ちま(の飼い主)プチ京都観光(笑)

2016.04.24 14:25|ちまのこと
こちら。
ボハボハな、ちま。

散髪当日は、かなり面倒くさい分量の、

いつもお世話になっているドッグサロン、
<cafe sora+dogsalon wonderful>さんへお預けをしまして。
(ちま、がんばれ、だよー!☆)



037bb.jpg



ちまが、散髪に要する時間の3時間弱。
京都・プチ観光へ、参ります。

※ ちまは、かなり強力なパワーを持つ【雨女】で、
  散髪に行く日は、ものすごい確立で、です。
  雨になると、オットの自転車にちまを、乗せて、では
  お店にゆけないため、タクシー等使用。
  時間つぶしに、自宅へ戻るにも交通費がかかるので、しょうがない。
  毎度、ぶらぶらひとり、京都観光に出かけるのでした。
  (雨の日だと、ゆえに、オットは自宅待機です)
  

サロンがある場所は、京都でも有数の観光名所のひとつ。
かの金閣寺そば。
バス停に向かって「失敗したなあ」と、後から気づきました。
金閣寺前 からではなく、 ひとつ手前の わら天神前 から
市バス乗車すれば良かった(泣)

観光客と、修学旅行生ちゃんたちで、バス停は大混雑
おまけに、各自持つ濡れた傘で、いっそうコミコミ(涙)
でもまあ、みなさん、どうぞ京都を満喫なさってね、と。
ワタシも偽観光客となって(笑)バスを待つのでした。



0423fv (1)



向かった先は、
京都は<恵文社一乗寺店>

全国的の、お洒落乙女達に愛される書店です。
”世界でもっとも美しい書店”てな本にも、
ベスト10圏内で掲載されていたりした、と思います。

オットの知人の可愛い可愛い女性や、
ワタシの知り合いの聡明な女性などもお勤めしているので、
勤務中かなあ~などと思いながら、入り口写真を、パチリ☆

しゃれとります、はい。



0423fv (2)



生憎の雨と、中途半端な午後の時間ということもあって、
店内はたいへんめずらしく、空いていました。

店内写真撮影は、お店のスタッフさんたちへ一言お断りをして、
許可を頂き、撮影しました。
なお、お客様のお顔が写らないこと。
販売している品物のクローズアップは不可ということ、で☆

恵文社さんは、昔は”本屋さん”だけでしたが、
5~6年前?に、となりに併設で、
セレクトされた雑貨等や、身の回りのいろいろなどを紹介する
”生活館”が設立されまして。
こちらは、そちら。

乙女からずいぶん遠く離れた場所に来てしまったワタシ(苦笑)でも、
見ると「きゃっ☆素敵ィ☆」と、ココロ踊りまくります。
踊りまくるには、まくるんですが、
もはや「買ってもアタシ、使わないよな」で購入までは…(笑)
でも、ココロときめくことは、嘘でなし!☆きゃ~☆

店内はどこからどう撮影しても、フォトジェニックです。
うでがへっぽこなので、この具合ですけれど、
実際はもっと広く、
商品も書籍も、さまざまな角度から見て、楽しめます。



0423fv (3)



こちら、書店エリア。

もうずいぶん若いころから、来ていますが、
いつ来ても感想はただひとつ。
「しゃれとるなあ~オイ~☆」(笑)

って、昔の昔々は、
実は、少し雰囲気が違いました。
この辺りは、京都は高野といって、
近くには京都工業繊維大学や、京都大学があって、
学生さんたちが多く暮らしています。
(最近ではラーメン街道とも言われ、ラーメン激戦区エリア!)

で、店内には、鋭い審美眼で選択された、デザイン書籍や写真集、
建築書や、哲学書籍、人文書籍等々などでいっぱい。
それを、流行に敏感なその、近くの大学生男子くんらが、
日夜、沢山訪問したりしつつ、
ご近所住まいのおいちゃんたちが、
銭湯帰りのタオルぶら下げたまんまで、漫画立ち読み、みたいな。
バンカラ(←お若い人には理解不能か?)な漫画やら、
アングラ(←同上)な雑誌やらも、所狭しとありました。

なので、ワタシの勝手な思いで言うと、
どちらかというと、男子&おいちゃん客多し、な。
それでいて、洒落とる、という、不思議な書店、でした(笑)

それが数年前からどうでしょう。
も~土日祝などに行くと、可愛い愛らしい少女や女性、わんさか。
ほんとに、女性でいっぱい。
minaなどご愛用の、ハイセンス乙女・ぎゅーぎゅーです。
とにかくどちらの方も、も~みーんな、モード!☆

いやはや。
時の流れを感じます、いつも、はい。
(石鹸持ったおいちゃんたちは、どこへいってしまったの…)



0423fv (4)



0423fv (6)



こちらは、書店をはさんで、生活館の反対側に増設された、
ギャラリースペース&文具を中心とした、エリア。

世界のしゅっとした文具や、
個性的な便箋、封筒、ポストカードなどなどなど、たーくさん。
素敵がいっぱいなので、
素敵なお友達や知人に贈り物がしたくなる(と思います)

ここでもワタシは、もう乙女から遠い立ち位置なので(笑)
「買っても使わんな」のココロで、素敵、一刀両断(笑)
ただただ眺めて。
ただただ眺めるときには「きゃっ☆カワイイ~☆」あり(笑)
言うのは、自由。
年齢無制限(笑)



0423fv (5)



ワタシの知り合いはお休み。
オットの知り合いはお勤め、だったので、
しばし、楽しくおしゃべりをさせて頂いたりして。
(お客さんが少なくて、良かったです~)
恵文社さんの、素敵を、じゅうぶん満喫させて頂きました☆

と、これ、もはや、京都観光のひとつです。
恵文社さん訪問は。


あっという間に、
ちまをお迎えに戻らねば、な時間に。

高野エリアは、若干交通の便が不便です。
(ちなみに。
高野に暮らす知人等は、
高野でのみ、暮らしを完結させています。
日常すべてまかなえてしまうので、遠くまで
出かける必要がないから。
これ、本当)

バスの本数が少ないので、気持ち、焦りつつ。
バス停へ向かう途中で。

きれいな花。
雨に打たれて、しずくもふくんで、
いっそう、美しい。



0423fv (7)



どうあっても、美しい。



0423fv (8)



ちま、お迎えにいったら、ばっちり☆
きゃわい~ちまの、出来上がり!でした。

この様子は、改めて。
以後、この日から2週間は、
カメラからシャッター切り過ぎで、煙が立つほど、
ちま撮影しますんで(笑)



追記。
恵文社では、知人へプレゼントする用に、
ボールペンを買いました。
あと、自分用に、おやつをひとつ。

岐阜のお菓子みたいです。
パッケージ、可愛過ぎ☆



0423fv (9)



あと、こちら。
オットの知り合い、可愛い女子さんがくれた、栞。

恵文社さんで無料配布しているそうです。
猫~~~カワイイー☆
と身をよじったところ、
とっても有名【読読】というホームページの栞だそうでした。
この猫さんたちも、とっても有名なようです。
若者発信の情報は、いつも、フレッシュ~
(知らない世界~ららら~←現実逃避行:笑)

買ったおやつ、食べながら、
のぞきにいってみようかな、と。



0423fv (10)



ちまが、サロンへいる3時間弱の間は、
相当、安心して出かけられる、わが家の貴重な自由時間です。

ちまを散髪して下さる、店長さんは、
ちまのことはもちろん、犬族のことをとてもよくご存知なので、
愛するちまを、預けても、不安なことがありません。
なので、オットと、自転車ブッ飛ばして、用事を済ませに走ったり、
出先で美味しいランチを食べたり。
展覧会へびゅーっと行ったり、
足を伸ばしたなあ!という場所で噂のパンや、お菓子を買ったり。
3時間弱の間、京都市内をどっぴゅんどっぴゅん、
自転車で駆け回ります。
ただし。
お天気であれば、です。

ちまは、強力な【雨女】
これが、もっかの、ちまの散髪日の、
オットとワタシの、泣き所なのでした…嗚呼(涙笑)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから