ちま(の飼い主)芸術らしき秋☆

2015.09.08 02:00|ちまのこと
食の欲だけでは、秋は完成しないでしょう。
そう。
少しは高尚に。
ゲージツ(芸術)も、わが家に呼び込んでみます。

〝咳をしても一人〟 

尾崎放哉の、ド直球有名な句。

最近、芥川賞受賞された、芸能人で作家の又吉氏。
立ち寄る本屋さんは、氏の書籍やポスターがいっぱい!
本当に今、日本国内で、最高にときめいている方のひとりでしょう。

氏は、文才もおありながら、幅広い読書範囲が有名らしく、
受賞前後に、さまざまなテレビ番組で、
おすすめ書籍を、あげてらして。
その中にあったのが、尾崎放哉
俳人です。

ワタシは読書は好きですが、
短歌や俳句の句集は、気まぐれに眺める程度。
たんに、正しく、眺めているだけで、中身は、とんと(笑)

なので、尾崎放哉の句も、
たったこの一句をのみ、知るだけです。

〝咳をしても一人〟



0903c (5)



なんだか、神妙な思いの残る句だなぁ。。。
よく分からないけども(←心情告白)

オットにそう、つぶやくと。
「ボク、大好きやで!尾崎放哉!☆」

あら。
そうなの?

「うん。いくつか知ってる」

ま。
そう?

”鳥が飛んでいった”
ふ、ふぅん。
”墓のうらに廻る”
え、えぇ。
”入れものが無い両手で受ける”
う、うぅん。

「スゴイと思わへん?
いやあなんというかなぁ、
奥深いというかー味わい深いというかー」オット。

「どうすごいの?」ワタシ。

「うっ…しら~ん☆!」オット。



0903c (2)



こういう句のことを【自由律句】というそうです。
意味や決まりなど、詳細は、知りませんが、名前は知ってます(それだけ)

オットが古びた句集を持っていて、見ると、
尾崎放哉の句が数点、掲載されていました。

中で、キラキラキラッ☆と
ワタシに輝いて来た句がふたつ。

〝うそをついたような 昼の月がある〟
〝ひどい風だ どこまでも青空〟


なんだか、ふわーっと、情景が勝手に浮かぶ。
ワタシの中で、世界がいっぺんに、出来上がって、
空気とか景色とかに、出会う。
そんな感じが、体感出来る、句だなぁと思って。
とても、ココロが動かされました。

「それだけで、じゅうぶんイイんと違う?」と、オット。
そうかもしれません。
感動に理由はいらない。



0903c (4)



ワタクシ、町内会の組長の今。
この夏、地蔵盆の役員をしているときのことでした。

次の、ちびっこ達へのイベント下準備で、
設営されたテントの中で、ヨーヨー釣りのコヨリを製作していたとき。
町内会役員の一人の方が「ルゥさんルゥさんちょっとちょっと」と
ワタシを手招き。
いつもニコニコと穏やかそうな、高齢男性。

近くへゆきますと。
「これ見て下さいよ」と。
手に冊子の切り抜きがありました。
そこには、数十種の川柳が掲載されていました。
「わしが書きましてん」と、役員さん。

がさーっとした格好でいつもおいでなので、
正直「意外」と思ったことが、まず。

川柳も、まったく不案内なワタシ。
ですが、興味深く、拝見させて頂きました。
(内容のよしあしなぞ、皆目分からないけど:大汗)
 
そこには、お酒となかなか艶っぽい句がたくさんありました。
「へぇ~!☆意外」
内心でワタシは、さらに、不思議な気持ちになりました。
この穏やかそ~うで、にこやか~なおじいさんだけれど、
昔の若いころは、酒豪で、色っぽいことが
いろいろあったんだろうなぁ!と。

毎日何十種も、川柳を書き留めておられるそうでした。
芸術の秋が来ずとも、この役員さんは、毎日、ゲージュツ!☆



0903c (6)



美術作品を鑑賞することは、若いころはとても好きでした。

絵画・彫刻・映像・音楽・パフォーマンス。

現代美術といわれる範疇のモノが、好みでした。
でも最近は、なんだか、鑑賞するために先にお勉強をしないと、
さっぱり解釈出来ない。
作家についても、背景を。
作品についても、その理由を。
そんな感じに思えて。
「あーハイハイ分かった分かった(わかんない わかんない)」と。
あまのじゃくなワタシは、気分、ツーン(←子どもか)

今は、昔の美術に、惹かれます。
和洋問わず、過去のもの。
圧倒的な、美。
圧倒的な、自由。
その、圧倒的な芸術性に、ひれ伏す。
「おそれいりました!」と、打ちのめされる。
そんな、美が、今好みです。


愛犬と歩く 横にオット by ワタシ

どう?
ちま(笑)



0903c (1)



急に、夜の冷え込みが出て来ました、京都。
本当に、急です。

痩身のせいか?寒がりなオットは、
もう「お布団太いのにしてー!」と、懇願して来ています。

早朝、オットを見ると、
半分くらいに折りたたんだような格好で、
小さくなって寝ているので、情けをかけることにして(笑)
あいもの布団を出してあげました。

真冬仕様のものでもなく、もちろん夏ものでもない。
お布団、ここにも、秋到来



0903c (3)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから