幸福な贈り物☆

2016.12.23 04:22|日記
贈り物を貰うと、とっても、嬉しい。

それは数とか大きさとか、そういうものではなく、中身。
もっというと、その中身の中味が、幸福の大事。
思って貰っていると、思うこと。
思って貰えていると、感じること。

贈り物を貰うことは、だから、ちょっと、テレくさい。
嬉しくて、胸がどきどきして。
愛情も貰う気がして。
だからうん。
ちょっと、テレる(笑)
でも、とても、嬉しい。


年下の友達と会ったとき、
「可愛いでしょう~」と、ぷっ、とくれた品物。
コーヒーシュガー。
確かに可愛い!☆
サトウキビとか黒砂糖とかで出来てる。
ほんと、可愛らしい!
使っちゃうのが、惜しい気がする。

「ルゥさんコーヒーお好きだから♪」と、くれた。
この品物を見たとき、
そんな風にワタシのことを思い出してくれたということが、
一番、嬉しい。



1223io (4)



友達がくれた、木製ブラシ。

「使いやすかったから。プレゼント♪」

ヘアブラシ!
ちょうど欲しかったところ!☆
わが家のヘアブラシは、たった1本切りしかない。
しかもそれは、ホテルのアメニティ(笑)
宿泊したとき、貰って来たヤツ(←しみったれ:苦笑)
15年!程前、京都ホテル(現京都ホテルオークラ)に、
オットと泊まったときの、記念品(というコトにしてる)
京都人で、自宅もすぐ近く、なのに、
そのとき恋人気分&観光気分で、ちょいと、京都ホテルに宿泊を♪
・・・って。
いやぁ~スウィートな頃だったなあ~(大笑)

って、そのときの、持ち帰り品。
プラスチックの小さなヘアブラシ。
でも、わが家はワタシもオットも、髪の毛は
手でクシャクシャするばかりで、ブラシほぼ無用人。
だから十分ソレでこと足りてたけど。
貰って使ってみたら、いやあイイ感じ~!☆
木製だから静電気もでない。

すごく嬉しかった。
やっぱり、気持ちも添えて。ハッピー。



1223io (5)



これも、友達から。

「雑貨屋さんで売ってるモノだけど、
これなかなか美味しかったんで」

ワタシの食い意地大王のことを、
よぉーく知ってくれているから、贈ってくれた一品(笑)
ホットケーキ類を焼くのはオットの仕事(←とても上手なので)
オットも喜ぶと思う~
食い意地魔王だから~

何でも食べる、ということを熟知してくれてて、嬉しい(笑)☆



1223io (3)



コスメ好きの、年下知人がくれた、クリーム。

「ハンドクリームという限定品じゃなくて。
膝とかカカトとか肘とか。ボディのどこにでも使えますよ。
よく伸びるし、べた付かないし、
何より香りが良いんですよ~♪」

コスメ好き知人がお勧めの品だから、
良品間違いなし♪
”フェアトレード”の製品ということも、ちょっと、いいな感加味。

クリームを使ってみて、いいなコレ、と思ったとき、
もう1個、ワタシ用にと買って来てくれた、ということが、
すごく、嬉しい。
思って貰っていることって、
本当に、有難くて、幸せ☆



1223io (6)



こちら、カッティングボード。

これは、自分で買った品物。
でも。

でも、こちらの品、インターネットでお取り扱いを見て、
とってもいいなあと気に入って、購入。
その手続きをしたときの、
お店の方のやり取りが、本当にご親切で暖かくて感動!☆
見たこともない、ネットの向こう側のお店の方だけれど、
ご連絡の細やかで穏やかなご対応が、じぃん…☆と。

ワタシは、このへっぽこブログを気まぐれに書いているけど、
商品や店舗紹介の詳細は、一度もしたことがない。
(あ、ある。
ちまの散髪をお願いしているサロンと、
ちまのかかり付けの動物病院と。
わが家で愛飲しまくっている珈琲豆を製作しているカフェ。
その3軒だ、たぶん:笑)
リンクも貼っていないし、広告ももちろん皆無。
ただただ、愛犬ちまを、猛烈賛美していることと(笑)
自分の思う、瑣末な日常で思う好き勝手を、書いてるだけ。
でも、今回は、このお店の方から、
暖かいお手配を頂戴して、すごく感激したので、書いちゃう。

『Hemo』 さんというキッチンツール工房。
こちらの工房の、お品物。

とってもおおらかなひとしな。
手触りも優しくて、のんびりした風情の。
手にしたとき、思わずにんまりしちゃった。
たぶん、すごく素直で、気立ての良い木だったと、思う。
手にしたとき、
そんな気持ちになった、木の品。



1223io (2)



とあるブロガーさんの記事を読んでいたときのこと。
ゴージャスなホームパーティを開催されてて、
とっても美味しそうなお手製オードブルだとか、
チーズとパンだとかを、カッティングボードに乗せて提供されていた。
そんな何気ない数枚の写真を見て、
「ああ~ステキ~
西洋まな板ってオシャレ~☆」と。
そう単純にいっぺんに思って。

「欲しい…」

欲しいぞ欲しいぞー!と。
で、ネット検索をガビンガビンして、到着した先が『Hemo』さんだった。

写真でしか当然だけど、品物は見ることが出来ない。
いろいろカッティングボードを探し歩いている(見る)うちに、
それでもなんとなく、だんだん分かる、というか。
感じるようになった、気がした。

工場での大量生産でない、作家さんなどの手作りものがいいなあ。
ひとつずつが、丁寧に製作されてる感が、良い感じ。
からのー。
形状。
個性的過ぎても、日常使いが難問そう。
でも、没個性な平凡、は無関心。
変形過ぎると、モノを乗せても落っこちそう。
切りくずとかが、ボード周辺にボロボロとか。
真四角過ぎたら、ただの”まな板”だしつまらない。
大きさも重要。
どかーんとしたサイズは、わが家の食卓では、
存在感が出過ぎちゃう。
肉厚過ぎても、重厚感がしんどい。
程好い厚みって、でもどんなだろう?
厚過ぎてもダメよね。
でも薄過ぎのペラペラでは頼りない。
うーむ。。。
カタカタカタカタカタカタ(←PC検索音)
カタカタカタカタカタカタカタカタカタ(←PC検索連打音:笑)


で、たどり着いたのが『Hemo』さんという。
本職?は検索してゆくとき知ったのが、工務店さんだった。
だから、製作されている数は、とても少ない。
大量生産の反対側にある工房さん。
でも、おおらかで穏やかな様子を感じて、購入。
カッティングボード(西洋タイプ)を買うのは、
ほんとに初めて。

そうして。
届いた品物を手にして。
ワタシの感じたものは、大正解だったなあ☆と。
きゃっほう~☆した(笑)
工務店さんとして、日々、木に触れてらっしゃるから、
ほんのちょっとした”板”なのだけれど、
材木の素材はすごく、上品。

おおらかで、のんびりとした感じがする。
ほんとに、もとの木が、そうだったんだろうなあって思う。
何十年も大きく育っていたであろう、その木。
<木>のことにも、思いを馳せる。


1223io (7)


最近<木>が、ますます好きになってる。

ワタシは、昔、美大で油絵を専攻していたけど、
途中で変節。
陶芸家を志したことがあって。
ずっと陶器をこよなく愛して、慈しんで来たけど、
もちろん今もラブだけれども、
それでも、年を重ねるごとに、
気持ちがどんどん<木>に傾いてる。

<木>の重いけれど、軽やかでもある素材が、イイ。
本来は、素材のまとまりは相当に重たいけど、
扱い次第でいくらでも軽くなる、ということが、良いのかもしれない。
自由な感じが、良いのかもしれない。

若かりし頃、陶芸を学んでいるとき、
その指導をして下さっている先生方が、言われていた言葉を思い出す。
先生方が、こぞって買い求めていたのは、
木製の器を製作している同僚先生の、作品だった。
木のお皿・カップ・ボール・トレイ。
当時、ワタシからすると先生方の陶器の器類の作品が
どれも素晴らしかったから、不思議だった。
陶器でいいじゃん、と。
でも。
「この軽やかさが、ええねんなあ~」と。
先生たちは、くちぐちに、そう言っていた。
「ねんねん、そう思うねんなあ」とも。

ワタシも、ねんねんええ年になってゆき(笑)、
ねんねん当時の先生たちの年齢に近くなって来て、
分かるようになった。
軽やかさが、いい。

『Hemo』さん。
大事に一生、使います☆



1223io (1)



ちまの、ごはん茶碗も、
木製、探そうかなあ~



1223io (8)



おまけ

街中で、友達がご馳走してくれた、コーヒー。
ご馳走されることも、
ものすごく照れちゃう(おごられ慣れていないから!笑)
えーっいいのーいいのーって思う。もじもじするー
けど、すごく、嬉しい(笑)

美味しかった!☆



1223io (9)



ひとに、思って貰うことって、
本当に、幸福。
出先で、外出先で。
何かの拍子に、ワタシのことを思い出してくれて、
小さな一品を、買い求めて、贈ってくれる。
お会いしたこともないのに、優しくして頂く。
思いを、頂く。
本当に、幸福。

いろんなプレゼントを貰ったなあと、
しみじみその幸福を、味わってます☆





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから