クモのジェームス君☆

2011.10.29 02:38|日記
ちまのすぐ横で飛び跳ねている”クモ”を見つけ、
オットは「可哀想やから逃してやるわ~」とクモを手でつまんで、外へ。
オットは少年時代「昆虫博士だった」と豪語するくらいの、昆虫好き。

今でも、セミの鳴き声だけで種類を言うし、
ちょうちょうがひらり飛んで来ても、個体名を呼ぶ。
神社仏閣などに散策へ行っても、
軒下に視線をやっては「アリ地獄が有る~♪」と、しばし眺めるようなおじさんです。

誕生日プレゼントにも、何が欲しい?と問うと、
ときどき「タガメ♪」だとか「オオクワガタ♪」だとか言うので、
そんな台詞は虫ならぬ、無視。
あんなモノ、世の中のイキモノの中でも最大に嫌いな、
黒くて光る、台所なんかに出現する、口に出すのもおぞましいヤツにそっくりじゃん!
しかもカゴに入れて飼うと、夜行性だからゴソゴソゴソソいうんだよ?!
なんと気持ちの悪いことでしょう!
ワタシは、虫は全体的に、苦手です…

で、クモ。
「クモは害虫を食べてくれる益虫やで」と散々言うので、
ワタシもそれに感化されて来ていて(夫婦ってすごいなぁ)
今ではクモを見ると「頑張って益虫として働いてね♪」と心の中でつぶやいている(笑)

ワタシの知人で、クモが生きている人生の中で「最大級に大キライ!」と言うヒトが居る。
小さかろうが大きかろうが、とにかく世の”クモ”が、死ぬほど嫌いなのだそうで。
でも面白いことに「クモってね、足の形がこんなこんなで、
動くときはあんなあんなで、身体の上部にはそんなそんながね!」などと、
ものすごくクモについて詳細を語る。
「大キライなのに詳しいねぇ?!」とワタシが茶化すと、
「大キライだからこそ、死ぬほど大キライだからこそ!
敵のことは知っておかないと、対処出来ないから!嫌々でも観察しちゃうんだよ!」と泣いていた。
う~んアンビバレンツゥ~(笑)

そういえば、ワタシの実家母は、世界で上位何番目かにランクインするだろうな~と
思わせるくらいに、ヘビが苦手。
ちょっとした草むらや、小さな野っ原でも、
くちに出すのは絶対に「”長いの”が居るかもしれないっ!(←名称を口にするのすらイヤだそう)」
などと、しょっちゅうしょっちゅう言う。
それって逆に、夢中にトリコなのでは…(苦笑)

ところで、今のわが家には、オットがクモを逃しても逃しても、
最近居間に、1匹クモが居る。
極小ではないけれど、シマシマ模様っぽい小さなクモ。
何度も見かけるので、ワタシは何気なく頭に浮かんだ名前が『ジェームス』

ジェームスは、ちまの横をホイッと飛び上がったり、
そそそそそそっと走ったりしている。
ちまにいつか気付かれて、パクっ!とかにならないといいなーと心配したり、
また単純に、この部屋に居て死んでしまわないといいなーとか思っている。

ワタシは結構イキモノ好きなニンゲンで、オットもそこそこ。
ちまがわが家に来て以来、いっそう、小さなクモみたいなイキモノにも、愛を思うようになったなぁ(苦笑)
なんてオットに言ったら、オットはもとより虫好きなので、渇を入れられます。
「”ボ~クらはみんな~生~きている~
 手~のひらを太陽に~透かしてみれば~ま~赤に流れる~ボクのちしお~”の続きは、
ミミズだーってオケラだーってアメンボだーってー
みんなみんな生きているんだともだちなんだー、やでーっ☆」
・・・はいはい、分かった分かりました。。。

ジェームス、長生きしておくれ♪

ちまの最近のお気に入り、プーピー音のするおもちゃ。
オットは「カバ」と言いますが、
よく見ると白いツノを持っているので、たぶん”サイ”
虫でなければ、オットの能力はこんなモノ(笑)

ちまに飽きられて、ぽつねんとなっているの図。
のんきな午後(笑)



DSC02315_convert_20111029022840.jpg


ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから