ちま、(の飼い主)お大事にを感じる(涙)☆

2017.04.17 00:02|ちまのこと
先週の火曜日に「どうも風邪っぽいな…」と感じて、
葛根湯を飲みました。

翌、水曜日も葛根湯。

何となくやり過ごせているように思っていましたが、
金曜日の退社後。
咳が出始めたので、こりゃイカンと、
となりの町内にある、小さな耳鼻咽頭科へ。
お薬を処方して貰い、就寝。

翌、土曜日の早朝。
あまりの体のだるさに、目が覚めました。
検温するとなななんと38.5度!
こんな高温、見たことなかったので、ドキドキしました。

冷えたオレンジジュースをガブガブ飲んだり、
お白湯をじゃんじゃん飲んで、検温したら37.5度。
ちょっと落ち着いたかワタシ?と思いながら、
出勤の支度を…と思うも、やはり、だるい。。。

再度検温したら、なななななんと38.9度!!!
ぎゃーーーもうダメーッ(←気持ちが)!!!
倒れそうーっ!
てか、倒れさせてーーーっ!!!

震える手で、面目なく思いつつも、
(激しい人員削減中につき、
職場はもはや常に人手不足状態なので)
今日はさすがに出勤かないません!と、電話。

お白湯をあびるほど飲み、ふらふらとヨロめきながら、
寝室へ向かったのでした。。。



感心した、といいますか。
感動したなあ!ということには、ちま

ワタシが体調不良で、じー…としていると、
ちまも、じーっとして過ごしてくれたのです。

いつもなら
「ボールであそんで☆」とか
「ボールなげて☆」とかって来そうな時間帯でも、
おねだりもお誘いも無し
ちまも、じーっとおとなしく、してくれていたのです。



0416y (2)



寝室へゆくのは、基本夜、寝るときだけです。

寝室には、衣装タンスもあるので、
季節の衣替えの作業の際には、
ちまも、一緒に連れて寝室へ行くのですが、
だいたい、暴れます(苦笑)
「ここはよる ねるときだけだよ」と、
ちまは、そう認識しているのか、
わーわーするのがつねなので、
ちまも連れてゆくことは、ちょっとためらいました。
が、
あまりに体調不良だから、もう寝室でがっつり寝たい。
そう思ったので、思い切って、
「ちまも一緒に寝てくれない?」と。
ちまも寝室へ連れてゆきました。with トイレシート必須(笑)

すると、ちま。
やっぱり、じーっと。
寝室で、一緒になって、寝てくれたのです。
昼日中の、いつもなら遊んでいる時間帯。
にもかかわらず。
ぶうぶう文句も言わず、長時間、じーっと寝てくれたのです。
その、ちまの姿は、
なんともいじらしいものでした(じぃん…涙☆)

犬族って、本当に心の優しい種族なんだなあ。
そう、本当につくづく実感しました。

介護犬や介助犬。
盲導犬や救助犬などなど。
使役犬として、日夜奮闘してくれるのは、
本当に、犬族だからこそ、なし得るものなのだと思いました。
優しくて、思いやりがあって、気配りもしてくれる。

ちまは、なんの訓練も受けていないけど、
体調の弱ったワタシに、気持ちを寄せてくれた。
だからこそ、じーっ…と静かにして、過ごしてくれたのだと思います。

その証拠に、
ワタシが平熱に戻り、
ポカリスエットを飲みながら、晩ごはんの支度を始めたら、
「ボール なげて☆」と、
大好きな愛用布ボールを持って、
ワタシにつんつん、して来たのでした。
もう大丈夫?あそんでくれる?という感じでしょう。

本当に、いじらしくて、愛おしかった…(涙)☆

ちま、宇宙の果てまで、ラブ!!!☆☆☆

ちまから今回たくさんの
<おだいじに>を貰った思いで、いっぱいです(感涙)




0416y (3)



皆様におかれましても、
この不安定な春の気温差。
どうぞお気をつけ下さいませ。



0416y (1)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

お大事に

ルゥさんもちまちゃんも何て優しいのでしょう。
ちまちゃん立派な介護犬をしてくれましたね。
ちまちゃんの優しさは、ルゥさんとご主人様似なんだと思いました。

ルゥさんが早く良くなられたのも、きっとちまちゃんのおかげだと感じました。
風邪が治られたようで安心しましたが、手術前の大切なお体ですから、どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。

Re: 暖かいお言葉、ありがとうございます☆

そら太朗ママ様、

暖かいお言葉をお寄せ下さり、有難うございます☆(感涙)

ちまの、じっとしてくれている姿は、
本当にけなげで切なく、愛おしさももー
大炸裂の大車輪の大暴走でした。
風邪は犬族には移らないよね、よね?と思いながら、
熱で朦朧としながらも、
ちまに1日中、むちゅちゅちゅちゅしまくっていました(苦笑)
身内贔屓ですが、本当にちまは、優しいなあと思いました。
ああ、オットも、
洗い物をしてくれていたり、
美味しいいちごを譲ってくれたり(←ふだんなら奪い合いです:笑)
勝手に食事を適時済ませてくれたり、優しかった、と
言ってもよかろう、と(苦笑)
協力的な家族で、良かったなあと思います☆

> 風邪が治られたようで安心しましたが、
 手術前の大切なお体ですから、
 どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。
そうなのです!
最近、もっぱら思うことが、おっしゃる通りの
このことなのです!(ドキドキ…)
高熱とか、呼吸がしずらいだとか、
激しい下痢だとか、体調不良があったら、
全身麻酔の手術は難しいんだろうか、などと
怯えております。
ああいろいろただでさえ煩悶なのに、と
ひとり気持ちだけがウロウロしております。

とにかく気をつけようと思います。
ご心配頂き、恐縮です。

そら太朗ママ様も、そら太朗さんも、ご家族の皆様に
おかれましても、
どうぞこの春なのにの不安定な気候には、
くれぐれもお気をつけ下さい。
このトンマをぜひ悪しきご参考にどうぞ!

No title

ワンコはしゃべらないけど!心は読めるよね.人間の気持ちとってもよくわかってくれる!それがまたたまらなく癒しになるのよね.ありがとう!なんだよね.いつまでも元気でいないとね.ワンコも人間も.この陽気に疲れるよね.熱が下がったと思っても、油断は禁物ですぞ!お大事に.

Re: 暖かいお言葉、ありがとうございます☆

サン様、

お立ち寄り下さり、そして暖かいお言葉も
お寄せ頂き、有難うございます☆

本当にワンコ達の存在は、まるごとすべてすべてすべてが
たまりません~~~ですよね!☆
言葉は使わないけれど、通じ合う!
もう最高ですよね!☆
お互いがいつまでもずっと、
大事に思い合えますように、と思っています。

しかし本当に、この天候。
へとへとになりますよね。
ちまも、突然の夏日には、
朝のお散歩時、途中からぐでーっとしていました。
体温調節に若干、戸惑っているように見えました。
犬族も可哀想です。
もちろん、ヒトも大変です。

病院には2軒も行きましたが、
結局投薬なしの<寝て治す>方式を選択。
おかげさまで平常に戻りましたー(ヤレヤレ)

花粉症のアレルギーが酷く出たのか、
それとも普通の風邪なのか、
結局2軒の医師どちらも「分かりませんなあ」と言われました。
花粉症でも熱出るんですね!
その現実に驚愕したワタシなのでした。勉強になりました!

サン様をはじめ、ご家族の皆様も、
どうぞまだ続くこの不安定な気候に、
くれぐれもお大事になさって下さい☆

ご心配下さり、感謝しております。
有難うございました!
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから