ちまの成長に、あれこれ思案…

2012.01.02 09:32|ちまのこと
今年のお正月は、穏やかなお天気と温かな気温の京都で。

買ったばかりのベストも、うっかりちまに着させることも忘れ、
飼い主たちのおやつ買出しに、ちまも連れて出かけます。
思わぬお散歩アゲインな幸福が降って来たね、ちま♪てなもんでしょう。

自宅から5分ほど歩いたところに、そこそこ規模の大きさの公園があります。
お正月だからということではなく、そこはいつだって、誰ぁれも誰もいません。
ほんとにとーきどき、少年がキャッチボールをしてるくらいなだけ。
その大きなグラウンドに、古びたサッカボールが、ポツリ。
ちまが目ざとく見つけて、駆けてゆこうとしました。
ら☆
あーっちの方から、わんこ1匹が、どどどどどーっ。
「おはようございま~す」と爽やかにお声かけ下さった、飼い主さん女性と
フレンチ・ブルドックの♀、とっても元気で可愛らしい~っ♪

ちまは毎度のフレンドリーさ大爆発!で、猛突進。
フレンチ・ブルちゃんは、それにタジタジしながらも、すごい!耐えてくれまして。
ちまは仲良くして貰える感じとヨロコビ興奮で、もぅドッタバタ。
ひっくり返るわ、手をわしわしするわで、そのフレブルちゃんのお顔に、バッシバシ。
コラコラコラコラーッ!(汗)ちまダメーっ!と注意すると「大丈夫大丈夫♪
もし本気で嫌ならうちの子、ガーッて怒りますから(笑)
だから平気平気~全然大丈夫」と。
フレブルちゃんにも優しく「お尻を嗅いであげてや♪ちまちゃんやで~
ちまちゃんのニオイ、覚えてあげて~」と紹介して下さり、
始終ちまにも飼い主にもお優しい(感激)☆

飼い主の方は、とっても朗らかな方で、
初めてお目にかかりましたけれど、ご挨拶のあと、
いろいろ犬・先輩としてアドバイスやら体験談やらを聞かせて下さいました。

ワタシが今、一番気にしていること。
それはちまの避妊手術のこと。

オットは「自然に任せたい」と言います。
ワタシもそれには同意です。
ただ。
やはり出産を考えていないので、様々な病を考えると
手術をした方が、ちまの都合も安寧かも…と。
悩ましいです。。。

そのフレブルちゃんは施術済みでした。
「ウチもすっごく悩みましたよぉ。結局1歳半で手術しました。(現在2歳)
正直、もっと早くにしてやっていた方が、この子にもラクだったのかなぁって思いましたねぇ。
でも、お医者さんにも、手術に関して意見はいろいろありますよね」と。
たしかにおっしゃるとおりだと思います。
事実ワタシの周りで犬を飼う人々でも、意見や考え方はまちまち。
ちなみにワタシの実家で暮らした犬たちは、2匹とも未手術でも、
婦人科系統の病気ナシで、天寿をまっとうしました。

先日ちまの耳カイカイで、動物病院へ行ったときのことです。

待合室で隣り合わせになった、シーズーとマルチーズのミックス♀10歳。
「今日午後一番で、子宮摘出手術なんですねん」と飼い主さん。
するとその方の向こうに居られた猫連れの女性も、話に加わって来られ、
「ウチの犬も8歳で施術しましたわ。汚れ物もあるし、
急に様子がぐったりして。すぐ病気やて、分かりましたでしょ?」と。
「でも、施術したらいっぺんに良くなりますよ☆けろっと大丈夫にならはりますよ!」と
勇気付けられる言葉を言われ、ミックスちゃんの飼い主さんも感激されていました。

でも、どちらの飼い主さんも「もっとほんまは仔犬のときに手術しといた方が
良かったーゆうひともいはるわねぇ。まぁひとそれぞれ考えもありますしねぇ」と言われていました。
デリケートな問題なのだなぁとひしひし、思いました。

義姉のうちのトイプードル♀は、仔犬を産ませたいと努力しているそうだけど、
なかなかうまく懐妊できずはや5歳。
まだ手術は考えないそうです。

フレブルちゃんの飼い主さんが「この近くに△△という動物病院がありますでしょう?
ご存知?そこ、ものすごえぇ評判ですよ~お近くなんて羨ましいわぁ。
そやし先生とよく話してみはったらええわぁ。
とにかくちまちゃんに一番ええようにならはったらいいね」と言って下さいました。
(へぇーあの素っ気無い先生、有名なんだなぁー!)
先生からは、避妊手術のことについては何もご指導頂いていないので、
お考えをいろいろお聞きしてみたいと思います。

ちまの小さな体に(ちまでも一応、小さいと言おう)メスを入れて、入院。
前日絶食から始るみたいだし、その後の術後の経過も不安がいっぱい…
とてもとても怖い。
とにかくとても悩ましいです。。。

フレンチ・ブルちゃんは、お住まいがわが家のあたりからは少し遠くて、
今回会えたのはまったくの偶然でした。
ほど近いところにあるお寺に、ご親族でお墓参りに来られたそうで。
で、車で来たわんちゃんの気晴らしにと、公園へ立ち寄られたと。
うーん、残念ー
せっかくちまもお友達に受け入れて貰えて、
しかも何より飼い主さんが、温かい~
またいつの日かお目にかかれますように☆
どうもいろいろご親切に、お話をお聞かせ下さって、ありがとうございました。
感謝しています、とここに書かずにおられません。

ところで、最後に。
この素晴らしい飼い主さんとフレ・ブルちゃんとのお出会いのときに、
カメラマンであるオットはどこに???と言いますと。

元日の寝起きで、ぼっへ~とした顔と頭で、しかも何より寝巻きのグダグダ・スウェット。
コートだけやっとこはおって出て来ているので、
その方とワタシが話し始めたとき、たまたまうーーーんと遠くで
カメラを手に、ちまナイスショットを狙っていたので、会話には不参加。
すンごーい遠くのベンチに座り、オットはまったく通りすがりのヒト化(苦笑)
あとから聞くと「ボクかって話に加わりたかったなぁ…
ちまと仲良くしてくれていそうな雰囲気は、遠めにもメチャ分かってたから
写真も撮らせて貰いたかったし。
でも、でも、こんな格好じゃいくらナンでも恥ずかしかってん…」と。
トホホ。。。
とっても素敵な記念写真になったのにぃー(ブゥブゥー)

とにかくちま、良かったね☆
とっても楽しいひとときを貰ったね~
フレンチ・ブルちゃんも、仔犬のすることと耐えてくれていた姿が愛おしかった…♪
また会えたときには、どうぞ宜しくお願いします!

ちまの成長過程。
いろいろ悩みつつ、いろいろ考えて行きたいと思います。



036_convert_20120102090405.jpg


走る走るちま。



042_convert_20120102084755.jpg


てか、飛んでます、ちま☆



037_convert_20120102090305.jpg



048_convert_20120102090629.jpg


(フンガー!)



050_convert_20120102090703.jpg


100m走のフィニッシュで、体をひねって
必至にゴールをする選手みたい、な顔
なんでそんなに、しゃかりきなんだ(笑)



051_convert_20120102090729.jpg



058_convert_20120102090530.jpg


ちま、ちま、ちまちゃん。
「なに?」という顔です。
楽しいかい?

青春の過程はいろいろあるんだよ、ちま。
一緒に乗り切ろうなぁー ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから