ちま、おとんま嬢ちゃん☆

2017.07.28 00:48|ちまのこと
ワタシの母は、かなり立派な<おとんま>さんです。

昔、英国人の友人が京都へ遊びに来たとき、
実家に招き、くつろいで貰いました。

友人のうちのひとりが、
それはそれはそれは、夢のように美しい青い目をしていまして。
単純に青いと言ってしまうだけでは、済ませたくない、
とにかく、深遠な宇宙ように美しい青色をしているのです。

母はそんな瞳の色を、人生で初めて
間近で出会ったのです。
母は、心底感動をしているといいますか。
その瞳の色の美しさにうっとりしていました。
「ちょっとママ!
そんな、ジロジロ○○ちゃんの
瞳ばかり見ない!失礼でしょう!(汗)」
そうワタシが注意すると、母はこう言ったのでした。

「本当に美しい瞳。
とっても美しいあおいろ。
○○ちゃんは、
この世の中が、美しいその青い色に見えているのね。
ほんとにそれって素敵」


英国人の○○ちゃんは、
のちのちにもこのエピソードを覚えていて、
「ルゥちゃんのママは、
ほんとにチャーミングなユーモアのあるママよね☆」
そう大いに褒めて微笑んでくれるのですが、
ワタシは知っています。
ええ。
知っているのです。
チャーム溢れるユーモアでも、何でもない。
ワタシの母は、本気でそう思っていたということを。

そういう<おとんま>な人なのです。
周囲では「げっ、マジか!」と思うことばかりなのでした。


そんなわが母に匹敵する?!と感じた
若い女の子が勤め先にいます。
ということに、最近気付きました。
うすうす、母と同じ香りがする、とは思ってはいましたが(笑)

一緒に街を歩いているとき、
目の前を、とてもきれいな青い色(これも青!)をした、
髪の毛の女性がいました。
肩くらいまで長さの髪の毛を、小さな三つ編みにしていました。
その毛の色が、青色。
エメラルドグリーンと紺色を混ぜたような、青。
「きれいね~」とワタシが、一緒にいたその知人女子に言うと、
その女子ちゃんは、言ったのでした。

「ほんと!きれいな青色」
そしてこう。
「地毛ですかね?」

んなわけあるかーっい!!!

「え、でも世界は広いし。
ああいうきれいな青色の毛の人もいるかも」
と。

彼女のことも<おとんま>さん認定決定の瞬間でした(笑)
だってよく聞いて。
彼女がお友達とお話しているのは、日本語だよ、と。
もっと言うと、京都弁だよ(笑)
京都人でなくても、東洋の人だよ。
蒙古斑が赤ちゃんのころ、ワタシたちと同じように
お尻にぱこーんとあったタイプだよ(笑)と。

けれども、彼女はとってもマジだったのでした。
やはり、わが母と同じ<おとんま>決定でした(笑)


そして、わが、ちま

ちまも、相当な<おとんま>ちゃんです。



0728pp (2)



小さなおやつが、偶然頭の上にひとかけら、
乗ってしまったときのこと。
「どこいっちゃった?」と、ちま
良いにおいはしてるから、近くだと思うんだけど、のノリ。
ワタシが「頭の上にあるよ」と言っても、とうぜんですがムリ(笑)
「どこ?どこ?へんなの、ワカンナイ、どこかしら???」

ちまは、おうおうにして、こんな感じがあるのでした(笑)



0728pp (1)



愛すべき<おとんま>さんたち。

大好きです(笑)☆



0728pp (3)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

おトンマさんの言葉もへぇーしかし楽しいね。おトンマさん。なかなか出会えないよね。

Re:お立ち寄り下さり有難うございます☆

サン様、

お立ち寄り下さり有難うございます☆

>おトンマさんの言葉もへぇーしかし楽しいね。

本当に!おっしゃるとおり。
「えっホンキで言ってるの?!」みたいな
軽い衝撃があったりして(笑)
面白いなあと思います。

>おトンマさん。なかなか出会えないよね。

ワタシの周辺には、結構と生息しています(笑)
京都中から集結してるのかもしれません(笑)
またチャンスあれば、ご披露いたします。
サン様もまた愉快だなって思って頂けますように☆
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから