ぼちぼち秋本番な京都便り☆

2011.10.19 01:58|日記
土日にヤボ用で出かけるときに、電車に乗ったり、バスを乗り継いだりすると、
はいはいやって来ました、京都観光・混雑シーズン(苦笑)
道行く車もどしどし増えます。
京都は東山の蹴上を抜け、山科に行き帰りする友達Hさんも、
「ぼちぼちキテますよぉー(苦)」とボヤキ始めていたから、きっと、そう。
蹴上の辺りは、平安神宮から南禅寺、永観堂やら
何かと春秋のは話題の神社仏閣の銀座エリア(笑)
だからその周辺の道路の混みっぷりたるや…思い出すだけでじっとり汗ばみます。

もうじき、京都は鞍馬の火祭り。
奇祭と呼ばれているお祭りだけど、とんちんかんさは、これがゼロ。
恋人時代に、オットとお手手繋いで一度見学に行ったけど、
荘厳な気配でありつつ、京都のお祭りにしては勇壮だなぁと感服。

ただひとつだけ。
奇祭と言われることの”感じ”を受けたことは、
火祭りで松明を持って走る動かす?男性衆が、
みなさん、老いも若きも(だったと思う)おんな物の着物を身にまとっていたこと。
ふんどし一丁姿に、だらり、女物の艶やかな着物を、ふわり1枚。
帯も何もナシで、はおるだけ。
そんな姿で走り回る男衆が、結構ドキッとさせる妖艶さがあった印象があります。
雄大で雄雄しい祭りとふんどしに、朱色や紅色の女着物。
理由は何かあるのでしょうなぁ~とぽわわわ~ん(←曖昧でも平気)

ちなみに、その強烈な記憶と共にあるのは、やっぱり大混雑ってこと。
一度母がお友達たちと「鞍馬の火祭り行ってくる~♪」と楽しげに出かけ、
今頃ママ楽しんでるかなぁ~なんて留守番時、のんびりお茶なぞすすりながら
父と姉と犬とで話していたら(若かりし遠い昔の学生時代の頃)
「入山制限されてて入れなかった…(ガッカリ)」と母即、帰宅の巻き。
鞍馬に繋がる電車の駅で、程好い夕暮れになったら、締め切るようでした。
知らなかったなぁー!と驚いたのも、経験のひとつ。

オットと行ったときに、その思い出をまざまざと実感。
早めに鞍馬入りしたものの、あたり一面もぉー凄まじいヒト・人・ひと!
しかも、どんどん人込みが増すので、一度良さそうな場所を確保したら
(といっても立ち見ですけども)離れたら一巻の終わりで(苦笑)
二度と観覧としてナイスな場所には戻れません。
おまけに、めっっっちゃくちゃに、寒かったっ!
さすが『山』って感じがしたことも、忘れません。
下山した途端、オットと「どこでもいいからお店入って
温かいコーヒー飲もう!(ガタガタガタ)」でしたから。

これから、本格的な紅葉シーズン到来な京都。
寒いけど、冷えるけど、やはり、自転車が一番☆って毎年思うのも、今なのでした~
ちまの散歩をもっと慣らして、一緒にどこか遠出したいな~♪



DSC02278_convert_20111019014335.jpg


オットの膝の上で、鼻の穴おっぴろげてこっちを見ている、ちま。
ちーが上手に出来たね~のご褒美に、ドッグフードを一粒握るワタシを見てます。
耳がカイカイなので、まだ怖くてトリミングに行けず、
ワタシが恐る恐るチビチビハサミで、つまめた箇所をカットしたので、
もう情けナイ具合で、しょぼ化のちま。
カワイイ顔が(←バカ)へっぽこに見えてごめんよー(汗)

 ※ブログ村のカテゴリで”MIX小型犬”から離脱することにしました。
  『ひねもす手帖 京都のすみっこから』なので、
  カテゴライズを分散させなくても、いっかーと改めて思い直しましたもので。
  犬の欄で読んで下さった皆様、どうもどうもありがとうございました☆



DSC02227_convert_20111019015551.jpg


(ナンか悪いことしちゃろかー☆な顔の、ちま。
これで生後3ヶ月少々の落ち着きっぷり。行く先コワイッ…)




ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

Re: タイトルなし

コメントをありがとうございます。

ワタシも常々自転車道の設置、希望です。
あと、自転車乗車側も、ライト点灯の義務徹底をもっと!と。
自転車も歩行者もマナーを♪ですよね~

またお気が向かれましたら、お立ち寄り下さい☆
ありがとうございました。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから