2012.07.09 14:19|ちまのこと
オットが朝のお散歩のあと、ちまの足裏を拭いていて声をあげました。
「むむっ?!むむむむむっ?!ルゥちょっとコレ見て?!」

どーしたどーしたぃ!!!と、ちまを抱くオットのもとへ駆け寄って、
指示する後ろ足たちの肉球を見ると、ぬっ?!赤い!
血は出ていませんが、ぷにぷにの横というか、奥の辺りが
一部赤味を帯びていました。



006_convert_20120709135957.jpg




トリミングに行って戻って来たときは、なんともなかったのに。
けど、だからといって、たった今のお散歩で、この赤味とも思えず…
なんなんだろう。。。
「明日朝一番で、病院行って先生に診て貰おう!」

そういうことで、1日ちまの様子を見ていましたが、
特別変わった様子も具合も無し。
足裏を舐め回すということも無ければ、痛そうでも痒そうでも無し。
でも、確かに、赤い。
こういうときは、もぅ速攻病院に行き、診察して頂くことが
治療を長引かせないことにもなるし、ちまの負担も減らしてあげられるし、
何より飼い主の精神衛生上、都合ヨロシイ。
先生にちゃんと診て頂きましょう!

で。
朝9時30分診察開始にあわせ、5分ほど早く到着するも、
なんと待合室はもう満杯。
週明けの晴天の朝なのもあるでしょうし、かつ今フィラリア投薬期間中なので、
元気そのものみたいなワンニャンたちもたーくさん来院している模様でした。
(今回は、よって、待ち時間最高に長く、診察待ち⇒診察⇒お会計でほぼ2時間。
ちまも飼い主もぐったりでした…ふへー…)


緊張して、べろベッローンの、ちまの図。
診察室も、気になって気になって、ドキドキのようです。



003_convert_20120709140050.jpg



ち 「まただれか来たよ!」


入り口の監視にも、余念がありません。
ひとりでどんどん、疲れていっている、ちまです(苦笑)



005_convert_20120709140115.jpg



結論から言うと、ちまの足裏の赤味は特定の病名もつかない『軽い炎症』でした。
良かった~ホッ♪

昨夜、ワタシがちらりネット検索をしていたら、
むこーうの方からオットが盛んに
「何か恐ろしい病気じゃない?大丈夫そう?擦り傷とかじゃないのは
分るけど、大病じゃないかな?平気かな?」と、ソワソワしていましたから、よりホッ☆
素人が検索魔王になると、怯えてしまうような病気や病名に行き着きガチなので、
ほんとうに想像だけで、独り相撲的ヘトヘトになってしまいます。

ただ、様子が似ている気がしたので『指間炎』とか、
もしかしたらアレルギーとか。
そういうことも先生にお聞きしてみました。
すると、「そういうのではないですねー」とのお言葉。(再度ホッ☆)

「トリミングのあとから出たバリカン負け…か・も、しれないし、
雨で濡れてムレての炎症かもしれないし。
毛を刈るまで分らなかっただけで、実は前から少し赤かったかもしれないし。
はっきり断言出来ませんが。まぁ、だから軽い炎症ですね」と、動物病院のお医者様・談。
患部がほんの一部だけなので、抗生物質などの飲み薬は
先生の方から「負担になるから、やめときましょう」と言って下さり、
クリーム状の小さな塗り薬を処方して下さいました。

清潔にサッとしてから、1日1~2度程度赤いトコロにぬりぬりだそうです。
お散歩も「よほど砂利道とか山道でなければ、普通で構いません」と言って頂いたので、
帰り道は、オットとちまは、ウキウキで歩いて戻りました☆
(ただ、すごい日射だったので、途中でもぅ抱っこに切り替えましたが)
あ~重篤な病気でなくてヨカッタヨカッタ~☆☆☆

でも、今回ものすごく診察までに時間がかかったのは、
とても大変そうな様子の患者さんが、先に多く居られたから。

ひとりひとりの方々の診察がとても長く、
かつワンもニャンでも「ギャー!」と泣き叫ぶ鳴き声が連発でした。
お仕事とはゆえ、それらに動じられない先生や看護師さんには、
いつだって感服です!
そして、飼い主さん達も、お強い!
診察室から出ておいでになるとき、一礼して下さり
「お騒がせしました~すみませーん」と、スカッと微笑んでも下さいます。
すごい!
すごい愛の深さと、動揺を超えた看病のお気持ち!
イキモノの逼迫した状態に、どーん!と構える飼い主さん達!
ワタシもオットも、見習わねば!(わが家は少々ビビり過ぎかも…汗)
いや、ほんとうに、病院に行くと、ものすごく人生勉強になるなぁ…(じぃん☆)

ただ、ちまが怯えて怯えて可哀想でした。
そりゃあれだけ泣き叫ぶ、あの部屋に、近く自分も入るんですものね。
ちまにとっては、本意ではないでしょうから(苦笑)

先生に、お耳も歯もキレイとお褒め頂き、オット大満足で帰宅、という
とにかくやれやれホッ♪の、へとへとな朝なのでしたー

塗り薬は、帰宅後早速足裏にヌリヌリ。
「舐めさせないようにして下さい」とご指示頂いたのですが、
ちまは塗ったあとも、まったく気にすることもなく、のへーっとしていました。
よほど病院で疲労困憊したようで、こちらとしては便利な初塗りでした(笑)

良かったね、ちま☆
1週間くらい適当に塗らなきゃダメだけど、それでよくなるとイイネ~


ところで。
病院の待合室で、とっっっても可愛いポメラニアンの女の子に会いました。
飼い主さんも、とっっっても可愛らしい若い女性で、
こういうひとこそを天真爛漫というのだなぁ☆と、素直に思う方でした。
すくすくすこぶる朗らかに育った美しいお嬢さんと、
これまた夢のように愛くるしいポメちゃん!☆
最強タッグで、もぅときめいてしまいました~

オットも帰宅後「ちまに最強ライバル現る!て思ったー!
めっちゃ可愛いコやったな!!!(大興奮・ゼーハー)」と鼻息荒めでした。
ポメちゃんって、ほんとう、おめめクリックリで危険なまでの可愛さですねー!
真近でしかもナデナデさせて頂いたのも、初めてだったので、燃えました(笑)

おしゃべりして頂いて判明したことには、
トリミングが同じ『cafe sora+dogsalon wonderfu』さんだということ☆
病院ではなく、いつかあちらでお目にかかれたら良いですね♪と、
お話しさせて頂いて、先に失礼しました。

ちまの赤味が恐ろしいモノでないことと、いろんな飼い主さん達の
タフで強固な、愛するイキモノへの思いを拝見したことと、
そしてこの世のカワイイ~を集結させたみたいなラブリーなポメちゃんと。
動物病院、先生を断然の筆頭に、いろんな出会いの場だなぁー!

梅雨はまだ明けていないので、ちまの炎症をこれ以上
雨露や蒸れさせて悪化、などさせないように気をつけます!



ち 「へとへとなの…」

そうでしょうそうでしょうとも。
お疲れ様、ちまー



070_convert_20120709135801.jpg



水分補給後、コテン、のちまでした。
疲れて寝るのは可哀想だけど、ちまのためーごめんね、ちま☆
早く治そうね♪



113_convert_20120709135909.jpg ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから