さよなら立誠小学校・の巻き☆

2017.10.10 02:03|日記
オットも縁あり、参加させて頂いた
『ありがとう 立誠小学校』 イベント☆


立誠小学校という、京都市内のド真ん中にある、
元・小学校跡地で、3日間。
在京の音楽関係のお店や古書店。
カフェや雑貨店などなどをはじめ、
東京や大阪などからも多数店舗出店がある、
かなり大規模企画。
ミュージシャン達の無料ライブもあったり、
映画上映も有り。

そちらへ遊びにゆくワタクシ。

すンごい晴天の京都。
夏日バリバリでした。
あっつーう!(汗滝)

と。
京都市役所前にて。
自転車を降りて歩き始めたら、
ちょっとした人だかりが。

なあになになに???と見ますとー



DSC1009 (1)



ぬおおぉおお!!!
大人気コミックス『ワンピース』の看板!
よく見たらこれがまた、ドでかサイズの”手配書”
京都市とワンピース著者先生との
大掛かりコラボ!でした。
京都市役所が、なんと<海軍京都支部>になっていましたあ(笑)☆

京都市役所内にて、麦わら一団の”手配書”を配っていて、
市内に潜伏している一味を探し出せ!というモノ。
いや~楽し!☆

たくさんの人が、記念写真撮っていました。
ワタシも、サンジさんの手配書と写りたかったー(笑)



DSC1009 (2)



気を取り直しまして(笑)
両親と待ち合わせ、立誠小学校へ到着☆

入り口からすでに、大賑わい!
楽しそう~♪



DSC1009 (3)



こちらの小学校は、昭和3年建築だそうです(確か)

自分達が通った校舎に思いを馳せて来た、わが両親。
ひとめ外観を見るなり、
「わーっすごい!立派ぁ!」と、感嘆至極。

父母が通っていた小学校は、
完全なる木造建築で、平屋。
「やっぱり京都は華やかだわねえ~
ママの育った田舎とは、
ぜんぜん違うわぁ~」と、えらく感服していました母。
もちろん、父も「同感」

「何もかも、モダン~」 父・談。

ちなみにワタシと姉は、東京生まれですけど~(笑)



DSC1009 (6)



このイベントは、校舎内のお教室を、
いろんな店舗へ割り振って使用。

1階のこちらは元、何のお教室だったのでしょう。
立派な据付書棚がありました。

カフェになっていたので、到着するやいなや父。
「お茶しよう~♪」
校舎やイベント鑑賞より、
断然優勢なコーヒーなのでした(笑)



DSC1009 (4)



暑い中でも、中庭から心地良い風が通り抜けます。

注文したコーヒー達を待つ、わが両親。
ごきげんです(笑)☆



DSC1009 (5)



校舎内は、はしばしがボロボロ(苦笑)
老朽化はものすごいです。
でも。
古い建築物なだけあって、
随所に個性的な造形があります。



DSC1009 (8)



大勢のお客さん達が、偶然いない瞬間に、パチリ☆

階段は中央部分が磨り減っていました。
高さも現代より、断然低い。
手すりは木製。
大勢の生徒や先生方が、触れに触れて来たのでしょう。
まろやかに、角が削り取られていました。
ぬくもり、満載の、階段たち。



DSC1009 (9)



「校舎内の内線専用の電話だったろうなあ」と、父。
受話器を引っ掛けるフックはあるものの、
ぐるぐる回して外線と繋がるような、部位がないそうでした。

レトロっていうだけで、ほんと、可愛い。
ワタシの子どもの頃には、
当たり前だった”黒電話”を、ちょっと思い出しました。
 


DSC1009 (7)



各お教室を開放してーの、のお店は、
どこも大盛況。
人の少ない隙間を狙って、見物しました☆



DSC1009 (10)



DSC1009 (11)



DSC1009 (12)



こちらの奥は、旧講堂?
音楽イベント使用にされていました。

さよなら、の雰囲気いっぱい。
バルーンなどが華やかでした。



DSC1009 (14)



校舎内にある中庭から、空を眺む・の図。

とにかく京都はここ数日、夏日続きでアッツアツ。
夏を思い出させる青空つき。

何十年も前の小学生たちや、
先生方も、見上げたでありましょう場所から、
2017年の今日の、天空。

「コンクリートでの校舎とはなあ。
ほんと、モダンだなあ」と、父、再三感服していました。
丸坊主頭に、半ズボンの、
少年だったころの、父のことを、
おかっぱ頭で、吊りスカートをはいている、
少女だったころの、母のことを、
ふと想像したりしてみた、ワタシでした。


楽しかった☆と、
両親が言ってくれて、良かったです。
ワタシも、久しぶりに
のんびりおしゃべりする事ができて良かった。
さよならしてしまう立誠小学校とともに、
思い出に残る1日になりました☆



DSC1009 (13)



父母とじゃあまたね~☆としたあと、
ワタシも帰宅の途。
(※こういうとき、
  いつまでたっても、ほんのちょっと、寂しい。
  両親と一緒の家に帰りたいな…
  そう、思うワタシが、いつまでも、います:くすん)

京都市内の真ん中を走る、
寺町通りを歩いて、
自転車の待つ方向へ。

すんごい人でです(汗)
ふだん滅多に街中のこういう通りを
歩かないので、人の多さにフラフラです(苦笑)



DSC1009 (15)



御池通り近くまで行きますと、
数々の古書店が立ち並ぶエリアがあります。

その中でも際立った存在感の、お店がこちら。
いつだったかテレビで、
京都で最古の古書店だと、説明していました。
確か、創業300年近く。
ふつーうに、古書店としてしれっと存在している京都。
いやはや本当に、歴史と共にある街です。



DSC1009 (16)



通り道にある、自然食品を少し扱うお店に立ち寄り、
黒ゴマやお素麺や、酵母パンなどを購入。

お店の入り口には、切り花販売。
きれいだったので、パチリ☆
今日という日の、記念に添えて、花。

ありがとう立誠小学校、というイベント。
堪能させて頂きました☆



DSC1009 (17)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

寂しいねすっごく何かに使えないのかなーーなんて貧乏根性が出てしまうよ。

Re: お立ち寄り下さり有難うございます☆

サン様、

お立ち寄り下さり有難うございます☆

立誠小学校跡地は、今後ホテルになるそうです。
もっとも京都市内のド真ん中にあるホテルのひとつに
なると思います。
すんごい利用客が見込めるホテルになるのでは!
でも、京都市内の小学校は、
卒業生の方々と小学校との関わり方が、
全国的にもたいへん珍しい、
ちょっと特別な存在方法をしているそうなので
(ワタシはさっぱり知らないのですが)
学校をさっさと潰して転売をしてーなどというふうには
ならないらしく。
素晴らしい校舎と歴史を持ったままの、
素敵なリノベーションになるといいなあ、と
ワタシも勝手に願っています☆

サン様ご一家、京都にお越しなどの際に、
ご宿泊、如何ですか?☆(笑)
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから