ちまへ新しいおもちゃを贈る☆

2012.03.18 13:41|ちまのこと
ちまが、家中で激しく走り回らずに、少しでも気が紛れるように、と
オットと出かけた先のペットショップで、買いました。

クタクタのソフトな手触りの、ウサギ。
野ウサギっぽい様子です。
何だかハンティングしたあとのコみたいで、どきっとしますが、
顔付きは案外トボけていて、微笑ましいので選んでみました。



DSC02792_convert_20120318131419.jpg



DSC02793_convert_20120318131450.jpg



こちらはアヒル?チキン???
中に笛が仕込まれていて、オットがその「音がオモロ~☆」と選択。
ちょっとだけ割高な品なれど、ゴムの感じがしなやかで丈夫そう。
今日はひとまず、こちらだけ、ちまにプレゼント。

新しモノ好きの、ちま。
面白がって興味津々、せっせとオットに遊びを誘い、楽しそうに初カミカミを満喫。
そして、あっという間にコテンとお昼寝に☆



DSC02794_convert_20120318131527.jpg



054_convert_20120318131656.jpg



ときおり出るちまの「キャン」を怖れて、遊ぶときも”そっとそっと”と。
これが、ちまへの対応が、神経過敏になり過ぎないようにしたいと思いつつ、
なかなか勇気が要ります。
腰をひねらせないように動いて!と思うのは、ニンゲン側だけなので(汗)
撫でても痛がらない今のうちから、何かマッサージとか
したりして筋肉ほぐしたりするのが、いいのかな…?


ところで、唐突ですが。
ワタシのおでこの少し上の方に、小さな傷があります。

うんと幼い頃に作った傷です。

これは良く覚えています。
ワタシの家のソファの上で、仮面ライダーごっこを近所のお友達たちとしていて、
たぁ!と飛んだとき、ソファの角(角々だけがっちりとした木製でした)で
思い切り強打し、結構な深さでぱっくり切ってしまいました。
ものすごく痛くて大泣きをしたところまでで、ワタシの幼い記憶がなく、
そのあとの続きで覚えているのは、病院の待合室の長椅子の上で、
背もたれに大きな鏡があって、おでこにどかーんとドデカい
絆創膏が1枚ぺっ!と張り付いていたことと、
母がワタシを見詰めて泣いていたこと。

傷口以外は損傷がなく、またその傷もおとなになってゆくにつれ、
成長とともに皮膚が伸びて、当初のおでこのど真ん中から、上にずれました。
それでも母は、随分ワタシが大きくなるまで
「危ないなーって思っていたのに、子ども達の遊びを止めなかった。
取り返しのつかないことをしてしまったって、ほんとうに後悔したわ」と言っていました。
その母の思いが、今ワタシは少し分かります。

ちまへの暮らしの後悔が、今後ひとつでも増えないように、気をつけること。



049_convert_20120318131751.jpg


日差しを眩しそうにしている、ちま。
いつまでも一緒にいよう。
離れないでね。 ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから