ちま、名月とお菓子とお散歩と☆

2015.09.29 03:52|ちまのこと
秋の、ひんやりとして来た、気候の中。

こちら。
オット、小さなご縁あって、ちょっとしたお手伝いをしている企画。
『京都レコード祭り』 at 東急ハンズ。
若者よ、レコードで音楽を楽しんでみませんか~な提案イベントのようです。

せっかく、オットも関わっているので、
音楽にはさっぱり門外漢なワタシではありはありますが、
ちらり、売り場を冷やかしに伺い、写真だけ、数枚パチリ☆

若い女性や外国人の観光客?が、とても目に付きました。
なかなかの盛況の様子で、良かったね、と。



0928ot (4)



そんな日々の夜。
月は、中秋の名月のころ

ちまとの夕暮れお散歩のときにも、見上げ。
夜、オットも一緒にゆく、本日最終便・夜お散歩のときにも、
見上げてみました。

自宅のある、立て込んだ住宅街の片隅から見ても、
月は、月(苦笑)

澄んだ、夜の冷えた空気のなか、
薄青い墨汁のような色の夜空に、
やさしく、光りがにじむような月が浮かんでいました。

ちま。
お月さまが、きれいよ。
見てごらん。

と、言っても、言うだけ無駄っぽい(笑)
風流から程遠いところに暮らす、ちま



0928ot (6)



という、ワタシも、風雅からうんと遠くに生きとります

月見団子でなく、おまんじゅうが食べたくて。
勤務後、ダダッと百貨店地下へゆきましたが、
和菓子売り場はなかなかの、繁盛振り。
小豆が美味しいと人気の”仙太郎”は、レジ、行列。
みんないったい何を買うんだろう?

などと、へ~へ~思いながら、並ぶことがイヤでパス。
でも、じゃあどれがいいのーワケわからんーとなり、
素朴そうなそば饅頭を、購入。
本当は”とらや”辺りの、上生菓子なんかポワワワワ~ン☆
希望でしたけれど、夕方時に行っても、店頭にある訳無し。
人気店の和菓子は、高級価格でも、お構いなしです、いつだって。

ちょっとごわごわした甘みでしたけれど、
濃い珈琲と一緒に、楽しみました。

花より団子。
月見はまんじゅう
(笑)



0928ot (7)




インターネットニュースで、
”愛犬と一緒にアウトドアへ~”という記事を見ました。

どれどれ、とページをめくると、
雄大な大自然の中に、テントを設営して、
その中に犬たちと一緒に寝ているヒト、だとか、
大きな樹木が連なる山並みを見ながら、
ハンモックを吊り下げて、犬と一緒に眺めているヒト、だとか。

とにかく、圧倒的に壮大な大自然の中を、
愛する愛犬と一緒に、満喫!☆している人々の写真が、ありました。

いいなあ…ステキ☆☆☆(←単純妄想)

で、ふと。
そんなゴージャスな景色を、
犬たちも「美しいなあ!」とかなんとかっていう類の、
賛美だとか、感心だとか、するのかしらんと。

出来ることなら、感激していて欲しいなあ。
「きれいだね」とか
「素晴らしい眺めだよね」だとかって、
愛する犬と、同じ感動を分かち合えたら、
本当に素敵だと思うから。

犬族は、情緒豊かないきものだから、
言葉は持たないから、言えないだけで、
実はココロの中では、
何かきっと、思っている、と、思うんですけれど。
どうかな。

ラズベリージャムと、ブルーベリージャムが
まざったような、豊かな色彩の夕日とか、
上等な生卵の黄身のような月が、深い静寂の夜空にとか。
一緒に「素晴らしいね」なんてことを、
犬族と、しみじみ言い合ってみたいですー
(↑ あらっ!食べ物連想ばっかし!:苦笑)

雄大でも壮大でもない、
近所の街路樹のしたで、
大自然ではないけれども、
”自然な”行為をする、ちまの図。

絶賛・大放流です(笑)


0928ot (2)



0928ot (5)



”自然”は、いつだって、ありがたいことで、
いつだって、感謝の対象です。
自然でいられることは、真実、すこやか☆



0928ot (3)



夜空が美しかったり、
食べ物が豊かになったり。
気温が涼しく落ち着いて来て、
絶好のお散歩が出来るようになって来ました。

秋。
素敵です☆





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから