若者観察・考☆

2011.06.23 02:01|日記
ひとり用の狭ーい細ーいエレベータに乗っていたときのこと。

平日の昼間ののんきな時間ドキ。
だけども、なんだか制服姿の学生がちらほら。
テスト期間中とかなのかしら?などと思いながら、
ぽーっとエレベータに乗りました。

すると、駅のホームからお友達たちが呼んでいたようで、
ドヤドヤドヤドヤーッとワタシの後方から、女子高生の軍団が駆け上がってきた。
一人用サイズの横幅エレベータなので、ドスドスドスッ!と
通り過ぎるとき、人数分だけドデカかばんがワタシに当る。
よけていたって狭いんだもの、そりゃーもう見事に当る。
でも、そのときに一言「すみませんー」と言いながら駆け上がる子と、
まっっったくお構いなしにボンボン当ったまんまで走り去る子の違いって。
みんな同じ学校に通っていて、同じ年齢で、その差って一体???
なんだか、とても摩訶不思議な気持ちになりました。




001_convert_20110623015405.jpg



その日、ちょっとしたきっかけから知り合いになった、
うーんーと若い女の子とちょっとお茶をしまして。
”年下”なんてモンじゃない、もはやワタシの娘だと言っても
まぁ通ってしまいそうなほど、年下のTさん。
ぱっつんぱっつんに肌の張ったほっぺたは、いつだって笑顔で可愛い☆
若いのに、ちゃんと自分の意見も有るし、オババの話も(苦笑)ちゃんと聞く。
若いのに、ちゃんと敬語も使えているし、オババの話しも(苦笑)ちゃんと笑う。

でも。
でも。
でも。

しょっちゅう、話題の素材について「それはね:以下説明」
「あのねそういうのはね:以下説明」と、とにかく頻繁に”説明”を入れなくてはなりませんで。
例えて言うなら『豆腐』を知らない外国の人に、お豆腐とは何か、と説明するような(苦笑)
「あのね、大豆のお豆を茹でてねー潰してねーで”にがり”っていうね、液体をね、
あぁその”にがり”っていうのはね…」と、延々ひとつの素材から全部説明要するみたいな。
だけどそりゃそうですよね、ワタシの姪たちの方が断然、年齢近いんだもんなぁー

彼女とのおしゃべり時間は、なかなか愉快なモノだったけれど、でも
そういう感情よりも、しみじみと「すんごーいこのジェネレーション・ギャップゥ~(苦笑)」と
思っていましたことを、ここに心情、吐露。
ワタシには子どもがいないので、自分自身の老け行く感を実感することは
あまりまだナイのだけれど(←粘った言い方)その日は一気に
もはや時空を超越し”おばあさんが次世代の子どもを見守る気持ち”を実感。

ひとにボスボスぶち当っていたら、一言「すみませんー」と
言える若者と、オババの話しもちゃんと聞く若者が、
次のニッポンを担ってくれることを、願いました。
そして、何より、早くオットに会って「あ~腰が痛いよねー」とか言い合いながら、
お風呂上りにバンテリン塗りっこしたいーと思いました、その夕べなのでした(笑)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから