ちま、現実と空想☆

2016.06.16 15:34|ちまのこと
ワタシの友人で、とても美しいひとがいます。

彼女は、たいへん知的で頭脳明晰。
立ち居振る舞いも壮麗。
おしゃれ感性もさえていて、いつも、うるわしい。
見た目が凛としていて、無駄におしゃべりをしない。
おまけに、声のトーンもしとやかなので、
一見、完全無敵な、知性派美女。

しかし。
ミソは”一見”は。

じっと黙って、うつむきながら仕事にあたっていたとして。
実は
「お腹空いたなあ……
ランチはがっつり、プレートランチにでも行こうかなあ…」
とま。
とま、だいたい、中身はそんなトコなのです。

さらには、とても美しいひとなので、
とてもよく、男性からお食事などに誘われているようです。
それも相当飛び切りのお店の。
でも彼女は「美味しいごはん~☆」と、そう、
本気でソレだけを目的にご一緒している風なので、
ハタから見聞きしていると、
「ああ男性、残念。悪いけど、恋には…」と思っています。

高嶺の花。

男性たちの中で、彼女は勝手・空想で
”高嶺の花”化しているようなのです。

お食事に誘われたとある男性から、
「いつも何を考えてらっしゃるんですか」と聞かれたそうです。
「え???いつも???
はて。なんだろう???なぜ???
別に。
何も考えてないけど????????」
そうつるーっと率直に答えたら、男性。
すごーく静かになられていったとか。
現実と、自分の空想のギャップに、気づいたのでしょう(笑)

真に<美しいひと>というのは、だいたいこんな、じゃないかと思います。
自分が美しいとは、ぜんぜん気がついていないし、
自分が相当知的なひとは、知的なんてちっとも、と思っている。
だからこそ、美しさもいっそう輝くのです(←断言)

しかし、友人のこと。
親しいからこそ、ワタシには分かりますが、
いいえ、分かっているような気がしていますが、
本当のところは、分からないのかもしれません。


わが、愛しの、ちま

お散歩のとちゅうの、ひと休み。
風に吹かれて、遠くを見つめています。

こんなとき、
ちまはいったい、何を思っているのでしょうか。

遠くを歩く人を見ながら。
走り去る自転車を見ながら。



0616yi (1)



家の中では、だいたい想像はつきます。
「おやつちょうだい☆」
おおかたこんなのだと思います(笑)

でもお外では、どうなのかなあと。
しょっちゅう、そんなことを、考えます。
そんなふうに考えながら、
遠くのどこかを見ている、ちまのことを、
ワタシは、見つめているのでした。

ちま。
何を思う?



0616yi (2)



0616yi (4)



沖縄県が梅雨明けしたと、天気予報で言っていました。

京都はまだまだまだまだ、梅雨です。
祇園祭のころに、ようやく、毎年、梅雨明けです。
それは、これからまだ1ヶ月先のこと。
たはぁ…(ため息)

雨降りマークが、週間天気予報で出ています。

お散歩大好きな、ちま、にしたら
心底がっかり。
落胆の日々が、続きます。
可哀想に。つまんないだろうなあ、と。
ちまが、退屈そうにしているのは、
ワタシも、見るの、辛いです(くすん)

早く1ヶ月、過ぎちゃえー
と、紫陽花を見ながら。

でも、1ヵ月後には、
京都の猛烈バカ猛暑。。。
どっちにしても、お散歩減っちゃう。

ああ。。。
早く秋来てーっ



0616yi (3)



秋の風に吹かれているときの、ちまを見ても。
冬の積もる雪にまみれている、ちまを見ても。
春の青草に寝転ぶ、ちまを見ても。
少しでも、ちまのことを、分かりたいと、考えています。

ワタシの思う空想のちまの思いと、
ちま自身の思っている、現実の思いと。
これ、ワタシの永遠のテーマ。





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから