オットに感謝をするツマ☆

2017.05.12 21:24|日記
自転車をブッ飛ばして帰宅しているときのこと。

大通りの向こう側で、
自転車同士がぶつかって、ひっくり返っている人達がいました。

一人は大学生(に決まってるという大学側の場所)男子。
もう一人は、ご近所の高齢主婦さんという風情。

横断歩道が青になり、その人達の近くまで到達したとき、
二人は、衝突の際に絡まった、お互いの自転車をほどきながら、
お互いに「すみません」とか「ごめんなさいね」とか言い合っていました。

ワタシはその光景を見たとき、
正直言って、
「ああねえ、ありがちだわよねえ。
交差点でどっちかが横柄な横断したんだろうねえ」
そう思いました。
そして「くわばら。気をつけなきゃ。
おっかない。いつ巻き添えになるもんだか分からん」と。


オットが仕事から戻り、晩ごはんを食べ始めたとき、
そうそう、と。
オットも毎日ほぼ365日近く自転車愛用者。
どこにでももはや危険だらけだよね!と、
注意告知のつもりで、
その目撃情報を話したら、オット。
開口一番、こう言ったのでした。

「その二人に、怪我はなかったん?
無事そうやったん?
ああそんなら良かったなあ~
事故になってたら、大変やもんなあー良かった」


ワタシは、オットの顔をまじまじと見ました。
こういう人のことを<善人>というのではないか。
そう、思いながら、まじまじと見つめました。

ふつうの人なら、
だいたい「どーせ、乱暴運転してたんだろうよ」だとか、
ワタシみたいに「巻き添えになったら、たまったもんじゃないよね」
だとか言うような気がします。(あれっ?ワタシだけ???)
底意地の悪い悪くないというほどのことでもなく。
なんとなく、ふっとくちをついてまず出るのは、
まあこんなような言葉な気がするのです。

でも、ワタシのオットは、違う。
本当に親身に、穏やかな口調で、こう言うのです。
「誰も怪我しなくて良かった」と。
まず、一番最初にこれが出て来るのです。

オットの両親も、優しい人々ですが、
オットはそこへ輪を何十にかけても、の、優しい人です。
アタシはまったく優しくない人です。
それが夫婦になっているのです。
世の中というものは、
こんな風にして、絶妙に、あらゆる均衡を保っているのです(苦笑)

アタシは、ちっとも優しくない人ですが、
オットは、とてもお性根が上等な人なので、
オットは、いつも幸福であって欲しいと、願っています。
これ、”鬼子母神的”な感じですねえ(苦笑)

オットは、ちまにも、とても優しいです。
すばらし☆



0510v (2)



ワタシが、つい、ちまに、イラッとしてしまうときでも
(たとえば、お散歩のとき、ちまが、
なっかなか強情に、行く先を変えないときですとか、
においをくんくんが、チョー長いときですとか。
もーいーじゃーん!(イライラッ)とついつい:苦笑)
オットは、おおらかです。

「も~イライラしなさんな~
ちまの、これ、人生のサイコーのお楽しみやん~
ちまは、自分で好きには、お出かけ出来へんねんから。
このくらい、ぶうぶう言わんといたげーな」


ちまは、この、オットのおおらかさを、
どこまで感じているでしょう。
分かっているとは思いますが。
ちまに、もっときちんと、伝えてあげたい。

「ちまちゃん。
いい?
このおじさんは、
ほんとうーに
ほんとうううううううに、優しい人だよ。
あんまり、いないと思うよ。
こんな優しいひと」



0510v (3)



あと数日後には、入院するワタシは、
ますますナーバスになって来ていて、
アレはここ。
コレはあそこ、と、あれこれ細々指導&指示を出しています。

ワタシの留守中、オットが少しでも
通常通りに過ごせるように、と。
ワタシなりに伝えおきたいと、思ってのことなのですが、
それらの物言いが、
たぶん、
若干、
キツい。(と思います)
焦る気持ちですとか、心配な気持ちですとか。
とにかく、ワタシは往々にして、
〝イレギュラー〟に、弱い。
予定調和が乱れると、割と、ハラハラしがち。
でも、オットは、どこ吹く風。

「あ~ハイハイりょーかい☆」
そして、つるり、こう言うのです。
テレビのニュース番組なんぞを、観ながら。
つるり、こう言うのです。

「どうとでもなるよ。
なんもなんも。
気にしない、気にしない~」


2週間の手術、入院から帰宅したら、
たぶん、家の中はグッチャリしていると思います。
でも、それで良いんだよね、と思います。
誰に見せるわけでもない自宅ですし(笑)
第一、
もとから整理整頓された部屋でもなし!(笑)
ホコリやゴミが舞うくらいで、オットもちまも、倒れないし(笑)



0510v (4)



オットが、こういう人で、
本当に良かったです。

面倒くさいおまえには、
こういうヤツがよかろうて。
そんな風に、
どこかの神さまが、くっつけてくれたんだろうなあと思います。
感謝します(笑)
ものすごく、感謝します。

実家の母も、いつもこう言うのです。

「あなたの人生の最高は、
○○○さん(←オットの名前)と
出会えたことよ。
ママにも教えられなかったことを、
たくさんあなたに、教えてくれている」

母にも、見抜かれているのでした。



0510v (5)



のんびり、穏やかで。
いつも、ひょうひょうとしています。

大声でひとを怒鳴ることも、一度も見たことありません。

「ありがとう」としょっちゅう言います。
コーヒーを淹れただけでも、
食事のとき小皿を取り分けてあげただけでも「ありがとう」
ワタシにだけではなく、誰にでも同じ。

とてもよく働きます。
本当に勤勉な人です。
研究熱心で、努力家です。
勤労意欲の大いにある人物なのです。
ワタシは怠惰な人間なので、
出来ることなら極力働きたくない(←本気の本心)
でも、それをワタシにまで強要しません。
ワタシが「それがいいなら、それでええ」のです。
呆れることも、バカにすることもありません。
ワタシが「それがハッピーならそれでよし」なのです。

食事にも文句を言いません。
何でも食べます。
おかずがたいして無くても
「・・・まあこういう日もまああるか…(←でも相当しょんぼり)」
晩ごはんが、ジャンク代表の、あの(笑)ハンバーガーでもへいちゃらです。
ワタシは、食べるものにぶうぶう言う人は、本当に苦手です。
だから、オットは素敵です。

そうなのです。
オットは、素敵な人なのです。
ええヤツなのです。


オット
2週間、悪いけど奮闘して下さい。
ワタシもワタシなりに、入院&手術。
踏ん張って来ます。



0510v (1)



ちまのこと、くれぐれも、よろしくなのです。

オットだから、安心ですけど☆

追記
オットは、実は、わが父ともよく似ているのです。
1)洗濯物を出さない(←つまりは不潔)
2)真夏でも汗まみれになってても、寝るとき毛布(←ほとんどライナス)
3)バターケーキを冷蔵庫に数日間、わざと放置し、
  生地をわざわざカッチコチにして食べる(←お口の中でほどかすのがスキ・らしい)
4)お風呂は行水(←カラス以上)
5)ヒゲ好き(←グルーミングは一応しますが、気まぐれ感アリ…)
6)面倒くさい甘えん坊オヤジ (←何も申しますまい)

ほかにもアレコレございますのです。
なんとも。
不思議です。。。



0510v (6)



あと数日したら、ブログ更新を
一時お休みいたします。

それまで、どわーっと書きます!
ちまの、写真撮影したの、
どわーっとUPしたいー!
フンガー!☆





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

不思議だよね夫婦の出会い。何時迄も相手に感謝いいですね。我が家もそう思ったのに反省?体調管理してね。

Re:暖かいお言葉有難うございます☆

サン様、

お立ち寄り下さり、有難うございます☆
そして、暖かいお言葉も。
本当に有難うございます(感涙)

サン様のお宅も、皆様本当に仲良しのご様子。
ブログを拝読するたび、そう、感じております。
豊かな日々でらっしゃるなあ。
そう、思ってサン様方のお写真、
眺めております。
末永くどうぞ皆様、ご多幸でありますように☆

体調管理は、目下最大の関心ごとで、
ひとりピリッピリしております。
近くで見知らぬ誰かにくしゃみでもされたら、ドピューッ!
走ってその場から離れてみたり。
自分でも信じられないくらい、
物凄い神経質なニンゲンになっております。
あと数日あるので、もう早く入院したいです(苦笑)

No title

ステキなご主人と巡り合えてご夫婦になられたのは、ルゥさんの徳です。
そして可愛いちまちゃんと出会えたのも、ルゥさんの徳です。
こんなに素晴らしい徳があるのですから、2度目の手術もバッチリのはず。
手術前はあれこれ思い悩むことが多いと思いますが、お家のことは優しいご主人様にお任せして良いと思います。
お任せするのは気が楽です。
手術はご担当の先生にお任せして、家庭のことはご主人様にお任せして気楽な気持ちで手術に臨んでください。
私もルゥさんの手術のご成功を信じていますから。

Re: 暖かいお言葉を有難うございます☆

そら太朗ママ様、

暖かいお言葉をお寄せ下さり、
本当にどうも有り難うございます☆

そら太朗ママ様には、
いつもいつも助けて頂いています(感涙)
ご声援。
励まし。
思いやり。
いろいろな、大きく穏やかなものを頂戴しております。
本当に感謝の思いでいっぱいです(感動)

再手術の辛さ、恐怖、不安など、
様々煩悶もし、
さらにはやはりどうあっても、
最愛のちま、と離れる日々が、切なく悲しいです。
でも、乗り越えた先には、
必ずきっと、幸福で胸いっぱいになる
最高が待っているはず!と信じて!
奮闘しようと思っています!☆(言霊ことだま)

17日に入院します。
頑張ります!
ご声援本当にどうも有難うございました!
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから