ちま、誤飲!(涙)

2015.10.08 15:52|ちまのこと
誤飲!

ちまが、ボールペンのキャップ(おしりの方)を
噛んで、のち、飲み込んでしまいました

誤飲という表記は、正しくないかもしれません。
ちまは、誤って飲んだという意識はないと思うから。
誤って飲ませてしまった。
そういう解釈を、人側に向けます。

誤飲・させてしまった。

オットと昨夜から、お通夜のような時間を過ごしています。
そしてもちろん、あらん限りの猛省をしています。


事のおこりは、昨晩夜更け。
遅い晩ごはんのあと。
お晩酌を楽しみながら、クロスワードパズルをしていました。
赤ボールペンをもって。

でも。
つい、寝てしまったのです。
オットも、ワタシも、うたたねを、してしまいました。

いつもなら、ペン類はもちろん、
ちまが、いたずらしそうな用品は、ぜんぶ片付けます。
オットやワタシに、ちょっとした睡魔が襲って来そうなとき。
そんな気配のときや、誰もいなくなって部屋を離れるときなど。
とにかく、気の回る限り、不安なものはしまいます。

でも。
でも、うっかり、うたたねしてしまったのです。

ちまも、この夏に4歳となり、
パピーのころより、ずいぶん大人になって、
いたずらは格段に減りました。
減ったというよりも、無くなったとすら、思っていました。

ボールペンも、正直にいうと、
少しだけ離れる程度なら、テーブルの上に置いていました。
ちま自身、テーブルの上のものに、何かあっても、
もう興味を持たないようになっていたので。

・・・油断しました。


小一時間ほど寝たでしょうか。
ふと、お台所の方から、ガリガリッという音がしました。

「ハッ!」

危険な音だ!
それは、瞬間にそう、分かりました。
飛び起きて、大慌てで、台所へゆきますと、
案の定、ちまが『悪いことするときの場所』に身を潜めていました。

床の上には、赤いボールペンのキャップと、
かじって砕けた本体。
そして、ちまの、くちの中には、たぶん、ペンのおしりの方のフタ。

ちま!だめ!

そう手を出しかけたそのとき、
ちま「ごっくん」


散乱しているペンの破片を集めますと、
やはり、おしりの方のフタ部分が、見当たりませんでした。
ここは、プラスチックでも、やや粘り気のある性質なので、
バッキバキと割れて砕けることはないと思います。
その証拠に、キャップの方は、
ちまが熱心に噛んで、まるでプレス機で
押しつぶしたかのように、ぺっちゃんこになっていました。
どこも、噛み切れてもおらず、割れてもいませんでした。
なので。
なので、もっとも恐れるのは、
噛んで押し広げられて、大きくなったフタが、
ちまの、腸壁を傷つけること。
排泄される前に、腸内でひっかかってしまうこと。。。



1008w (3)



猛省。



1008w (2)



ちまの具合は、いたって、ふつうです。

ごっくん、のあと、深夜最終便のお散歩へゆき、
いつもの調子でるんるん歩き、ちー&うん(←もちろん異物はまだ)
お散歩後も、猛烈に遊んで、コテン。
おやすみなさいで、朝までぐっすり。

朝も普段どおりです。
朝のお散歩へゆき、朝ごはんを食べ、
遊び、お昼寝。
ちー&うんも、つつがなく。

でも、フタは、このちまの、カラダのどこかに、あるのです。
あぁ…ごめん、ちま。
本当に、猛省しています。
ちまは、やはり、遊びや噛んだりすることが大好きな”犬族”なのでした。
いっしょに暮らしていると、それすら、忘れてしまいます。
ちまは、ちま、というか。

4歳になり、性格も遊びも行動も、少しずつ落ち着いて来て、
体調も安定して、食欲もバッチリ。
肌つや、毛並みの状態も良い。
あらゆる生活のリズムも、確立されて来ていました。
そこに、つい、油断が出てしまった。。。

ちまは、犬族。

気持ちさえ向けば、ボールペンを噛んだり、
リモコンを齧ったり、ティッシュペーパーを食べたりするのです。
それを、迂闊にも、油断してしまいました。。。


ネット検索すると【誤飲】記事は、たくさん掲載されています。
ふとした拍子に、思いもかけない誤飲がある。
それを防ぐのは、ひとの配慮しか無い。
犬族には、罪が無い。
だから、本当に、申し訳なくて。。。

詰まってしまったら、命にかかわる事もあるようです。
開腹手術で異物を摘出。
それで命が救われるならば、ちまも、します。
保険適応外なので、凄まじい高額医療費になるようですが、
そんなこんな以上に大切なことは、ちまの、命。

こんな小さい体で、手術、と思うと、泣けてきます。
誤飲させてしまった申し訳なさでも、泣けているのに。

ちま。
ごめん。
ちまは、悪くない。
本当にごめん。

でっかいうんこで、どうか排出されますように。
今思うことは、人生、ただそれだけ。

ちまは、幸いふつうにしているので、
このまま様子を見守り、
(今日は、かかりつけの動物病院が休診)
明日にでも、先生に相談へ行って来ます。



1008w (1)



愛犬と暮らすみなさまにおかれましても、
どうぞ”うっかり”がございませんよう、
どうぞ十分にお気をつけ下さいすよう。
この、間抜け夫婦を、悪の参考に使って下さい。

何歳になっても、犬族の楽しみたい気分は、
気まぐれに起きます。
くれぐれも、どうぞお気をつけを!





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

No title

心配ですね。うちも食いしん坊で何でも食べてしまうのでお気持ちよくわかります。
ほんのちょっとした気の緩みの時に、事故は起こってしまうんですね。

我が家は、主人の薬、軟膏(容器に入った半分位、クリーム状だったのでおいしかったみたいです)、ティシュなどを食べてしまいました。。薬と軟膏の時は慌てて病院へ成分表を持って行って、お医者様に確認して頂きました。お陰様で大事には至りませんでしたが、本当にびっくりしました。ちまちゃんも一日も早く無事うんちにでますように、お祈りしています。あまりご自分たちを責めないで下さいね。

Re: 暖かいお言葉、ありがとうございます☆

凛ちゃんママ様、

暖かいお言葉をお寄せ頂き、感謝しております(涙)

夕方のお散歩のとき、うんをした際、
赤いものが混入していました。
「やった!」と思ったのですが、それはペンのおしりの
方のフタの一部ではなく、先の方の一部でした(涙)
余計な部位も食べていたと分かりました…
うんにまみれたソレを持ち帰り、洗浄して、
齧ったペンの残骸と照らし合わせて、
次なるうんの排泄を、待っています。
出てくれると願って!(涙)

オットの友人が、かつて一緒に暮らした
中型犬くんの誤飲話を聞かせてくれました。
ものすごいモノを飲み込んでいて、仰天しました。
(無事排出されたそうでしたが)

お気にかけて下さって、有難うございます。
凛ちゃんママ様へ、安堵したご連絡が出来ますように!
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから