2017.04.10 02:17|受:ワタシ病気録
結論から言いますと。
再手術はA病院で、と決めました。

決め手の大きなものとして、
開頭手術の年間執刀数の多さ、です。
片側顔面痙攣の執刀数ももちろん、
再手術の患者も多く引き受けていることも大きい。

前回の約4年近く前の、手術のとき。

ワタシなりにネット検索や、情報収集をした気でいましたが、
とにかく”家から近い病院で”が、最重要課題でした。
高齢になる両親のことを考えて。
そう先に記しましたが、
真実は、自分自身の不安払拭のために、だったと思います。


今まで入院した体験も一度としてない私。
不安でいっぱい。。。
さすがに親に添い寝を、とまでは思いませんでしたが、
それでも内実「しょっちゅうお見舞いに来てね」と願っていました。
実際、両親は日に3度4度と訪問してくれ、
用事の無いときには、ずっと付き添ってくれていました。

使用したタオルや下着、寝巻きも毎日交換。
洗濯をしてくれて清潔爽快なものだけを、日々準備してくれました。
母にいたっては、寝巻きまで毎度アイロンがけ!を!
「病院で入院していたら、
どうしてもくたびれて見えるから。
せめて寝巻きくらいはシャキッとしてなきゃ☆」

そう言って、毎回全部ピシーッとアイロンがかかっていました。
2週間、ワタシはまるでホテル暮らしをしたような。
有難いことに、そんな凄い入院生活を送ることが出来たのです。
感謝。
そして、今回は、反省。
そういう周辺のことより、医者選び。
これに集約せねば!と。

それで、受診先を、地元より大きな近県に求めました。

そして、今度は、自分ひとりで入院手術に挑もう。
そう決めています。

ちょっと話は脱線しますが。
ワタシには子どもがありません。
暖かく大いに甘やかしてくれる大好きな両親も、
いつか必ず川の向こう側へ行ってしまいます。
(考えたくないですけども!涙)
そして、オットも。
ワタシより年上なので、たぶんワタシより先にあちら側へ。
そうなったとき、ワタシはひとり切りです。

姉が1人いますが、
姉自身、会社人として、妻として母として超多忙。
姉の家庭、姉の暮らしがあるので、面倒をかけたくない。
どうしてもというときには、頼むこともありましょうが、
極力は考えない。
今回のこの入院手術は、
ワタシの人生にとって、非常に良い事前学習体験になる。
そう、思っています。


図書館で、病気等に関する本を数冊読みましたが、
そのいずれも、家族に大きな負担をかけていると思いました。

家族なのよ、負担だなんて水臭い。
そういう意見もアリでしょうけれども、ワタシは少し違う。
ある著者さんは、半年間、里のお母さんが、
病院のある都会へ越して来られて、看護されていました。
ある方は、妹氏が毎日付き添っておられたり。
とにかく家族全員が総出で、病人と関わっている。
これは、本当のところ、当事者も辛いんじゃないか。
そうワタシは思うのです。
迷惑かけちゃってホントごめんね、と、
常に心のどこかでお詫びしていると思うのです。
長引けば、どんどんそれは、重く深くなる気がする。
勿論、手助けしてくれる家族側にも、諸々負担が…
なので、ちょっと奮闘してみよう。
そう思っている次第なのです。

今ならまだまだ、いざというときには、親がいます。
しんどいのよ、どうあってもつらいのよ、と、
気楽に泣き事を言える、オットも、います。
だから、今なのではないか、と。
体験学習。
奮闘してみようと、思っています。


ほかにワタシが学んだことには。
”ネット情報でヒットして来ないものは、
重要視されていないものである”
ということ。

乱暴な言い方かもしれませんが、そう思いました。
その情報が正確かどうか、詳細をより調べることは必要です。
それでも、ネットにあがっていないものは、それ以前の問題で、
検知の位置にすらないものなのだと、思いました。
ワタシの前回の執刀医の手術法が、
どこにも何らヒットしなかったように。。。

クチコミ情報は、関係者のサクラ意見が往々にしてあったり、
操作されているものも沢山あるだろうと推察します。
でも、それでも、そこから自分で、より慎重に探れば良いのです。

きちんとした病院では、ホームページに
様々な情報公開を載せています。
手術方法や年間執刀数は勿論、
研究内容や発表成果。
研修の様子や、医師の経歴等多角的に載しています。
世にあるであろう情報という情報は、片っ端から調べ上げること。
そこから、実際診察受診をして、
医師へ聞く・質問する・相談する。
そして、判断する。

それからもうひとつ。
周囲の意見も、聞くこと。

悩んでいるとき、人はすべてが弱っています。
そんなときは、考えるチカラも同時に弱っている。
今回、諸々の話を姉に伝えたとき、
姉がこう言ったのです。

「あのとき、あのお医者、胡散臭い感じだなあって思ってた。
アメリカではってなにかと言うのも、どうもね。
ずいぶん自尊心があって、押しの強い医者だなあって思ったけど、
手術を受ける当事者(つまりワタシ)が、信頼してたからねえ。
外野は余計なこと言わないのがいいって思ってたのよ」と。
言っといてッ!!!(滝涙)

でも、そのとおり。
ワタシは当時、その医師のその”押しの強さ”こそが、
頼りがいのあるお医者様の証し、と感じていたのです。
どんな患者も、返事が曖昧で、
「さあどうでしょうか…」だとか「よく分からないです…」
なんて、弱々しい医者になんて掛かりたくないと思うでしょう。
自信に満ちた医者。
当時のワタシには、断然必要だったのです(遠い目…)

評論家の田原総一郎氏の、
お亡くなりになられた奥様が生前、闘病中、
<座るだけで治療になる座布団>なるものを、
100万円で購入していたそうです。
氏がどこかのインタビューで言われていました。
「そんな座布団に座るだけで、病気が治るはずなんかない。
でも当人はそれで治るかもしれないと思ってる。
それを、誰もどうこう言えない」 と。


同じあの医師に執刀して貰って、実際治ったという方がいます。
いるので、これはワタシの想像でしかありませんが、
その方は、もしかしたら施術方が、
ワタシと違ったのかもしれないな、と思います。
筋肉組織を削ぎとって挟む、ことをせず、
当時広く用いられていた、何かの素材を挟み込む方式。
それだったのかもな、なんてぼんやり思っています。
どうあれ、治られているのですから、良かった。
ワタシは無念でしたけど、それとの気持ちはまた別ですから。

今度の病院は大丈夫なのか。
今度の医者は、信用出来るものなのか。

それは、分かりません。
分からない、というのは語弊があるかもしれませんが。
今の段階で、考え得ることは、考えてみました。
片側顔面痙攣の手術に明るい専門医がいることや、
年間執刀数が国内でも有数、という現実において、
「その病院を除外する見解は、あり?」と。
そう思いました。

面談した医師からも、
「年間執刀数がすべてではありませんが、
患者さんにすれば、考えるひとつの目安には
なるかと思います」 そう言われました。



愛犬ちまと、2週間、また離れ離れになる。

これを思うと、本当に切なくて、泣けて来ます。
ものすごく、悲しい。
胸が詰まって、重たいです。
でも、2週間のあとには、
もうもう本当に2度との、離れないことを願っています。
ちまに、苦労をかけてしまいますけれど。
そう信じて。

それから、
思い出すだけで身の毛もよだつあの手術。
頭蓋骨に穴を開けるなんてこと、を
人生で2度もする人なんて、そうそういないでしょう。
悩みました。
でも、残りの数十年間あるであろう、
ワタシの人生において、
「あのときにやっぱり再手術に挑んでいれば
良かったのかもなあ…」
なんて、うじうじ思うことが少しでも「ありそう」
そう思うのだったら、決心しよう、と。

また治らないかもしれません。
でも、
もしかしたら、今度は治るかもしれません。
ギャンブルみたいです。
だけど。
治るかもしれない、という可能性がある、という手術は、
やっぱり、ワタシにとって希望の光だと、思っています。

今月下旬に、病院を再訪して、
執刀医の手術予定日と、ワタシの都合等を
すり合わせることになりました。

片側顔面痙攣で、悩んでおられる皆様。
かのように、
ワタシは再手術することを、決めました。

手術でなくても、どうにか対処してゆく術は、
あるだろうと思います。
あなた様にあった医師、病院に
お出会いなさいますように。
そして、何らかの形ででも、
ワタシのこのへっぴり腰な文字が、ちょこっとでも、
お役に立てば幸いだなあと思っております。

煩わしいこの痙攣を乗り越えて、
へこたれず奮闘して、いきましょう!

(って言いつつ、
へろへろのヨワヨワですけれど:涙笑)




018wa.jpg





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから