FC2ブログ
2018.08.16 13:07|日記
オットとワタクシ、
本日、8月16日はお盆休み☆


世間ではもうずっとお休みですけど~
1日だけでも、お盆休みという(笑)

朝から雨が降ったり止んだり。
雨の隙間をぬって、ささっ。
ちま、お散歩行っちゃおう~☆



0816chi (1)



向かうは、京都・妙心寺
8月9.10日と<お精霊迎え>があり、
(夜店で屋台も少し並んでいました)
16日の今日は<お精霊送り>です。

お精霊送り : お盆の終わる8月16日午前中に行われる。
         お盆でお迎えしたご先祖様が帰っていかれるときに
         お見送りをするのがこの法要。
         


0816chi (2)



法堂の前に、テントがあって、
たくさんのお参りの人が並んでいます。
お坊さんもズラリ。
そちらで卒塔婆をお願いし、法堂内で読み上げ頂いて、
ご供養して貰うようです。

義父母から、自宅で飾っていたお供え物を預かり、
ちまと、持って伺いました。
宗派問わず、このお精霊送りの際、
こちらで預かって下さいます。
川で流す代替わりをして下さっているのです。

その預かり場所も、
仏花やお供えが販売されているテント横にあります。

オットとちまが、あーっちの方で待っている中、
お願いしますと、お坊さんにお預けして、
ワタシの代理・お精霊送りも完了です(←簡易過ぎますが:笑)

たーーーくさーーんのお参りの皆さん。
クッソ暑い中でも(失礼)
厚いご先祖供養信心に、ひれ伏します。



0816chi (3)



このお向かい側に、
地場野菜と果物の販売ワゴン車と、
そして、およっ・クレープ屋さんのワゴン車が☆

買い物好きのオットとワタクシ。
見過すわけが有りません(笑)

とっても美味しそう~で、かつ格安☆な、
20世紀梨を3個購入。
どうでもイイ話ですが、
オット「梨は断然20世紀梨!」
好物の品が、買い物することが出来て、オット。
ものすごく幸せそうでした☆
どうでもイイついでに言いますと、
「林檎は断固、ふじ!」
別に食へこだわるヒト、という事はないんですけど、
梨と林檎へは、ミョーに愛が深いです(笑)
なお、ワタシは何でもラブ☆です(食い意地大王)

そして、当然です。
こちらの真横にいたワゴン車で、
クレープも購入。
〝ヨーロピアン・クレープ〟と有りました。
フランスで食べたみたいな、
素朴なそば粉っぽいヤツかしらあ☆(ワクワク)

メイプル・ウォールナッツ味をひとつ頂きました。
めちゃめちゃ美味しかったですーっ☆!

お散歩基本での外出につき、
持参金が小銭しかなかったのが、残念!
格安なれど梨購入済みですから、いっそう減り、
買えたのは1個だけ。
あれば各自で食べれたのになあー(←食い意地大王・再度)

朗らかで素敵な、英国人男性がオーナーで、
お味自慢されていました。
うんうん確かに美味しいですよー☆でした。
ときどき挟み込まれた、イギリス英語が心地よかったです~

まさか妙心寺境内で、
こういうクレープを頂けるとは、
ちょっと嬉しい出会いでした☆

法要の、手作り灯篭。
お盆だなあ…
夏の終わりの近づきを感じます。



0816chi (4)



幸福もぐもぐのあと、
さ、では帰りましょう~☆

と、ごきげんに歩き始めて程なく、 
ひょえーーーーーーっ!!!
大豪雨!!!

駐車している車の屋根は、
大雨があたって、
その雨が弾いて弾いて、水煙が立ち上っていました!

ビルのちょいとした軒下をお借りして雨宿り。
多少止んだところで急いで帰宅!
でも。
見事に、ずぶ濡れ。



0816chi (5)



玄関まで戻って、ちまを、パシャリ。
ごめんね、大雨でずぶ濡れになったね。
でも。
濡れても、ちま☆可愛いよっ☆(←愛満載バカ:苦笑)



0816chi (6)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2018.08.06 21:31|日記
ちまと、
お散歩で歩いているとき、
ご町内の娘さんに会いました☆


娘さん、というか、お嬢さんというか。
久しぶりに出会ったお嬢さんは、
ぐーんと背が伸びていて、おねえさん、のようになっていました。

「ちまちゃん☆」 と、声をかけてくれて、
お嬢さんは、にこにこの笑顔でもって、
ちまのおでこを、ふっと撫でてくれました。

本当におねえさん、になっていました。

なんだか、とても感慨深く感じました。
なんだか、ちょっぴり、切なくなった、とも思いました。

初めて会ったときは、小学生。
小さな女の子の頃には、
ちまのことを、
もう少し、わしゃわしゃっと。
わわわっと撫でてくれたのですが、
お嬢さんになって、おねえさんになりつつあって。
しっかと、良識と節度あるおとな、になりつつあるのだなあ…☆と。

ご無沙汰ですね、とワタシが言うと、
笑顔で静かに「はいそうですね」と娘さん。

ちまちゃん、と優しく言ってくれた言葉が、
なんだかとっても懐かしくて、嬉しかったです☆



0806yyy (4)



オットの姪っ子ちゃんが、
来年結婚することになったと、連絡が来ました。
ハワイで挙式をするそうです☆(きゃ~すご~い☆)
おめでとうございます~♪

詳細はまだちっとも聞かされていませんが、
姪っ子ちゃんには、以前、恋人君の写真を、
見せて貰ったことがあったので、
ついにその彼と結婚かぁ~と☆
キャッキャウフフな気持ちになりました。

と、同時に、またもしみじみ。
初めて会ったときは、まだ小さな女の子だったのに。
再度、この感情(笑)

他府県に住んでいるので、
年に2,3度会うかなあ?程度ですけれど、
会うたび、どんどん美しい女性になっていって。
めっちゃ可愛い!女の子だったのが、
すっごい美女に。
花嫁姿もさぞ麗しいことになるだろうなあ…☆

って。
姪っ子ちゃんも、
「ちまちゃん☆」と、わちゃわちゃしてくれていました。
懐かしい。。。



0806yyy (2)



若者たちは<成長>というのですが、
オットやワタシは<加齢>あるいは<老い>(泣笑)


そして、何より、
若者たちは、この、ほんの数年だけで、
どんどん優美に変化してゆきます。
ときにたくましく、
ときにしなやかに。
どんどんどんどん、
時間は流れていっています。
その変動の差こそ大いにありますが、
その流れゆく時間は、等しく同じ。
たぶん、ですけれどもね。
たぶん、同じだけ。
流れていっています。

ちまにも、時間が流れています。
ちまには、そんな気持ちはないでしょうけれど(笑)

でも。
流れていっていても、
忘れないものって、いうことがあります。

ご近所のお嬢さんが、小さな少女だったころに、
ちまを、慈しんでくれた気持ちを、ワタシは忘れません。
ちまを見かけると、駆け寄ってくれたこと。
ワタシは、ずっと、忘れません。

オットの姪っ子ちゃんが、
「あそんで」と、
急に出現した”おじちゃんの奥さんになった人”な、ワタシに、
声をかけてくれた小さな可愛い声を、ワタシは忘れません。
どれほど時間が流れても、忘れないでしょう。

時間の流れって、
ときに、甘く、切なく、大切な何かの感情を生み出すします。

それはたぶん。
永遠ってことが無いってことを、知っているからでしょう。
ワタシはもうじゅうぶん、おとなで、
それを知っていますから。



0806yyy (3)



成長してゆく若者たちに、
幸多からんことを☆




0806yyy (5)



別記

不幸なあの出来事で、
人生を打ち切られてしまわれた、
かつての多くの若者の、
失われた輝く未来を思うと、胸が痛みます。
それを見守らんとされていた、おとなの皆様の思いも、
そして、ご自身の豊かな人生についても、
突如奪い去られてしまわれたことを、
本当に、無念に思います。

心から、静かに、黙祷をささげたいと思います。
広島と、長崎に心を寄せたいと思います。



0806yyy (1)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2018.08.05 01:15|日記
夕方のちまの、お散歩へ出かけたときのこと。

オットが、こうつぶやいたのでした。
それも、
つくづくと、しみじみとした口調で、
空を見上げながら、こう。

「夏が終わるね…」

白樺ってますような、わがオット。
  ※ 白樺派:同人誌「白樺」を中心にした、
    人道主義、理想主義、自我・生命の肯定などを旗印に掲げた文学・芸術。
    (↑ 激・簡易、個人的まとめです)
ときどき、はれっ?はらっ?と。
再度聞き返したくなるような、美しくてリリカルなことを、
絶妙なタイミングで、ボカンとつぶやきます。

そ。
そだねー
いえ、もとい。
そうですわね…とわたくし。←明治大正文学風記載。

確かに、もう、日暮れの時間が早くなって来ています。
つい、ほんの、ついつい先日まで、
8時近くまで、しつこく太陽の名残りがあって、
外はずっと明るかった。
けれども、今では、7時を回ると、
薄闇が近づいて来ています。
8月に入ったばかりですが、
オットの言うように、本当にうっすら、
夏の終わりが感じられるようになりました。

ですが。
ですがです。

「夏が終わるね…
何だか寂しくなってしまうね…」
などとつぶやく、オットのその顔は、
これでもか!と言わんばかりの、
汗と脂でギロッッッギロの、テッッッカテカ(苦笑)
首からタオルぶら下げは、勿論。
ギットギトの真夏・酷暑・大騒動、な風体です。
ギャップー!(苦笑)



0804iic (3)



ちまも、本当に毎日暑そうです。

散髪をしても、しても、そこは、長毛犬族。
ぐんぐん毛は伸び、
たちまち<毛皮着用>然となり、ハァハァです。

ちまにすれば、
涼しい空気と、ひんやりとした風吹く秋の訪れは、
待ち遠しいものだろうと、思います。

ちま 「あっつぅーーー…」



0804iic (2)



ワタシも、暑さに負けて、アイスばっかり食べてます。
あと、アイスコーヒーに、
氷を山盛り入れたコカコーラや三ツ矢サイダー。
ああ、カルピスだってがっぷり飲んでます。

体を冷やす食べ物は、あまりよろしくない、ということは、
昨今あちこちで言われています。
なので、十分知ってはいるのですが、
これだけ暑いと、止められません。
ああ、体によろしくないだけでなく、
カロリー摂取も相当過多に…!(心拍数上昇)

涼しくなれば、少しはこれらも減りますでしょう。
(あ、でもそうなれば今度は食欲の秋ですね…ヒソヒソ)



0804iic (1)



とにかく。
夕暮れの早まるこの頃。
オットがつぶやく言葉には、
少し同意することも、なくも、無いワタシ。

子どものころ。

いとこ達やそのお友達たちと一緒に泳いだ、夏の海。
休憩で、少しだけ浜辺にあがって、
焼けた肌にタオルをあてて。
祖母や伯母達、そして母の用意してくれている
おむすびや、夏の果物たちを、頬張りながら、
遠くにある、水平線と、
その上に浮かぶ、真っ白の入道雲と、
海と同じ色をした空を、見つめていました。
そんな景色を、今、
俯瞰した構図で、
眺めるような気持ちで、思い出しています。

お盆が過ぎたら、
海でもう泳げないから。
クラゲが出ちゃうからね。
刺されてしまったら大変だからね。

おとなたちが口々にそう言っているから、
うんと泳いでおかなくちゃ。

おむすびを、口の中に入れながらでも、
また海に飛び込んでいったあの、夏のころ。
今ではもう、水着なんて何十年も、持っていません。
日を避け、
水辺を避け、暮らしています。
だけれども。

夏って、嫌でもどこか懐かしい。
だから、過ぎ去ってしまう瞬間を感じるときには、
ほんの少しだけ、切なさが、生まれます。

また来年、夏。。。。。
また逢う日まで、夏。。。。。。



ってか、もういらーん!夏!!!(絶叫)
これが今のワタシの、大半の気持ちです。
リリカルはこの過酷猛暑現実に負ける!(苦笑)

夏いらんいらんいらんいらんいらんいらんいらん!!!
酷暑ヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤ!!!!!

これ、ウリポか、ダダっていうことで☆

ウリポ : 言語にさまざまな制約や規制を課し、
      遊戯的技法を開発・発見などを通じて新たな文学の可能性を追求した
      芸術集団のこと。
      (↑ 超・個人的見解です)
ダダ : あらゆる既成概念や固定観念等を打ち壊し、否定し、
      何物にもとらわれない自由な発想と表現方法の発信のこと。
      (↑ 上に同じ)

「夏が終わるね」
確かにそれはそうッス。
けれども。
まだまだ暑っっうーーーい!!!(慟哭)
京都、暑過ぎーーーーーーーーッ!!!(涙)



0804iic (4)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2018.07.25 21:35|日記
ちまの、夕暮れお散歩で歩いている
途中でのことでした。

辺り一面がぐんぐん緋色というか、
紅緋というか、紅色というか。
とにかく、
あれよあれよという間に紅く赤くなりまして。


これはもっと赤くなるな!と思い、
急いで自宅へ戻り、
辣腕くん(携帯ミニミニ・デジカメ)を取って、
再度、外へ!

ちまちゃん!
おうちに戻ったけど、そりゃカメラ取りに戻っただけで!
急ぎで空が少し見える場所へ行こう!
ってか、ついてきて!

で。
玄関で待機する、ちまを、パチリ☆
ワタシが若干慌てているので、不思議そうです(苦笑)



0725rgx (1)



ちま、急いで急いで!
悪いね、ごめんね!

(ズドドドドドドドドドーーー!!!)

ちま 「なんだかよくわかんないけど、
    いそげばいいのね?!」

(ズダダダダダダダーーー!!!)

ちまも、小走りに付き合ってくれています。



0725rgx (2)



ズバババババババーーーッ!!!




0725rgx (3)



ちま 「よくわかんないけど、
    まにあったとかある???」


あるあるある、ありがと、ちま!☆

ちまも、紅色に染まっています。
ワタシも、きっとこんな感じでしょう。

周囲を歩く人々からも、
道すがら聞こえてくるのは「空がスゴイ色!」



0725rgx (4)



ワタシの、小さなオンボロデジカメでは、
まったくその色彩を捉え切れていません(涙)

実際は、とにかく道行く人々が、
足を止めて見上げるほどの、
きっぱりと、紅い赤い赤い、紅色な世界でした。

写真に収めているとき、
ご町内にお住まいの、ある奥さんに出会いました。
「ものすごい紅い空やね!」

「部屋にいたんやけど、
窓の外がみるみる真っ赤っかになって、
これいったい何ナン?!なになにっ?って思ってー
どないしたんって思ったわ!
んで外出て見たら、コレ!
さっきは、もっともっと赤かったんよ!
なんか、紅過ぎて、ちょっと異様な感じやねえ!?」

本当に!などと、お返事などしたりしながら、
奥さんとちまとで、空をしばらく眺めました。

「あら、写真撮ってはったン?(笑)
ちょっと通りのそこまで出てたんやけど、
おんなじように、若い人たちも、大勢写真撮ってはったわ」と奥さん。

とにかく「ちょっと異様な感じするやんなあ」
本当に!などと、ワタシ。
バカみたいに、同じ返事しか出来ませんでした(苦笑)

どうしてこんな色になるんでしょう。
夏から秋にかけて、
何度かくらい、
こういう真っ赤っかな夕暮れに、出会いますけれど。
どういった自然現象なのでしょうか。

とにかく、この写真より断然真っ赤、と
どうかご想像下さいませ。



0725rgx (5)



奥さんが去り際、もう一度、
「なんか、辺り一面紅過ぎて、
なんや、異常な感じで、怖いね」
と。
ワタシは、ついぽろりと心底の心情が出てしまいました。

不謹慎かもしれませんが、と。

不謹慎かもしれませんが、
広島と長崎に起きた、
過去のあの悲惨で悲しい出来事のことを、
想起させられます、と言いました。
奥さんはああそうやねえ…と、
そうやったかもしらんねえ、と、静かに返答して下さいました。

あの衝撃に巻き込まれてしまわれた方が、
体験を絵になさったものを思い出しました。
世界中が、見るもの全てが、炎のあかさ。
全てを覆いつくしされていた赤。
すべてが、真っ赤さでのみ、描かれていました。
見たとき、ワタシはそれはもう本当に、言葉を失いました。
生涯、ワタシは忘れることはないでしょう。
忘れられるわけなどありません。
否。
あの真っ赤な絵のことは、忘れてはならないものです。

まだ7月ですが、来月のその日のことを、思いました。
忘れてはならない日のことを、思いました。
当日は、静かに黙祷をささげたいと思っています。

突如にして出会った、緋色の夕暮れの空。
大事なことを、思い出させて貰いました。





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2018.07.23 13:07|日記
※ 絶叫マシーン的・セミの抜け殻写真を載せています。  
  ゾワゾワご要望でない方は、お気を付け下さいますよう(笑)☆


今日は<大暑>だそうです。

それがどうしたぁ!!!(怒)
んな優美な言葉より暑いんじゃぁあ!!!と。
何だか意味無く、言葉をどやしつけたい気分です(苦笑)


暑い暑いーーーい夏の朝!
瞳がギンギン閉まってしまいそうなほど、
ま・・・眩しい。。。
クラクラ…



0723dsq (1)



しかし。
わがオットは、朝からハツラツ&やかましい(笑)

翌朝、勤務中ではない<セミレスキュー部隊>隊員ですが、
ちまとの、お散歩のときには、
近くを通るならば、
必ずセミの羽化・銀座(笑)を確認します。

そして
「おぉお☆!見てみてみーっ!☆凄いでー!」

オットがワーワーしながら、ワタシを呼びます。
ワタシは、オットが指さすところを、
見る前から、もう、ゾワゾワ。

「わざわざ見なくても、だいたい分かるよぉ…(汗)」と、
一応小さく反抗するのですが、
そんナン言わんとお☆
ほらあ~っ見てみてみてみててみ!☆が止まないオット。
あーもうハイハイ見りゃいいでしょみりゃ…
で、ワタシ。

ゾゾゾゾゾゾゾゾゾゾオーッ!!!
(ヒーッ!)


セミの抜け殻、すずなり。。。



0723dsq (2)



オット「こっちもっと凄いで!!!☆」
見てみてみててみーっ!☆
あぁ…ハイハイ見ますよはいはい、見ますともさ…
ワタシ。

ぎよえぇーーーーー!!!(イヤアーッ!)
キッモーーーーーーーーッ!!!


しかし、いったいどんな具合で、
こんな風に重なって羽化しているんでしょう。
不思議でなりません。

不思議とキモキモ。
どんだけーっ!

オットはただひたすらに、感心一途。
「セミたち、みんな頑張ってるよなあ!☆」

感動しぃ~で、博愛な昆虫博士なのでした(笑)



0723dsq (3)



ちま、暑くない?

ちょっと休憩して、お水でも飲もうか~

ベロはまだ出ていません。
まだまだ余裕な、ちま、です☆(笑)



0723dsq (5)



でも、少し時間が経つと、
ベロが出始めます。

「ベロの色を見るのも、大事なんやって」と、オット。

「平常の色合いでなく、
赤く赤くなってたら危険信号らしいからね!」

ハイッ!了解!☆
十分気を付けようと思います!



0723dsq (6)



ベロ、ながっ!(笑)

この長く出て来たベロでもって、
お水をたくさん含んで、
上手に水分吸収してゆく、ちま、なのでした☆



0723dsq (4)



これだけセミの抜け殻が、うじゃうじゃ(汗)
あっちこっちに有る割には、
セミの鳴き声が、やはり今年は少ないと感じます。
カラスのいた痕跡が随所にたくさん見られるので、
おそらく、相当数捕食されているに違いないです。
今年のセミの、悲しい運命だなあ…と思います。

それでもわが家のセミレスキュー部隊活動は、
続くのでありました。
まる。


連日過酷で猛烈な暑さ。
本当に皆様、お体ご自愛下さいませ。





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから