クリスマスと年賀状。

2015.12.09 13:46|日記
どこでも、本屋さんにいくと、大掛かりなフェアで
年賀状作成雑誌が、どどどーん。
それをみるにつけ、毎年。
「ああ今年も、もうそんな時期かぁ」と思う。
プラス。
「そんなにみんな、年賀状出すんだなあ」と思う。

子どものころから、ワタシは、手紙を書くことは大好きだった。
真心込めて(笑)結構な長文で、何枚も書く。
便箋や封筒もきちんと相手に沿った雰囲気のものを選び、
切手だって記念切手しか使わない。
こだわってます(笑)
けど、年賀状は別。

ニッポンの情緒があって、いいよね~と思うには思うけれども、
しょっちゅう会ってる友達に、なんでわざわざ葉書(苦笑)と思うし、
社会的付き合いの人には、ココロあらずの儀礼的過ぎてなんかなあと。
というか、ようは。

面倒くさいじゃん(←言っちゃったー:苦笑)

でも、年賀状を頂いたらお返事は必ずお返しする(当たり前か)
たいへん恐縮しながら、お返事を出す。

なので、こんなワタシでも、ふとした拍子に、思ったりする。
「これ。年賀状に使えそう」

たとえばこんな感じのショットで、空いたスペースに
文言を入れる、なんてね、と。


『あけまして おめでとうございます☆』




1209df (3)




『今年も よろしくお願い申し上げます☆』




1209df (4)



友人・知人からは、メールで
新年の挨拶を貰うようになった。

いつ頃くらいからだろう。
うんと親しい友人からは、それすらなくなってる。
お互い、年末年始感、ゼロ(笑)
文化も侘びも寂びもなし(苦笑)
だから、ほんとう。
年賀状を貰うと、ものすごく面目なく思い、
ものすごく恐縮する。
子どものまんま、年取ってしまった。



激・冷え込んだ京都は、どこへやら。
12月になって、妙に暖かい気温。

でも、街中あちこち、クリスマス・ムード。
でも、こんなに生暖かいと、遠く寒い国から来るサンタさんは、
暑く思ってたいへんなんじゃないかしらん、と。

って、はっ。
わが家にもサンタさんは来てくれるんだろうか?
ぬへ?どうかな?
ね?オットよ(←大黒柱に一応聞いてみる:笑)



1209df (1)



よく行くスーパーで、定番のクリスマスソングが聞こえた。
安いカセットデッキが、がたぴしした音で、流していた。

『Happy Christmas (War is Over)
        / John Lennon & Yoko 』


音楽が、生活の大半を侵食しているほど大好きで、
ぐるぐる巻きで過ごしている、オット。
ものすごく多岐に渡って、個性的な”音”を聴いている。
だからといって、斜に構えたことをいうひとでもないのだけれど、
毎年”定番”中のド定番で、流れまくるこの曲のことを、

「なんのかんのゆうてもこれ。
ぐっと来るよね」


と言っていた。

正直にいうと、ワタシはこの曲で、泣く。
必ず、歌いだすと、涙が出る。
だから、こっそり、歌う。
スーパーで買い物をしながら、ひとり、
つい歌ってしまって、涙が出て、困った。

シンプルな言葉だけなのに、
なにもかもが胸に来る。

この曲で、12月に泣くとき、
年賀状とおんなじように、また時節を感じているワタシなのだった。


ちまとお散歩に行ったとき、拾った花びら。
サザンカ。
花びらがハート型なのだなあ。
初めて知った。



1209df (2)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから