ちま、おこた・ラブ☆

2015.10.21 02:37|ちまのこと
「ちま、ただいまぁ~☆!」


と、鍵を開けるも…
むむむう。
玄関に、ちまの、歓喜のお出迎えが、ありません

これが、春や夏の時期なら、とっても心配です。
「ちま?!どうかしたの?!」などと、
大慌てで靴を脱ぎ、心臓をバクバクさせながら、
猛烈ダッシュで居間へかけつけましょう。

でも。
でも、今なら、分かる。
まったくもって、大丈夫なのです。
あぁ、今年も恒例の季節が、やって来たな、と。

ちま。
おこたに in  して、寝ております

こちら、ひとつの基礎体形。
パターン2

↓ おこたをお布団がわりに、ドッグベットで爆睡・スタイル



1020v (1)



1020v (2)



出て来やしません(笑)
それどころか、微動だにしていないな、です。

ワタシが帰宅をして、数時間ぶりに会うというのに(笑)
ピクリとも、動いてくれようとは、しないのです。

なぜなら、ちまは、
大のおこた好き!だから!
なのですー



1020v (3)



ちまの、おこた好きは、本物なのです。
おくちがきけたら、ちまはきっとこう言うと思います。
「おこたの中が人生で、一番大好き」と。

この写真構図は、基礎体形パターン2と記しましたが、
パターン1というものは、
ずばり、おこたの中にいるです。


外出から帰宅すると、ちまの姿は見えません。
完璧に、気配すらないのです。

玄関で鍵をガチャガチャさせながら、開けて、
どすどす歩いて居間へ入っても、ちまの姿は、なし。

そして、おこた布団をめくりあげますと。
ちま。
まるっとまーるまる、丸くなって、寝ているのです。

寝ながら、
ごきげんなときは、
寝ながらその場で(おこたの中)しっぽだけ、パタパタ振ってくれます。
しっぽだけです。
しっぽだけ、動かして、一応喜んでくれています。

でも、それほど機嫌がよくないときは、
ガン無視です。
見事なほどに、無愛想で、ピクリとも、動かず、無表情。

「ちまちゃん、ただいま。帰って来たからね…」

そう、ひとことだけ、声をかけて、
また、めくり上げたこたつ布団をそっと下ろし、フタ(笑)

どこにもちまが、いる風情もなく戻し、
ワタシは、お台所へゆき、
退社後買って戻った、晩ごはんの食材などを、
冷蔵庫へ仕分けたり、洗濯物を取り込んだりします。

ええ。
もちろん、その間、ずっと。
ずーーーっと、ちまは、おこたの中にひそむのみ
放っておいたら、そのまま1時間近く、ビクともせず出て来ません。

ワタシの存在は、こたつ以下
そう、実感する季節が、到来したのでした(苦笑)



1020v (4)



おこたの中で、くつろぎにくつろぐ、ちま。

何度もいいますが、
帰宅のお出迎えも無しに、時間は流れ、
ワタシは、ときに、日本茶なんぞ淹れて、
ちまのいる(笑)おこたへ「ごめんなさんせ」と、足を突っ込みます。

簡単なニュースを観たり、
パソコンを立ち上げて、メールのチェックなども、したりして。

すると、よーうーやく、ちま、登場(笑)

「お・か・え・りー・・・」と、のーっそり、のそのそ。
おこたの中の暗がりから出て来て、まぶしそう。
目をショボショボさせて、のびをしながら、
よーうやく、ワタシを見つめてくれるのでした。

よーやくかいな、と(苦笑)
ここまでに、短いときで数十分。
長いときで1時間強。

ちまちゃん。
本当に、のびのび暮らしてます(苦笑)



1020v (5)



≪犬はよろこび 庭かけまわり
  猫はこたつで 丸くなる≫ by 雪やこんこ

実家で長く一緒に暮らした、愛犬ルゥちゃんのときにも、
強くそう実感しましたが、
この歌詞に偽りあり、と(笑)

犬は喜び、確かに、庭は駆け回りますが、
犬もこたつで丸くなる、with 猫族、が正解です。

犬族も猫族に、負けず劣らず、絶対的におこた好きです(断言)

おこただけではなく、ぬくぬくストーブ前だとか、
ファンヒーターの温風が一番良く当たる場所だとか。
とにかく、ぬっくぬくのエリアが、大好きだと思います。
お布団の中とか(←一緒に寝る、シアワセ!☆)


とま、とにもかくにも。
ちま。
おこたが出現する季節になると、
おこたが消え去るまで、ワタシへの愛は薄れます。

おこた・ラブワタシ

玄関先で、ちまに、歓喜のお出迎えをして貰うことは、
来春まで、寂しいけれど、サヨウナラ(笑)

ま。
ちま。
ど~ぞ、ごゆるりと。
ぬくぬくしてちょーだい



1020v (6)



おこたでグデグデに飽きたら、お散歩へゆこう。

それまで、どうぞ、お好きに☆



1020v (7)



1020v (8)




京都は先日、グググッと夜に冷え込んで、
ガッタガタにオンボロな、ワタシたちの家(築90年近く)は、
とにかく、寒くなりまして。
とくに、夜。

深夜族なわが家で、痩身の寒がりオットは、
辛抱たまらず「おこた出してけろー!」
震える細身にそう、懇願されると、ワタシも弱い。
哀れに感じて、おこたを、そうそうに引っ張り出しまして。

でも。
でも、正直に告白。

「ワタシも、うれしい☆」

ちまの、ホワホワ寝ている姿を見ながら、
あるいは足元に感じながら(←おこたの中で:笑)
ワタシも、ぬっくぬくと、グデ~~~
これぞ、寒い時期の、醍醐味&至福!☆


おこたでうっかり寝込んで、
風邪にならないように、気をつけます。。。(汗)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから