京都人の京都観光。

2015.11.08 14:38|日記
大・大晴天の日。

オットにちまを、まかせて、では行って参ります。
友人と、秋の京都観光に、出発~。

四条河原町で、午前中待ち合わせをして、昼食から開始。
気軽なビストロ。
ランチメニューも豊富で、楽しい。
始まりには、京都は美山産のお野菜を
ふんだんに使った、エスカベッシュサラダをチョイス。

美味しいお食事と、半年振りに会う友人との、
愉快なおしゃべりとで、幸福っぷりを満喫。



1103ra (1)



のんびりごはんのあと、
ぶらり歩いて向かうは、祇園方面。

四条大橋から東を眺む。
京都南座近くは、工事中で、景観少々バツ×。



1103ra (2)



すーごい晴天で、汗ばむくらい。
爽快な空気に、気持ちが弾む。

四条大橋から、北を眺む。



1103ra (3)



おしゃれに敏感な友人に連れられて、
訪問した先は、こちら。
祇園白川にある 『PASS THE BATON』

その環境も、その店のたたずまいも、ぜんぶ、洒落とります。



1103ra (7)



こちらは、現代版・セレクトリサイクルショップとのこと。
“NEW RECYCLE”をテーマに、
著名人から個人から、参加者の高い美意識でもって選ばれた、
今まで愛用してたけど、今はもう自分としては不要になったモノ等を、
出品者の人となりを伝えつつ、次のオーナーへ。
バトン(愛した品物)を渡す、と。

東京は青山にあるお店に、友人は行っていたそう。
東京は、いの一番から、やっぱ、洒落とるなあ~と思ったりしながら、
輝く店内を、ぐるり、見渡す。

お店の二階から、川を眺む。

やっぱり空気が、清清しい。
気分、よし。



1103ra (4)



お店の、川沿いからでナイ側からの、入り口。

かつてこちらは、天ぷら屋さんだったとのこと。
正しき、祇園らしい風情のある、お店だったんだろうと思う。
情緒、どっさり。
いや、たっぷり。



1103ra (5)


『PASS THE BATON』
とにかく、こまごま、品物があって、
それらが美しく展示されているから、なかなか楽し。
冷やかし、満喫。

友人は、おめかし好きだった、亡きおばあちゃんの
たくさんある指輪やネックレスとか、
個性的なブツが好みだった、これまた亡きおじいちゃんの愛でていた、
シカの角とか、古美術の壺とか。
ちょっと、近く査定して貰おうかな、と、店員さんにいろいろ質問。

お店の持つ美学にそぐうか、ピシッと審査?がある模様。
そりゃそうだろな。
だってここは、ハイブラウなリサイクルショップだもの~

川沿い側の、出口。
とてもきれい。



1103ra (6)



ダンスコ(茶色の靴)は、
長時間”歩く”のは、向いてない。
と、思いながらも、
不思議。
祇園なら、なんとなく、気ままに歩くことが出来る。



1103ra (13)



1103ra (9)



1103ra (8)



京都に暮らしていても、
この界隈をはじめ、祇園エリアは、
「京都に来たなあ!京都っぽいわぁ~!」と、
京都人(友人は生粋)でも、気が浮かれる。

アジアからの、というような観光客もわんさか!いたけど、
祇園白川の小橋の上で、
白無垢の花嫁さんと新郎さんが、記念写真を撮影してた。
さぞかし、京都情緒たっぷりの、結婚記念写真になること、間違いなし。



1103ra (10)



街中を流れる川だけれど、地元のみなさんの愛いっぱいで。
小魚も泳ぐし、野鳥も訪れているし、立派な自然が、ここに。

誰がどう撮影しても、美しい白川が、ある。



1103ra (12)



日が横向きになってきた。

地面に映る影も、細く、長く。

影の自分は、まったくの、別人。
次にこの世に縁がヒトとしてあったら、
こんなスタイルでお願いしたい、神様・仏様。



1103ra (11)



舞妓ちゃんや、芸妓さんが使う、特別な履物。
実物は、思いのほか大きくて、そしてやっぱり、美しい。



1103ra (14)



軒を連ねる人気店。
和菓子屋さんやら、雑貨小物店やら、喫茶店やら。
お客の出入りが、めまぐるしく、頻々と。

観光地だなあと、改めて思う。
それくらいに、ひと・ひと・ひと。



1103ra (15)



祇園散策を半日堪能して。
四条大橋まで戻って来て”出雲の阿国”さんを見上げる。

阿国さんが、この河原で個性的な踊りを披露していて、
それが大人気の大好評で、大評判となった。
それが、歌舞伎のはじまり、とも言われている。
ことの、はじまりの、はじまりの場所が、ここ。

阿国さん、カッコイイ。



1103ra (16)



どれだけ晴天だったとしても、そこは、秋。
日が傾きはじめると、日のかげり具合は、早く。

青い空が、紺色の空になってゆく。



1103ra (18)



街中へ戻って、京都観光から日常へも、戻る。

カフェでお茶をして、小休止ののち、
普段使いの、ハンドクリームや口紅。
冬に備えて、肌着を買い足したり、
外国へ住む知人へ送る用の、
クリスマスカードや、年賀状を購入したりする。
必ず使うから、必ず消えてなくなるモノたちだけど、
そういう小さな買い物は、
散財しても、罪悪感から一番、遠く。

買ったはいいけど、1,2度しか使ってない
ストールとかは、なんだか、なんだか
「ごめんなさい」と思うんだけど。
それが待ち受けてないから、買うのも、楽しい。


友達と、半年分、話した気がする。
この半年間にあった出来事や、
この半年間になかった出来事なんかを、
思いつくまま、喋る、しゃべった。


京都の天気はサイコーで、
友達ものんきでサイコー。
サイコーの、京都観光の1日で、
すべてが、サイコーだった。



1103ra (19)



また、でかけよう。
京都は、うん。
やっぱり、ちょっと、テンション、あがる(笑)




ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

こんにちは。

初めまして。

京都と入ったブログ名に惹かれて、ブログを拝見させて頂いてます。
青空の中の京都とても素敵ですね。
京都が大好きなんです。
最後の行ったのは2年前の11月初旬でした。
そんな街に住まわれているなんて、羨ましい限りです。

ちまちゃんのお話しも、楽しく拝見してます。

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます☆

アリス様、

こちらこそ、初めまして。
お立ち寄り下さり、ありがとうございます☆

この日の京都市内は、本当に清清しい晴天で、
空もとても透き通って青く。美しい日でした。

> 京都が大好きなんです。

ワタシも(笑)
生まれ育ちは東京なので、生粋京都人ではないのですが、
もう人生のほとんどの時間を、京都で生きて来ています。
それでも、まだまだまだまだ京都は”発見”と”感嘆”の日々です。
そして、名所旧跡へ出かけると、気分はいっぺんに観光客に(笑)
「京都キター」みたいな(笑)写真撮りまくります。

> 最後の行ったのは2年前の11月初旬でした。

11月の京都は、素敵な時期ですよね。
バカみたいな暑さも終わり、
腹が立つほど冷える時期もまだで。

またどうぞ、おこしやす(←京ことば:笑)
そして、またこちらのブログにも、
お気が向かれましたら、どうぞお立ち寄り下さい☆
ありがとうございました!

No title

京都観光、うらやましい^^


私が初めての京都へ行ったのは去年の6月でした、まだ豆粒くらいのムスコがお腹の中に居た時。もう少し大きくなったら、今度はそのムスコと一緒に、京都へ行きたいなーと、勝手に思ってます(笑)

ちまちゃん、こたつムシの季節到来ですね。
風邪などひかれぬよう、お過ごし下さい☆

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます☆

U-mi様、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます☆

京都観光、ハイ、堪能しております~(笑)
u-mi様も、またぜひおこしやす、京都~

ただし、ムスコさんは、少々先でもよいかもしれないですね(笑)
お子さんに京都は「なんか古くせ~町」と
思われやすいといいますか。
修学旅行生でも、今はデズニーいえ、ディズニーランドや
ユニバーサルスタジオとかの方が、思い出に残るのでは。

京都や奈良の味わいの深さなどは、
もっと年齢が熟してからでも。
ということで、ご主人とラブラブ~な
第二第三の新婚旅行で(笑)おこしやす~

> ちまちゃん、こたつムシの季節到来ですね。
はい。
玄関へお出迎えも、ずいぶん減りました(苦笑)
おこたにワタシ、負けてます。。。

u-mi様も、お体ご自愛下さいませ☆
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから