2017.04.17 00:02|ちまのこと
先週の火曜日に「どうも風邪っぽいな…」と感じて、
葛根湯を飲みました。

翌、水曜日も葛根湯。

何となくやり過ごせているように思っていましたが、
金曜日の退社後。
咳が出始めたので、こりゃイカンと、
となりの町内にある、小さな耳鼻咽頭科へ。
お薬を処方して貰い、就寝。

翌、土曜日の早朝。
あまりの体のだるさに、目が覚めました。
検温するとなななんと38.5度!
こんな高温、見たことなかったので、ドキドキしました。

冷えたオレンジジュースをガブガブ飲んだり、
お白湯をじゃんじゃん飲んで、検温したら37.5度。
ちょっと落ち着いたかワタシ?と思いながら、
出勤の支度を…と思うも、やはり、だるい。。。

再度検温したら、なななななんと38.9度!!!
ぎゃーーーもうダメーッ(←気持ちが)!!!
倒れそうーっ!
てか、倒れさせてーーーっ!!!

震える手で、面目なく思いつつも、
(激しい人員削減中につき、
職場はもはや常に人手不足状態なので)
今日はさすがに出勤かないません!と、電話。

お白湯をあびるほど飲み、ふらふらとヨロめきながら、
寝室へ向かったのでした。。。



感心した、といいますか。
感動したなあ!ということには、ちま

ワタシが体調不良で、じー…としていると、
ちまも、じーっとして過ごしてくれたのです。

いつもなら
「ボールであそんで☆」とか
「ボールなげて☆」とかって来そうな時間帯でも、
おねだりもお誘いも無し
ちまも、じーっとおとなしく、してくれていたのです。



0416y (2)



寝室へゆくのは、基本夜、寝るときだけです。

寝室には、衣装タンスもあるので、
季節の衣替えの作業の際には、
ちまも、一緒に連れて寝室へ行くのですが、
だいたい、暴れます(苦笑)
「ここはよる ねるときだけだよ」と、
ちまは、そう認識しているのか、
わーわーするのがつねなので、
ちまも連れてゆくことは、ちょっとためらいました。
が、
あまりに体調不良だから、もう寝室でがっつり寝たい。
そう思ったので、思い切って、
「ちまも一緒に寝てくれない?」と。
ちまも寝室へ連れてゆきました。with トイレシート必須(笑)

すると、ちま。
やっぱり、じーっと。
寝室で、一緒になって、寝てくれたのです。
昼日中の、いつもなら遊んでいる時間帯。
にもかかわらず。
ぶうぶう文句も言わず、長時間、じーっと寝てくれたのです。
その、ちまの姿は、
なんともいじらしいものでした(じぃん…涙☆)

犬族って、本当に心の優しい種族なんだなあ。
そう、本当につくづく実感しました。

介護犬や介助犬。
盲導犬や救助犬などなど。
使役犬として、日夜奮闘してくれるのは、
本当に、犬族だからこそ、なし得るものなのだと思いました。
優しくて、思いやりがあって、気配りもしてくれる。

ちまは、なんの訓練も受けていないけど、
体調の弱ったワタシに、気持ちを寄せてくれた。
だからこそ、じーっ…と静かにして、過ごしてくれたのだと思います。

その証拠に、
ワタシが平熱に戻り、
ポカリスエットを飲みながら、晩ごはんの支度を始めたら、
「ボール なげて☆」と、
大好きな愛用布ボールを持って、
ワタシにつんつん、して来たのでした。
もう大丈夫?あそんでくれる?という感じでしょう。

本当に、いじらしくて、愛おしかった…(涙)☆

ちま、宇宙の果てまで、ラブ!!!☆☆☆

ちまから今回たくさんの
<おだいじに>を貰った思いで、いっぱいです(感涙)




0416y (3)



皆様におかれましても、
この不安定な春の気温差。
どうぞお気をつけ下さいませ。



0416y (1)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから