FC2ブログ

ちま、あぁ髪の毛誤食(涙)

2018.10.25 15:04|ちまのこと
まったく。

ワタシは、ちまの、ことを
分かっているつもりなだけで、
本当には分かっていないのかもしれません。

お風呂場の排水溝掃除で取り、
小さくまとめていたゴミ、”髪の毛”を、
ちまってば、あぁ…ムシャッごっくん!
一部、飲み込み食べちゃいました。。。(涙)
あぁぁぁあぁああぁァ……ため息。。。+涙。。。


ワタクシ、ひとりでてこてこと、
お風呂のお湯を張るため、お風呂場へ行きまして。
目に付いた、少し溜まっていた排水溝の髪の毛ゴミを取り、
「あとで捨てよう」と、
ホイッとお風呂場のドア下に置きました。

湯船はオットが掃除をしてくれていたので、
ただただ栓を入れてガス給湯器のスイッチ・ONしただけ。
その、ただただその一瞬の間に、
ちま、髪ゴミをくわえて、逃走していたのです。


ふだん、ちまは、
お風呂のある、洗面所および脱衣所エリアには、
ほぼ来ません。
来ても、ちまの、興味を引くものは何も無いので、
ふんと鼻息ひとつして、しゅる~っとまたすぐ、
本当に、もうすぐ、
居間の方へ戻っていきます。

なので、油断していました。

まさか、髪の毛ゴミをくちに入れるとは。。。


オットが居間の方から
「ちまが、何かくちに入れて走ってるで!」と
大きな声でワタシを呼んだので、気付きました。

ダメ!

と、大慌てで、ちまを見たら、
時すでに遅し。
ムシャ、ごっくん!

口にくわえて逃走している間に、半分くらいにゴミの髪がほぐれて、
それは床に落ちていました。
けど、半分くらいは飲み込んじゃいました。

ちまは、おもちゃで遊んでいるつもりだったのかもしれません。
もしや、食べ物と思った?!
それはどうかとも思いますが、
正直、ヒト科のワタシには、正しい答えは分かりません。

ちまのことは、何でも理解していると考えていましたが、
こういう<誤飲>や<誤食><拾い食い>等が有ると、
「あぁやっぱり、ちまは、犬族なんだなぁ…」
様々な意味を込めて、つくづく思い知らされます。


実家で長く一緒に暮らした、ルゥちゃん
何度か書いていますが、
ルゥちゃんは、犬族にしては、
ちょっと異質な子だったのかもしれません。
ルゥは拾い食い一切皆無。きっぱり断言。

布おもちゃの糸や切れ端、木の玩具の木っ端、など、
まったく食べませんでした。

例えばそれに、
誰かが使ったあとのティッシュ。
ちまは、それがまるで大好物かのように、
目に付く所にあると、とにかく口にくわえて逃走。
ヤギさんかヒツジちゃんかと思うくらい、好きで、
遊びながら食べちゃいます。
もちろん、食べないように阻止していますが。
それでも、ついうっかり、
おくちを一拭きしたティッシュを、
テーブルに置こうものなら、
宝を狙う盗賊よろしく、ギンギンの目で、ちま、
隙が無いか、見ていて、危ないのです。

実家両親や姉は、すごく不思議がります。
「犬なのに、紙食べたがるの?」
そしてこう必ず言うのでした。
「ルゥちゃんでは、とても考えられなかったから、
ちょっとソレ、分かんないね」


ルゥちゃんは、とてもとても賢い子でした。
違うな。
超絶・神経質だったんだろうと思います。

ごはんは、パピちゃんの頃からサヨナラのときまで、
ずっと母の手作りごはんでした。
ルゥちゃんは、ドッグフードが大の苦手で、
たぶん、1度もまともに食べたことは無かったと思います。
おやつも、そう。
当時はまだ今ほど、犬猫専用自然おやつ、など有りませんでした。
ましてやネット通販等も無く、
ペットショップで大量生産の添加物おやつばかり。
ドッグフード類を一切嫌う、ルゥちゃんが、
そういうおやつを好むことも、やはり、無く。
ぽっちゃり体形にはなりましたが(苦笑)
ヒトと同じ、果物やお芋、薄味ビスケット等を食べていました。
今では時代が変わり、きちんと健康のことをかんがみて、
犬族専用食がよし、となっていますが。
でも、それでも、ルゥちゃんは、
ワクチン接種以外、病院のお世話にはほぼ一切なりませんでした。
本当に、これ真実。
サヨナラの手前で、
自宅で朝、倒れたとき、緊急で獣医師に
診察で飛んで来て貰ったこと、それのみが、ワクチン以外の
獣医師との関りだけです。

ルゥちゃんは、母の分身でした。
ふたりでひとつでした。
母は、本当に舐め回すように、ルゥちゃんを愛し、
ルゥちゃんを慈しみ、大事に大事に大事にしまくっていました。
ヒトの食べるものしか口にしなかったルゥちゃん。
それでは長生き出来ませんよと、
獣医師に注意されたこともありましたが、
14歳と半分、ずっと生涯ごきげんで暮らしてくれました。


そして、ルゥちゃんの凄かったところは、
自分のごはんの器からであっても、
床に落ちてしまったごはんは、くちにしなかったことです。
「落ちたらゴミだもの」
そんな感じで、無視。
部屋の中ですら、拾って食べることは有りませんでした。

それから。
食べるものは、家族の手からでしか、食べませんでした。
ご近所の方や、お散歩先で犬族とご一緒の方々等から、
おやつどうぞ☆と差し出されても、
ルゥちゃん 「いりません」
犬族おやつ、であることも一因でしたけれど、
それでも、家族が有りがたく頂戴し、
食べてみるかい?とあげると 「うん♪」

家族で、ルゥちゃんのことは”高貴なお姫さま”と呼んでいました(笑)

それと比べると(比べるのは良くないけれどもけれども!)
ちまってばぁ…

外猫族のウンP等有れば「ぱくっ」 ゼロでは有りません。
部屋の中にもしも隙有るティッシュがあれば「ムシャ」
お台所でワタシ製作中の、食片でも落とそうものなら、
トンビがさあーっと飛んで来るように、
ダーッシュで駆けてきて「パクパクッ」
ぬいぐるみの中綿も、はみ出て来たら「ゴックン」
そして、今回のように、完全なる髪ゴミでも、
一部「ワシャッごっくん」。。。

ちまは、やはり犬なのね。。。。。。いえ当然なんですけど…
ヒトならある程度の年齢になれば、
そういうの、くちにしないけど、
犬族は何歳になっても、そういう危険はあるのですよね。。。



0927uso (1)



小林聡美さんの著書『散歩』を読んだら、
石田ゆり子さんとの対談が有りまして。
お二方とも犬(と猫も)お暮しでして。
で。
そのお二人のお宅の犬族の誤食っぷりが、
あまりにも壮絶!で、ホンットに驚愕しました!
大型犬ですけれども、ものすごい胃腸丈夫!!!

袋ごと全部チョコレートを食べた。
電化製品のあらゆるコード。
携帯電話まるごと1個(!!)
ヒト用最中形態のお吸い物1箱分。
ボックスティッシュ丸ごと1箱(!!)


もう何でも食べる”猛獣”と言われていて。
どちらも、病院に駆け込んだりご苦労なさっておられました…(同情涙)

ヒトがどれだけ、どれほども、注意し、
危険を避けようと努力しても、
犬族はその隙間をかいくぐって、何かをしでかします。
永遠に終わらないいたちごっこなのですね、きっと…(遠い目…)


今朝のうんの中には、まだ髪の毛は
混ざっていませんでした。
ここ数日中のうちに、混じって出て来ることを願っています。
ちまの、すこやかをいつも第一に思っていて、コレ。
はぁ。。。(涙)


皆様も、どうぞ”ちょいと”や”うっかり”に、お気を付けを。
バカな家族はワタシだけで。
悪の例としてご記憶下さいませ。


なんか、笑顔がニクい。。。(失笑)



0927uso (2)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

チマちゃん美味しいものだけ食べようね。えっ髪の毛美味しかったって?そんなことないよね。父さん、母さんとっても心配したんだよ。いつもはチマちゃんお利口さんじゃんよ。もう食べないでね。サン

Re: お気遣い有難うございます(感涙)

サン様、


うっ…☆
お優しいお言葉…☆
お気遣いいただきありがとうございます(感涙)
地味ィィィにちまが、食べちゃったゴミ髪の毛、
ウンに混ざって排出されているように思います。
(びろうですみません:汗)
本人はな~んとも思わず、しれ~っと暮らしています。
ニクイやつです(苦笑)

いつも、ちまのことを、気にかけて下さり、
本当に感謝しています。
有難うございます!☆
非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから