ちま(の飼い主)モノの価値観・差☆

2015.11.15 21:31|ちまのこと
ワタシの両親から、オットへ
お誕生日のお祝いに、届いたこちら。
ゴディバのチョコレート詰め合わせ。

子どものころ、初めてゴディバと出会ったときの衝撃を、
いまだ忘れることなく、覚えています。

チョコ1粒が300円?!信じられないー!!」(仰天絶叫)

それが。
いまや慣れ親しんだ感すらある、ゴディバ。
百貨店の地下には、必ずお店はあるし、
その確立された安全味も、もはや周知。

慣れってこわい(苦笑)



1113re (5)



さて、わがオット

このチョコレートを前に、こう言いました。

「ボクの頂き物やけど、食べてもええよ」
ハイ、どうもありがと、と手を箱へ伸ばすと…

「ちょちょい、待て待てーぃ!
は?なにか?

「2個入ってるのなら、食べてよし」
・・・さいですカ(苦笑)


オットは、何事においても、だいたいおおらかです。
でも、ときどき、ワタシとビミョーな”モノの価値観”の差を、
感じるときがあります。
ときおりオット。
こんなふうに、しみったれたことを言うことがあるのでした(苦笑)


オットと、価値観の相違を、感じるモノは、ほかにもあります。

すぐさま思い浮かぶものは、タクシー
オットは日々自転車を愛用していて(一応ワタシもですけども)
京都市内、どこへゆくのも、ほぼ自転車です。

自転車に乗ることは
◎楽しい
◎爽快
◎公共交通手段で受ける、時刻表や混雑等からストレスフリー
◎タダ☆

「タクシーほど、お金を無駄にしてるって思うものは、ないな!」
オットは、鼻の穴をフンと広げて、そう言います。
ワタシはタクシーに乗るときは”楽”と”時間”を
お金というモノで買い取った、と思っていますが。
モノの価値観の相違ですねえ。


そして。
もっとも最近あった、価値観の差の事例。



1113re (3)



こちら。
反射板使用のキーホルダー。


ワタシは、ちまの夜散歩のとき、
安全のために、と、電池でピカピカするキーホルダーを
1,2度購入したことがあります。
でも、電池使用だから、すぐ切れてしまうことや、
案外壊れてしまうことに、難色。

それでふと。
姪たちが子どものころ、ランドセルに付けていた
「光るアレ、どうかしらん☆あれなら電池要らず~」と、思い立ちまして。

で、先日、早速、購入。

洒落た雑貨屋さんで。
”デンマークから来たキーホルダー”
数ある種類の中から、スマイルマークを選択してみました。

で、ワタシはご満悦で、オットに、提示。
すると、オット。

「あら~えーんとちゃう?」
でしょでしょ☆とワタシ。

オット。
「100均?」
違いますーぅ!(憤慨)
雑貨屋○○で買ったのよ。

「デンマーク産なの。
600円だよ」

するとオット。
『はじめ人間ギャートルズ』(←昭和な方にはお分かり頂けるはず)の
おとうちゃんが出すような声で、絶叫。

「マジでかー!!!」(←この声の文字に乗って、月までゆけます:笑)


100均でもじゅうぶんあったんとちゃうー?!
600円?!
これが?これで?!
ただの反射板なだけやん?
デンマーク産?
どこにもデンマークの文字ないよ?
ルゥ。
よーく考えてからモノ、買いや。
これにいったいどこに600円の価値があるというの


うっ・・・
ゆ、ゆわれてみれば、確かにそ、そ、そうかも。。。(汗)
100円均一ショップに行けば、似たような品があったかもしれない。
それに、うん、確かに、デンマークの産地を表すモノもない。
600円。。。出し過ぎたかも。。。(汗)

「そういえば、おまけに、これ、
あんまりピカッと光らないね?!
600円もしてるのに」と、いうワタシに、オット。

「え?そう?
反射板は、だいたいどれもこんなもんでしょ~

う。
うーん。
ここにもまた、価値の見出す感覚の違いが。。。

ま。。。いっか。
ただ今となっては、
600円デンマーク産のコレと、
100円国産のソレと、どれほど、ピカッが違うのか。
すごーく気になっているワタシなのでした(苦笑)



1113re (2)



モノの価値観の違いは、よくよく思うと、
じつに、奥深く、興味深い。

ワタシは音楽にはまったく興味がないので、
「げーっ!」と驚いてしまいますが、
オットはときおり「幸福ー!☆」と、
何万円もする、古びたレコードを購入しています。
(本当に背表紙とか、ボロボロなのです)
おんぼろじゃんー!と思うのは、ワタシの価値観で。
オットの思い入れたっぷりのソレとは、ぜんぜん違います。

また、ワタシが素敵な(そう、たいへんに素敵な、です)
コートなど買うと、
「えっ!それで○万円もするてか!
ユニクロだったら5000円やで~」
いいえそれとは、思い入れが違うのですっ!(ユニクロもいいけど!)

はたまた、あるいは。
滅多にお会いしないのですが(盆暮れ程度)
オットの義理の兄は、腕時計が大好き。
もぅ相当のコレクター気質で、
ふつーうに洒落た時計なのですが、
モノは試し☆とお値段をそれとな~く尋ねると、ドン引き!
「ぎゃーっ!車1台買えるーっ!」
(もちろん、フェラーリ級ではありませんが、それでも!のお値段!)
これには加勢もあって(笑)
オットとワタシ、にくわえ、
後方に居た、義父と義母も、あわせて4人で、
ぎゃー!と言って、一緒にひっくり返りました(苦笑)

帰り道オット。
無印で買ったら5000円やで」
オットの、衣類やファッショングッズの価値観は、
すべてそこに表現出来ていると、思います(苦笑)



1113re (1)



オットと価値観が同じなことは、ちま。

ちまについて、思うことは、似ているかなぁ?と、思います。
たとえば、ちまのごはんやおやつ。
「お値段張っても、生産も製造も食材も、国産のみ」
オットやワタシは、ジャンクでもな~んでも構わないのですが、
こと、ちまについては、気にしています。
小さなカラダなので、気をつけていたいなと。

この、1点。
この、ちまへのすべて、を1点としますが、
この1点さえ同じなら、問題なし。
ワタシとオットは、うまくやってゆけます(笑)

ちまのためならエンャコラ~
ではなく、実は、
ちまのおかげで八方丸く~なのでした☆

とま。
ひとまず、反射板・デンマーク産(苦笑)
効力発揮して貰いましょう!

ちまの安全確保に、つとめます☆



1113re (4)



追記

ゴディバでいつも思い出すのは、
子どものころの、そのお値段での衝撃!がありますが、
それと同時に、思うのは、
教科書だか歴史書籍だか何だかで、見たことのある写真のこと。

GHQから貰ったとかいう、生のパイナップル。
立派な葉っぱつきの、ど~ん!とした果実の状態。

そのパイナップル1個を、
居間のちゃぶ台に乗せて、
それを取り囲むようにして、大家族全員が集合して、
記念写真として撮った、写真。
みんな、ちょっとだけよそ行きの姿で、はい、チーズ。

パイナップルがものすごく貴重で、高価であったころのこと。
この写真の家族のみなさんと、
ワタシが子どものころに、贈答で頂いて、家族全員で、
1粒300円もするゴディバを、はじめてくちにしたときの思いは、
まったく同じ価値観だっただろうと思います(笑)

時代は遠くても、高価な品物への価値観は、同じ☆

面白いものだなと思います、価値観(笑)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから