ちま、気まぐれだったと言ってくれー!(願望)

2012.04.26 01:29|ちまのこと
あと10日もすれば生後10ヶ月になる、ちま。
ずいぶんオトナになったな~と感慨深く思っていたのに、
ここしばらく、ちまに異変が。。。

ハウス(サークル)の中に、ちまのちートレイを置いているのだけど、
最近うんを、そこでせず外しガチに。
サークルの入り口辺りで、そーっとしてしまいます。
カラダだけサークルの外で運良く?おしりだけ中、ということもあれば、
完全に入り口前で、踏ん張ってやっちゃうときも。

うん体勢に入ったとき、怪しげな場所で踏ん張り始めることを見たら、
「あらららら!ちまちゃん、ウンウンはハウスだよー」と声かけすると、
ちまも「あ、そうだよね、分かってる分かってる…」といった感じで、
しゅるしゅるちートレイに乗っかります。

うーん、どうしちゃったんだろう。。。

始めのうちの何度かの失敗は、トイレシートに
気に食わない濡れ感があったからしにくかったのかなぁとか、
(ちまは足元に水、がかなり苦手。細かくシートは替えてますが)
足に違和感でもあって、うんをしやすいポジショニングが
取りずらかったのかなぁとか、いろいろ妄想しました。
でも、やっぱり明確な答えがみつかりません。
気まぐれ。
それが一番何だかしっくりくる言葉のように思えます。。。

そして、この数日には、ちー。

とある日の深夜。
部屋でひっくり返って爆睡していた、ちまが、むくっと起きて。
てこてこ歩いて、何を思ったか、お座布団の上で、ちー。
これにはオットもワタシも唖然。
わが家に来たばかりの、ド級・赤ちゃんの頃のちまのしつけを思い出し、
騒ぎたいココロをぐっと押さえ、静かにそれを処理。
深夜にお座布団をつまみ洗いで、スコスコ洗って干しました。

「寝惚けていたんやろか…きっとそうやんな!」
オットは動揺しつつ、そう言いました。
ワタシもそれに同意しましたが。。。

ちまのちーの覚えは幼犬の頃から結構早く、
ほとんど失敗がありませんでした。
わが家では完全に『お手洗い天才犬☆』と大評判でした(←オットとワタシだけ:笑)
でも、その深夜のお座布団にちーをしてから、
今日干して乾いたお座布団を部屋に戻したら、また!ちーを!

こういうとき、当たり前といえばそれまでなのだけど、
改めて「ちまって犬なんだなぁ…」と思います。
洗っても水洗い程度なら、ニオヒが残留しているのでしょうね。
お座布団戻したら、途端に嗅いで嗅いで嗅ぎまくって、
自分のニホヒを探しに探していました。
そんなに探さなきゃダメなくらいなら、無かったことにしたらいいのに(苦笑)
なので、今度は洗剤投入で、洗いにかけました。。。二度手間トホホ…

気まぐれ。

ちま。
気まぐれだったと、言ってくれー

加えて、ごはんもあまり食べなくなって。
トッピングにささみとかお野菜を、極々少量、ハナクソ(失礼)程度混ぜ込んで、
ごはんだよ~で、ちま大ご機嫌♪バックバク~だったのですが、
ここへ来て、今さら何が気に食わない?!
単品で少しあげると、うまうま大喜び。
でも、カリカリに混ぜると、なぜか今さらのちま「…。」
どーしたのー?!(涙)

オットになだめられ、説き伏せられ?ちま、しぶしぶ「んもぅ…食べる」という感じ。
ときどきあげるおやつは「それスキ!それ大好き!」で
毎度の熱視線攻撃なので、食欲がないということでは、なく。

気まぐれ…
これも?
気まぐれ???

あ~んちま、どーしちゃったのぉー(涙)
成長過程でのいっときのマボロシ、でありますよーに!(願望)

ちまちゃん、ちーもうんもちゃんとしようよぉ、今さらさぁ…
ごはんだって、ちゃんと食べようよぉ、これも今さらだよぅ…



DSC02880_convert_20120426011050.jpg

ち「ん?」



DSC02881_convert_20120426011132.jpg


ち「え?」



DSC02882_convert_20120426011206.jpg


ち「なにか?」


まだまだ成育過程なのだなぁー
ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

試してる?

ちょっと聞いた話なのですが ワンちゃんは飼い主さんを試す事が あるらしいです。
この位ならいいですか?ここまでなら許してくれますか?なんてね。
賢いからこそ なのかもしれませんが…。
ナミも ついつい許してしまいます 難しいですよね。
だって可愛いんだものね ちまちゃん。

そうそうナミは トッピングを混ぜないで 分けて盛り付けています。

ちまちゃん反抗期かしら?
でも「ん?」なお顔には罪の意識は皆無のご様子
その顔に弱いのよ~
あら ちまちゃんたら確信犯?

あれれ?ちまちゃんどうしたんでしょうね?
気まぐれならまたそのうち治ると思いますが…。
その他可能性としては、ちまちゃんの身体の成長に伴ってトイレのサイズが小さく感じたりすると失敗したり外したりするかもしれませんね。
ちまちゃんって大きさはどのくらいなんでしょう?
うちはキャバプーなので、体格はキャバリア寄りのサイズですから、トイレトレーはワイドサイズにしてます。

ご飯も気まぐれなのか飽きちゃったのか…。でもドライフードをちゃんと食べるなら大丈夫かと思いますが。

不思議そうなちまちゃんのお顔もキュートですね。

Re: お立ち寄りありがとうございました☆

ナミお母さん様、

お立ち寄り下さりありがとうございます☆

> ちょっと聞いた話なのですが ワンちゃんは飼い主さんを試す事が あるらしいです。

そ、そうなんですか!す、すごい…
犬って賢いですよねぇ!
ひとを見ていると思いますし、状況判断もよくすると思います。
なので、そうかーお試しかぁ…有りえそうですね!

となると。
ぬぉぉ!
ちまにナメられないように、毅然とした態度で接せねばっ!
ってコレが一番出来ないことなんですけれども、トホホ。。。
甘やかし過ぎないように、努力してみます(一応)

> そうそうナミは トッピングを混ぜないで 分けて盛り付けています。

あ、こちらも。再度。そうなのですか~
分けてごはんを頂くなんて、すごい☆
ナミさん、本格的なお食事ですね!
ちまもちょっと挑戦してみます☆

いろいろご意見どうもありがとうございます~♪

Re: お立ち寄りありがとうございました☆

さきこっこ様、

お立ち寄り下さってありがとうございます☆

> ちまちゃん反抗期かしら?

反抗期!
やはりそんなこともありましょうか?!
本で読んだり、ワンのいる知人が生後7,8ヶ月の頃、
「全然いうこと聞かなくなって。反抗期かなぁ」とコボしていたので。
イキモノの通る道なのでしょうねぇ、しみじみ。

> でも「ん?」なお顔には罪の意識は皆無のご様子
> その顔に弱いのよ~

まったくおっしゃるとおりでして…(笑)
「にゃろめー」と思っても、ちまの顔を見たら「もぉキャワイイ~☆」で。
叱り付けが過ぎてしまった?!(無言で完全無視行為)と、
思ったときに、ちまを見たら見たで、ものすごく切なく見えますし。
ワレながら困ったものなんです。

押したり引いたりしながら、ちまの成育を健やかにしてあげたいと思います。
願いはそれだけです♪

また宜しければお立ち寄り下さい~☆

Re: お立ち寄りありがとうございました☆

mari様、

お立ち寄り下さりどうもありがとうございます~

ほんと、どうしちゃったんでしょう。
またちゃんとうんもちーも、トレイで済ませています。
洗濯後のお座布団も、ニホヒを少し嗅いだだけで、
今は気にも留めていません。
こればかりは『いぬのきもち』を熟読しても、
分からない謎のような気がしています(苦笑)

> その他可能性としては、ちまちゃんの身体の成長に伴ってトイレのサイズが
 小さく感じたりすると失敗したり外したりするかもしれませんね。
> うちはキャバプーなので、体格はキャバリア寄りのサイズですから、
 トイレトレーはワイドサイズにしてます。

なるほど、そういうこともありましょうね。
「この中にしなきゃ」という感情が、ちまにあったら
ちょっと小さいとプレッシャーかもしれませんよね。
考えてみたいと思います。

> ご飯も気まぐれなのか飽きちゃったのか…。
 でもドライフードをちゃんと食べるなら大丈夫かと思いますが。

はい、また何もなかったかのように、フツウに食べています。
ただ、どうもニンゲンの食事の方が気になるという様子が
強くなりつつあるなーと思います。
今までは自分のごはんごはん~だったのが、
「それなぁに?」がずんずん増している感じで。
ニンゲンのモノを食べさせナイことは、今のところ死守出来ているので、
なんとか保持したいと思いますが、
とにかくちまの興味がムックムクなようでして。
食い意地が張っている飼い主なので、そりゃぁワンにも移るかなぁと(苦笑)

ちゃんと食べてくれるように、様子みながらガンバリマス~♪

アドバイスどうもありがとうございました☆
また今後もどうぞ宜しくお願い致します~
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから