ちま(の飼い主)聞き耳うわさ耳☆

2016.09.17 22:22|日記
ちまとお散歩にゆくと、
同じ場所でしょっちゅう、見かける
”仲良しおばあさん達”がいます。

ご近所同士な様子で、
いつも楽しそうにおしゃべりをされています。

それが。
ちまの散歩途中、
ちまが歩みを止めたときに、
偶然聞こえて来た会話が、面白くて面白くて☆
とっても愉快だったので、
記念にここに残そうと(笑)

オバアさんA 「あんた、いつまでも、若いなあ」
オバアさんB 「そんなことないわぁ」
オバアさんA 「いいや若い若い。
          ほんとに、いつまでたっても
          若いまんまやなあ!
          若い時分と、ちょっとも変わってへん。
          若こ見えるわぁ~ 」
オバアさんB 「そんなことないわー
          よるトシには勝てへんもんー
          今年83やでぇ」
オバアさんA 「えー?!
          見えへん見えへんー!
          若こ見えるわあー」


いったいオバアさんAは、オバアさんBのこと、
いくつに見えるんでしょう(笑)

いくつになっても、年齢を気にする乙女たち、を見た気がしました。
悪気も罪もなーんもなくて、すごく、よかったのです(笑)


また違うある日。

オバアさんA 「今日、スーパー買い物行った?
         トウフが安いよー」
オバアさんB 「今から行こうと思ってたとこ。
          今日、うどん玉が安いよー」
オバアさんA 「トウフが安いよー」
オバアさんB 「そうめん?」
オバアさんA 「トウフー」
オバアさんB 「そば?」
オバアさんA 「トウフー」
オバアさんB 「・・・そうめん???」
オバアさんA 「ト・ウ・フ」
オバアさんB 「今日、うどん玉が安いよー」


どれほどまでも、どこまでも、
延々さっぱりかみ合ってない会話なのに、
終始とっても楽しそうで。

盗み聞きでもなかったけど、くくくくく(笑)
聞き耳してしまいます。
すごいスキ。
このお二人の、トンチンカンな、会話が(笑)

でも。
いつか私もゆく道なんだろうなあ、とかって、思います。
友達との会話、いつかこうなるんだろうなあって。
でも。
こんなふうに軽妙な、おしゃべりのできる
オバアと友達、になっていたいものです(笑)


ちまとの、お散歩
いちいち、が、いろんな面白さに、溢れてます~



0917az (2)



おばあさん達のほかにも、ちびっこボクちゃん。

ある朝。
公園のベンチで、ちまとオットと休憩していると、
向こうーの方角から、ターッとかけ寄って来ました。
とっても人懐っこい、ちびっこくん。

<ボクは ほいくえんにはいってない>と言っていました。
いくつなのかな?4歳^5歳くらいでしょうか???

ちまのことを「かわいいな」と言ってくれて。
うんうん、そりゃそうでしょうそうでしょう。
ちびっこにも分かるよねえ、
ちまのド級レベルのキュートさは、うむうむ、と。
(↑見過ごして下さい)



0917az (5)



で、そのあとからが、面白いのです。

ボク 「クイズですー
    ボクはどこに住んでいたでしょーう」
ワタシ 「えー(知らんがな:笑)どこだろうー」
 ※と。
  ずいぶんの間、このテの意味不明のやり取りをし(笑)

ボク 「正解は嵐山~」
あらそうだったの。
観光地だね~
いいとこじゃん~

ボク 「でもな」
ワタシ 「うん」
ボク 「びんぼうになってな。こっちに越して来てん」
ワタシ 「えっそうなんだー(苦笑)」
ボク 「うん。びんぼうになったから 安いとこに住んでんねん」
ワタシ 「そうなのー」
ボク 「でもな。いまおかあさんとおとうさん。
    お金ためてんねん」
ワタシ 「そうなんだー頑張ってるんだねー」
ボク 「そや。
    お金ためたら、大津に家買うねん。
    西大路がほんまはええねんけどな。
    でも高いし。大津の方が安いねん」
ワタシ 「ああそうなんだー」
ボク 「そや。
    おかあさんいっつも紙みてるねん」
    ※チラシのことかと。

    


0917az (3)



ボク 「お金ないけど、こんど家買うねん~」

ぷぷぷっ☆
本当に、屈託がなくて可愛い可愛い男の子。

おうちの事情を、いろいろつまびらかにして
聞かせてくれるのでした。

おかあさんがコレ知ったら、きゃーってなるだろうなあ(笑)
なんて。
オットと大笑いして、
見知らぬボクと、おしゃべりしているのでした☆

ちなみにオット。
そのボクのことを
「<ノンマルトの少年>みたいやなあ」と言います。
オットのたとえは、だいたい、ウルトラセブンが基本です(笑)

【ウルトラセブン】好きの方には、
たちまち≪ピン!≫と来るワードでしょうけれども、
そうでない方には、意味不明かと(苦笑)

相当ミステリアス、かつ、相当実はシリアスな内容、の1話。
そこへ登場して来る、相当なぞの少年が、
<ノンマルト>のことを、投げかけて来るのです。
ご興味のある方はぜひ
【ウルトラセブン】第42話「ノンマルトの使者」 ご覧下さい(笑)


なぞのボクちゃんも、
ちまのおかげで寄って来る~(笑)
いやあ~楽しい☆

ちまは、なーんにも知らないけれど。
ですけど(笑)☆




0917az (1)



耳がよくよく、動くようになりましたワタシです(笑)



0917az (4)






ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

本当に微笑ましい会話ですね。
おばあさま達もボクも。
お散歩で歩いていなかったらこんなことに出会わなかっただろうなぁと
いうことが私も多々あります。
そんなことがあるたびに、のわと出会えたからだなぁと感謝しています。
犬族の存在は偉大ですね(笑)

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます☆

mari様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます~☆

そうなのです、ホントに愉快なんです。
オバアさんお二方が立ち話されていたら、
ちま、のんびりしないかな、なんて思いつつ、
歩き方がゆっくりになり、聞き耳しちゃうんですぅ(笑)
ボクちゃんにもまたまたの、で
会いたいなあと思います。

> そんなことがあるたびに、のわと出会えたからだなぁと感謝しています。
> 犬族の存在は偉大ですね(笑)

おっしゃる通り、同意同感です~
いろんな意味で、犬族との暮らしは楽しいですよね☆
mariさんも、どうぞ、のわさんとご家族の皆様と、
素敵ライフ、満喫なさって下さい~☆
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから