爪が剥がれたあーっ顛末。

2016.12.02 02:53|日記
※ 想像でも気分が悪くなるような内容が、一部ございます。
  怪我が苦手な方は、ご遠慮して頂いた方が。。。でございます(ペコリ)


爪が、剥がれた。。。。。。

いったあああいいいーーーッ!!!

生まれて初めて、爪が剥がれたーあ!(痛)
いててててーっ!!!
そして、なっかなかの流血ーーー!!!(卒倒)

それは、居間で、ごろんごろんしているときのこと。

インターホンが鳴ったので、
はあいと、起き上がり、
飛び出してゆこうとしたとき、
足元に、パソコンの充電コードが絡まり!
あっ!と、カーペットの上でつまづいて、
ガッ!
小指の爪が引っかかって、、、、、
いったーーーぃ!

見ると、爪が、ぐーらぐら!
は、剥がれたーーー!!!(激痛)

ティッシュにつく血の赤さに、気持ちがふらふら…
初めての衝撃体験に、妙な汗もじわじわ滲んで来ます。
「・・・」
ものすごい、無言。
そして、何も考えられなくて、ソファに横になって、じっとしました。
(玄関には超素っ気無い応対で、済み!)

・・・・・・・・


パソコンついてるし、こんな場合どうしたらいいの。
と調べたら「病院いけ」

はい、分かりましたそうですよね、、、で。
足は激痛なれど、意識はふつうにあるので(当然だけど)
最寄の病院へ電話をしました。

その日は午後から完全休診で、病院は、無人。
でも<救急>番号に連絡をしたら、
相談を受け付けてくれて、急患外来で診察して貰えることに!
ああ、どうも!
どうもありがとうございますーっ!!!(感涙)
初めての爪が剥がれた事態に、もう動揺していたから、
大感動で、いっぺんに気持ちがしゃんとしました(笑)

病院で、診察して頂く。

これって、本当に心強い。
こんな安心感は、何ものにも変えがたいと思う。

救急患者として、診て貰うのにあたり、
病院へ向かう前、
先生と看護師さん等に不愉快な思いをさせてはならぬ、と、
顔を洗い、口臭マナーに歯磨きをし(笑)
少々白粉をはたいて、自転車ブっこいで、飛んでゆきました。

しばらく待合室で待機していたら、
当日の当直の先生が登場して、
即診察して下さいました。

爪は触れるとものすごくぐらぐらしていて、
てっきり「剥がれてるー!(大泣)」と思っていましたが、
実際は、半分くらい付いてました。
えーん、でもぐらぐらですけどーっ(涙)

でも、先生はするっと。
剥がれている爪を、てきぱきカットして下さって、
さささあっと消毒&止血テープ、ぐるぐるぐる。
ちょちょいのぱっていう感じの、処置を施して下さいました。

「今夜はお風呂は控えて下さい。
シャワーにして下さい」
で。
なんと。
「シャワーの前に、この今巻いたテープを
取って貰って、
よくよく流水で、傷口をすすいで下さい」

えっ?!
そんなことするの?
いいの?!いいんですか?!
たとえそうしたとして、それから?!
お風呂上りには、やはり消毒をして、
軟膏とか塗った方がよいのでしょうか?

「いえいえ。
何もしないでいいです。
きれいなタオルできちんと水分を拭いて。
傷が痛まないように、
お持ちの絆創膏で、ぐるぐるっとね。
それでいいです」

聞くと、最近治療にも、いろいろな考えが出て来ていて、
何度も消毒をすることで、一緒に良い菌も消してしまう、
という考えもあるのです、と。
泥の中での大怪我だとかだと、
また事情は変わって来ますけどね。

「赤く腫れて来たとか、
痛みが酷くなったとか。
ふつうではない様子になったら、
そのときには、また来て下さい」

看護師さんたちは、本当に有難い方々です。
お医者さんも、本当にその存在に感謝。
病院は、安全で安心出来る、悩める体調の人々のサンクチュアリです。

お大事に、と送り出して下さった、
若くて優しい先生と、朗らかな看護師さん。
適切な処置をして頂けて、心底安堵した。
本当にどうも、ありがとうございました!(感謝)

剥がれた爪が、完全に元通りになるには、
約1ヶ月くらい時間がかかるそうです。

足の小指なんて、
ごく小さなカラダの一部なだけですが、
いざこう、傷んでみると、
確実に違和感と、不自由さを感じます。
すこやかであることの有難さも、また、
感じるワタシなのでした。


いきなり、部屋でうずくまったり、
うえーんと痛がったりしてるワタシを見て、
ちま、驚いた?
ごめんごめん、ごめんね!

ちまは、ドタバタしながら
急に外出準備をするワタシのことを、
遠くから静かに見つめていましたけれど。
ごめんね、お騒がせしちゃったね。



1202uu (2)



数日、お散歩は、時間がかかると思います。
歩くことが、ちょっと、ぎこちないですから。
ギコギコ歩きますから。
でも、まあ。
お外をぶらぶらすることは、
ちまは、大好きだから。
まあ。
楽しんでくれることでしょう(笑)
はからずも、長いお散歩化です(泣笑)



1202uu (1)


皆さま。
足元にうずまくコード類。
どうぞ、じゅうぶんお気をつけ下さい。





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

痛い!寒気がする!僕も痛みには弱いんだよ。お大事にしてね。体にいらないところはないんだね。

Re: 暖かいお言葉、ありがとうございます☆

サン様、

お立ち寄り下さり、かつ、暖かいお言葉をお寄せ下さり、
有難うございます。
その暖かいお気持ちが、
骨身に沁みる…と申しますより、
爪の剥がれた小指に沁みます…(涙)

小指が、当たって痛くて、靴が履けないので、
勤め先にはビルケンシュトック(サンダル)で
出勤しています。
会社の同僚達には、サンダルだと
また小指が当たったらどうするんですか!?と
妙な心配をして貰っています。
確かに…とは思いますが、何せ痛くて(涙)
まあ人生初体験の、爪剥がれ。
勉強になっています。。。
大事にします。

どうもありがとうございました!☆

どうぞお大事に

生爪をはがされる拷問があるくらいですから、激痛だったことと思います。
家の中にも危険が潜んでいるんですよね。
私もおっちょこちょいなのでケガをすることが多いのですがブルブルっとしました。
自転車をぶっこぐほど痛みに耐えて、よく頑張りました。
優しいお医者様に処置していただいて安心しました。
どうぞお大事になさってくださいね。

Re: 暖かいお言葉、ありがとうございます☆

そら太朗ママ様、

くっすん。
暖かいお言葉、お寄せ下さり有難うございます、ぐずっ。
「どおおっうぉお!」というような、
声にもならない声を、のど元辺りで発しました。
いやもう、本当に激痛でございました。
痛みで、どどどっと脂汗が滲ました。
この体験も、初めてでした。
本当にガマの油(苦笑)身をもってでした(苦笑)


> 家の中にも危険が潜んでいるんですよね。

本当におっしゃる通り!
今回ワタシの爪剥がれ顛末を、知人に話したところ、
知人は、部屋のドアに足を挟んで、爪が剥がれたという
体験談を話してくれました。
ふだん慣れ親しんだ家の中。
その意識があり過ぎて、すべて無意識に動いているのでしょう。
だからそれがちょっとだけ、何かがズレてしまったときに、
家の中でも事故が起きるのでしょうね。
そら太朗ママ様も<おっちょこちょい>とおっしゃる、
ワタシのお仲間ということで(笑)
家の中だとて、あな恐ろしやですよね!
穏やかにお過ごし下さい、ワタシの今回の顛末を
ぜひ、教訓に!(苦笑)

どうもお気遣い下さり、有難うございました☆
加齢はしておりますが、確実に回復が始まっています。
すごいもんだなあと、つくづく
ひとのカラダの神秘を、痛感しております。
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから