様も想像してはクスリとします。誰かに頼られるということ、誰かを守るということ、人間には必要なことなんだなぁなんて思ったりしました。

Re: 楽しいコメントをありがとうございます~☆

mari様、

楽しいコメントをありがとうございます~☆

> ホームズ!!私も読みました。でも結末忘れてしまったので非常に気になっている今夜です(笑)
ホホホ♪
気になさって下さい、気になさって下さい~
推理小説って「読んだ読んだ」と思っていても、
数年経つと「えーっと犯人は覚えてるけど、トリックはどうだったっけな…」に
なりがちなワタシです。なので、何度でも楽しく読めるお得体質なのです(苦笑)

犬が絡む推理小説やミステリは、結構ありますよね。
ビビる・ちまには絶対、犯人探しはムリですけれど(笑)

> ちまちゃんの警戒してドキドキしてるお顔、ホントにドキドキしてる感じが伝わってきますねぇ。
 そして、安全地帯に逃げ込めた時の強気なお顔も。本当に表情豊かですね。

そうなのですー
オットにだっこされているときのちまは、ほんとうに『サンクチュアリ』にいる感じで
安心・安堵・平穏・平和の中です(笑い)
「だっこ!だっこ!だっこ!」でホイ来たおいで☆で「あーホッ♪」の、
ちまの表情は、ほんとうに物語をつむいでいます(笑)
くるくるかわるソレを見ることは、いつだって楽しいです~♪

ちなみに、鼻のしたが伸びると、もれなく目じりもついて下ります。
これも、発見です(笑)☆
mari様も、ぜひご主人とのわさんのご様子で、ご発見・ご確認下さいっ♪
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから