ちまの身体能力☆

2012.02.11 01:27|ちまのこと
輝く永遠の名作漫画『動物のお医者さん』の中に、
”ハスキー犬は溝に落ちやすい”というようなくだりがあったと思う。

獣医師を目指す主人公、ハムテル君の飼い犬チョビは、
可愛いシベリアンハスキーの♀。
そのコが溝に落ちてハムテル君が「チョビ…おまえもかー」みたいな場面が
あったような記憶があります。
(漫画が実家の書棚に有るので、明確に言えないのですが)

シベリアンハスキーの、ワタシの中の身体能力のイメージは、
俊敏な運動神経の持ち主、というモノではなく、
優しいチカラ持ちというイメージです。

で、わが家のマルプー・ちま☆
ちまは、さてどうかと言いますと。

はっきりいって、ちまは、かなり運動音痴だと思います(笑)

ソファの上で、頭をブンブン振っているうちに、バランスを崩し
ドスッと落下したり(低いソファですからナンとも無いけど)
お散歩中にオットが「ちょっとこっちおいで~」と
リードを持ちながら引いたら、信じられない小さな穴に、ズボリッはまったり。
(穴の中は水が溜まっていたので、ちまの片足はグッショリ…)
公園をトトトト~ンと走りながら、段差を飛び越えようとして、
タイミングが合わず、顔から地面にドシッ。
距離感が、どーうも希薄なようです(苦笑)
そういったことが、ちまの日常の当たり前。



009_convert_20120211010446.jpg



027_convert_20120211010957.jpg



そして、先日オットの希望で買った”フリスビー”
ワタシは購入しながら、クチには出さなかったけど、
「こんなの、運痴ちまにキャッチ出来るワケないよ(苦笑)」と思っていました。

フリスビーなんて、よほどの運動神経と俊敏さと機敏さが重要だと思う。
ましてや飛んでいるものを捕まえるのだから、ちまの不得手な距離感も必要。
ますますもって、ちまにはムリでしょうー

で。
朝から張り切るオット。
「今日は公園で、誰もいーひんかったら、フリスビーやろな♪」とウキウキ。
OKOK、やりましょやりましょ(無理に決まってるけどね:内心)

そして、ハイ、案の定。
「ちま~~~行くよ~~~☆」とフリスビーを投げるオット。
きゃーっ♪と走る、ちま。
だけど、当然のように、ちまは飛んで行くフリスビーを
落ちたところまで追いかけてって「ここにあるー☆」と大ヨコロビなだけ(笑)
またオットがそこまで行って「行くよーちま~~」と投げては、
きゃーっ♪と、走るちま、の繰り返し。
ようするに、ちまはただ走ってるだけという…(苦笑)

おまけに、ちまは、動体視力も反射神経もヨワヨワっぽくて、
オットが投げたソレを「あれれ?どこに行っちゃった?」というような顔付きで、
キョトーンとすることも、しばしば。
こりゃ、ほんとに、全然ムリですね~(笑)♪



018_convert_20120211010418.jpg

(眩しそうな、ちま。日差しが黄色くなって来たな~と思います)


義姉の家のトイプーちゃんは、ものすごい運動能力が高くて、
義父母の家に一緒に来たら、部屋中を飛ぶように駆け回り、
事実、とんでもなく高い位置まで、ビュンビュン跳ねていたずらしていました。
義姉も「すごい跳躍力やから、ちょっと油断したらすぐサークルから脱走ー」とか
言っていましたっけ。

それに引き換え、ちま。
トイプーの血が半分あるとは思えないような、どすこい感。
この安定したボディと、そして運動音痴さ。
これってまさか、マルプーの半分のマルチーズの気配なんですかね?
(↑悪口ではないです~:笑☆)
実家で一緒に永く暮らした、マルチーズも、何となく運動に俊敏さは希薄だった記憶が…

ま…ちまの運動音痴に関しては、もう少し観察して行きたいと思ってます(苦笑)



010_convert_20120211010611.jpg




026_convert_20120211010648.jpg


春が近くなっていると思います。
凍るほど冷えた空気の中、空の青さが鮮やかになって来た感じがします☆ ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから