2017.03.30 16:30|日記
『働かざるもの 食うべからず』 だぞっ UQ~♪

ワタシの母方祖母が、これ、しょっちゅう言っていました。
ワタシに(苦笑)


オットと、ちまのお散歩へ出ていたとき。
宝くじ売り場ののぼりに、こうありました。
<ロト6 キャリーオーバー 4億円!>

いやあ~スゴーいっ☆
よんおくえんだって~~~きゃ~☆☆☆
なんて。
買ってもいないのに、ひとり興奮(笑)

「もしも、当たったらど・ど・どうするーっ!?
ねねねっ、どーする?!」

横にいるオットを、ポカスカしながら
そう聞いたら、オット。
しれ~っと、こう言いました。

「別にボクはなんも変わらへんと思うなあ」

ゲッまじで?!
なんでですのん?!

「ちまと、こーして毎日お散歩行ってー
うんー
別になんも、変わらへんと思うなあ~」


真面目か!!!



ワタシは、変わります。
ええ。
変わりますよ!

ちまを、1日中、見つめるだけに
生活は、切り替えます。



0330za (6)



ちまのことを、もう徹頭徹尾、
1日中、見ています。

見つめているだけで、過ごすのです。
ちまの、真横に寝転んで。
ちまを、愛でるだけで、過ごします。



0330za (9)



ちまと、いっときも、離れません。
ひたすら、ちまと、ぐでぐでします。



0330za (8)



こんなのも、愛でます(笑)

4億円あるので、
「デメル、美味しいけど、サイズ小っさ!」
なんてぶうぶうも言わずに、愛でます。
そして、お祝いの日でもなくとも、
2個じゃなく、4個買います(小っさ!)



0330za (4)



部屋中、こんなの飾って、愛でます。



0330za (3)



こういう無農薬のお野菜だけしか、買いません。

あ、ちなみに、こちら。
MY父のお手製・無農薬野菜。
素人園芸家なのですが、借りている畑の土がとても上質らしく、
こんなに小さいけれど、お味はすっごく美味しい☆のです~

無農薬の食材は、スーパーでも割高商品です。
でも、4億円あるから、それも気になりません。



0330za (2)



勤めもたちまち、ただちに、即刻退社します。

ええ、もう、社会人の常識として、
どうかっちゅーくらい、即・辞めます。
規約の1ヶ月前申し出に沿うようには、
まあしょーがなくしたとしても(ブツブツ)
有給休暇消費でガツンと、出勤日数減らします。
ああ最高…☆(←妄想大暴走)

しかし、オットはこう言うのです。

「ボクは、出勤時間、1時間くらい遅らせるか、
1時間早めて仕事切り上げるか。
くらいの贅沢は、するかもな~いやどうかなあ~」


だから真面目かっ!!!


春夏秋冬。
穏やかなものだけに包まれて、暮らしたいなあ。

「4億円じゃ、そんな優美。
無理なんじゃない?」とオット。
うーむ。
案外それが真実かもしれないなあ。。。

じゃあ6億円のキャリーオーバー妄想で!
って。
そういうことじゃないですね(苦笑)



0330za (1)



わがオットは、とてもよく働きます。

働くということが、好きなのです。
どういう形ででも、社会と接して、勤労する。
これを至極ふつうに、求めている人です。
ワタシは、いつも、そんなオットに
頭が下がります、バウ。
バウ、しながらも、でも、
実は「なぞー」と、思ってもいるのです。

ちまと、だけ、
ずっとずっとぐるぐる巻きで過ごしたい。
これの方が、単純に、明快で、
なんのナゾもないんじゃないのかなあ。
そう、思うワタシなのでした。


ああ、ちま。
可愛いなあ~☆(←放置でおひとつどうか)

って。
ちまもたぶん、勤労意欲無いよね?(笑)
どう?



0330za (7)



しばらくしたら、そののぼりは、消えていました。
世間の誰かが当てたのでしょうね。
いいなあ!





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.03.22 03:56|日記
毎日、お散歩へ出かけていますと、
こくこくと、気候が変化していることが、分かります。

日差しの光が違って来ている。
気温が暖かくなって来ている。
ちまの、目つきが「まぶしい」になって来ている(笑)
などなども、あります。



0321oew (2)



そして、ああこの季節がやって来たのね!と。

さくら餅

も~大好き!

ワタシの、今年のさくら餅消費は、すごい量です。
ほとんど、このところ、連日食べとります。
ほとんど、中毒(笑)
晩ごはんのあと
「ああさくら餅・・・」と思うのです。
なので、勤務後の帰り道、ついついふらあっと。
買ってしまっているのですーああ。。。!(肥ボディ維持)

今年食べた和菓子屋さんは、といいますと。
桂離宮前にある<中村軒>さん
出町柳にある<でまちふたば>さん
百貨店でおなじみ<仙太郎>さん
嵐山は渡月橋横の<本家さくら餅>さん
北野天満宮横、上七軒にある<老松>さん
そして、町内の3つ4つ離れたところにある、
小さな町の和菓子屋さん

で。
こちらは、頂き物のさくら餅。
京都・鶴屋吉信さんの、もの。
あ、ちなみに、
京都人はヒトでなくとも、”さん”付けで呼びます。

例題
大丸さん(百貨店)
天神さん(北野天満宮)
弘法さん(東寺で開かれる市)
お豆さん(どんな豆でも可)
おいもさん(どんなおイモでも可)
うんこさん(どんな…失礼。
       でも、バリバリの歴々京都で生まれ育っている
       オットの母は、
       ちまのうんこにも、さん付けです:仰天
使用例 「今日、ちまちゃん、
      お昼間、
      ええ~うんこさん、してはったよ☆」
ビロウですみません(汗笑)


で、この鶴屋吉信さんの、さくら餅。
残念ながら(苦笑)
ひとくちでパクリな、小ぶりサイズですが、
(どうせ食べて太るなら、1度でデッカイ方がいい:笑)
美味しかったです~☆

しかし。
正直に言ってしまうと、
どちらのさくら餅でも、全部美味しい(言っちゃった)
桜の葉っぱの塩味加減と、
中のこしあんの上品な甘味とのバランス。。。
ああ、うっとり。
ワタシ、こういう「あまじょっぱい」ものが大好きなのですーっ
たまりませ~~~ん☆
かつ、さくら餅は、この季節限定というイメージがあるため、
いっそう思いは募りまして、ついつい…(大汗)



0321oew (1)



連日ほおばっていますと、
オットがものすごく呆れた顔をしています。
「太るでー
ってか
痩せへんでー」

春の薄着シーズン前に、ちょっと痩せたいなあと、
先日よりつぶやいているので、それについて、
オットはまるでダメじゃん、と呆れているのでした(苦笑)

しかし。
自分でもこんなに、さくら餅を追い掛け回すとは
思いませんでした。
今年はちょっと異常です(笑)

ってね。
たぶん、味の好みが変わりつつあるんだろうなあと。
5つ6つ年上の友達が、いつだったか
「最近、あんこばっかり追いかけてるのよ~」と言っていました。
ああワタシも、ソレになって来たんだなあ、と。
生クリームの華やかなるケーキより、
あっさりとした甘味の、和菓子の方に、
ココロ引き寄せられています。

「さっぱりしたのが、好みになって来たのかも~」
などと、オットに言いますと、オット。
顔を小さく左右にふりふり、やはり呆れ顔でこう言うのでした。

「分かってへんなあ。
和菓子かって、
どんだけ砂糖使ってる思てんの。
和菓子なんて、砂糖のかたまりやん」

ハッ!
うげっ!
ドキドキドキッ!

た、確かにそ、そうだわっ・・・!!!
NHKの今日のお料理とかテレビで観ていても、
和菓子はお砂糖の使用分量、
「げーっ」と思うくらい、入れてますもんね。

・・・。

・・・・・。

聞かなかったことにして。

この時期のこのたった今だけを、
楽しみたいなと(←逃げ台詞)



0321oew (3)



光に、ちまは、輝きます。

ちまの毛の色は、金色です。
麦畑のような、きれいなきれいな、金色です。

ちまが、輝いている姿を眺めることは、
ワタシの心の平安です☆



0321oew (4)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.02.24 02:17|日記
勤め先で、仲良くして貰っている、
うんとうんと年下の若い女の子スタッフちゃん。

お昼休憩のときなんかに、一緒になると、
ほのぼの~とした雰囲気の彼女。
キッツキツ多忙な職場の中で、ホッとブレイク。
おしゃべりするだけで、ふわっと、和む。

そんな彼女が、年明けから、少し休みがちになっていて。
頻繁にマスクも着用しているから、
体調不良なのかな、くらいにしか思っていなかった。
それが、
違う部署の上司から、こそっとモレ聞こえて来た。
おかあさんの具合が悪いらしくて。
ずっと病院に付き添っているらしいよ、と。

そうか…心配だなあ。。。
おかあさんも勿論心配だけど、
ご家族も、ご心労やお疲れが、それは出るよね…
そう思っている間に、
先日、社内連絡で、報告がもたらされた。

「おかあさんがお亡くなりになられたので、
○○さんは、しばらくお休みされます」


そして、先日、彼女は職場に復帰された。
「私事で、大変ご面倒おかけしました」と。

少し痩せていた。
もともと華奢な女の子だったのに。
まるで、かげろうのように、
はかなく見えた。
透き通るみたいに、はかなく見えた。


おかあさんは、50歳だった。
お亡くなりになられた享年は、50歳だった。

彼女のおねえさんは、去年の秋ごろ、結婚をされている。
おかあさんも、お式に参列なさっていた。

お悔やみを、なんと申し上げたらいいのかと思いながらも、
ワタシは、職場復帰した彼女に、お悔やみを申し上げた。

彼女は、こう言った。
会うなり、こう言った。

「私もおかあさんに、
お嫁さんになった姿を、見せたかったです。
いつか、もしも、私が結婚するときが来ても、
おかあさんに、もう見せられないんです。
花嫁姿。
この姿をおかあさんに見せたかったって、
きっと、私は絶対に、思います。
だから、私は一生、
残念で、
悔しくて
悲しい思いを持ち続けるんです」

そう言って、彼女は、号泣した。
みるみる涙が溢れて溢れて溢れた。
右手で、ぬぐっても、
左手でぬぐってもぬぐってもぬぐっても。
涙が止まることはなく、流れ続けた。

ワタシも、泣いた。
鼻水も何もかも、ワタシも、流した。

そんなこと言わないで。

おかあさんも悲しまれちゃうよ。
おかあさんを、つらくさせないであげて。
おかあさんの方が、きっと。
きっと、彼女の数万倍も、
心残りだっただろうと、思う。
こんな、可愛い娘さんを残して、
川の向こうへ渡ってしまわれた。
本当に、さぞ、ご無念だっただろうと、思う。

こんなにも、悲しいお悔やみって、ない。

子どものころ。
ご近所の、おじいさんが亡くなった。
ぜんぜん親戚でも何でもなかった方だったけど、
ご近所みんなご愛用の、なんでも屋さんを経営していたから、
誰からも愛されていて、
誰もかれもの、みんなの<おじいさん>だった。
そのとき、おじいさんは当時、ものすごいご長寿さんで、
90歳はゆうゆう、越えていた。
だから、お葬式だのに、誰ぁ~れも泣いていなかった。
「大往生」
「ご立派」
みんな、おとなたちは、そう言ってて、
へんな言い方だけど、
とってもほがらかなお葬式だった記憶がある。

そういうのが、一番いい。
本当に。
最高の最期だと思う。
最高に、理想的だと思う。


でも、人生、何もかもそうはゆかない。
憧れと現実は、違う。
かけ離れている。
かけ離れてゆく。
遠い。
まぼろしのように、とらえようがない。

50歳でお亡くなりになられた、
女の子のおかあさん。

いくつでお亡くなりでも、
それはそれはもちろん、言葉にできない悲しみがある。

ただ、どなたにおかれても、
真剣に、
精一杯
生きて来られていた。
そう、信じて、お見送り申し上げたい。
そこに、ほんのわずかであったとしても、
残された中に、
一粒の救いの思いを、そっと、心に、持ちたい。

もう何年かすれば、ワタシも50になる。
60にもなる。
70にもなる。
明確に言うならば、
いずれも、いつか、なる、かも、しれない。
ワタシの年齢が、いつまで続くのか、分からない。
ただ。
命の終わりのときが来る。
そのときは、かならず、やって来る。
希望は、誰も泣きませんように。
ワタシに対して、一滴の涙も、
誰からも、どうか、落ちませんように。
それが、ワタシの持っている、
ワタシの人生の最期の希望だ。



0224ik.jpg





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.02.19 13:09|日記
風邪でダウン。

と思い、今日はもう勤めを病欠させて貰おう。
と。
喉が痛くて、声も擦れてて、倦怠感。
人員不足の職場で、これ以上体調が酷くなって、
長期化する方が、逆に面倒かけるかもしれない。
それだけだったんですけど。
それだけだったはず、なんですけど!(涙)

休みをせっかく貰ったし、
すみやかなる治癒を目指し、近所の耳鼻咽頭科の
病院へ朝一番で行きました。

ちなみに、自宅でも熱は平熱。
病院でも、受診前検温するも、勿論、平熱。
36.3度。

医師に診察を受けながら、
風邪の症状を伝えているうち、
ふと。
念の為インフルエンザ検査、して貰っておこう。
今、大流行中らしいし。
そう思って、申し出て、して貰ったら、なんと!
インフルエンザ判定でしたー!
ちーん…(落胆)

でも。
インフルエンザ判定ってのは、
結構曖昧なものなんだなあ!と。

ずーっと以前にも、
別の総合病院で、でしたけれども。
風邪で診察を受けたとき、たまたま
インフルエンザの時期だったため、
簡易検査となったときのこと。
お医者さんがこう言っていました。
「この判定キットはほんとに簡易なモノだから。
60%くらいの正解不正解くらいかなあ」と聞かされて、
軽い衝撃を覚えたことがありましたが。
今回もまた、軽い衝撃が。

インフルエンザ判定キット、での、判定が、
実に、じつーに曖昧だったのです。

お医者さんが、拡大鏡で何度も何度もガン見して。
「うーん。。。
激ごく薄ーく、判定線が出てるような、出てないような…
うーん。。。
難しいなあどうなのかなあ…」と。

「これね、認定するまで8分待つんですけどね。
ときに1時間位してぼんやり出て来ることもあるんでねえ」
などとも言われながら、何度もライトを当てたりしながら、ガン見。

ワタシも見せて貰いましたが、正直、ワカラン。。。
しかし、ここにうっすらピンクの線が、と言われれば、
ソレもそうだと、見えない気もしない、こともなくも、ない。
(↑ややこしい日本語:苦笑)

結果。

「うーん。。。
でも!
医者の倫理として、完全に真っ白と言えないなら、
難しい所だけど、うーん、
今回は、これ。
インフルエンザだと判定しようと思います」でした。
ガッカリー(涙)


「こういう簡易検査キットが、今はあるから判定しているけど。
所見ではあなた、ただの風邪ですけどね。
今までなら、ね

えー。
だったら、今回はインフル無かったことに、は無理?
そう医師にコソッと質問してみたけど、
やはりソコは「うーん。。。無理」

今年2017年度のインフルエンザは、
高熱や酷い倦怠感のないモノがあるのだ、とお医者さん談。
ワタシの今回のように、熱まったく無し。
全身の壮絶なる倦怠感も無し。
それでもインフルエンザ、ということは
実はおうおうにしてあるのだと、おっしゃっていました。

「風邪でだるいなあと思ってるだけで、
インフルエンザと思わずに出勤・通学してる人は、
世間では本当に多いんですよ(←って、迷惑じゃん!)」と、お医者さん談。
もう!!!
ややこしいなあ!!!(憤慨)

病院に行って、検査して貰わない限り、
インフルエンザかどうか、分からないんなら、
もう風邪でいーじゃん!みたいな。
ワタシだって、今回、
喉が痛かったから、悪化するのを恐れて
病院に行っただけで。
そしてふと思い立って、インフル検査願い出ただけで。
たまたまじゃん!
世間の誰もが病院診察に行くわけないんだし!(プンプン!)
あいまいなこの毎年大騒ぎするインフルエンザ。
病院行かない方がいーんじゃない?って思う
ズルい人がたくさん輩出されてるよ、きっともう!
もーう、どうにかして欲しい、この曖昧さ!
厚生省!(憤慨)
不公平さ是正のために、じゃあもう!
すべからく医者行く義務とかにしろい!!!

ということで。
「一応ね。
会社でも多くのところが、
5日間程度の出勤停止をしてますからね」で、
お医者さん判断のもと、
○曜日にインフルを発症したとみなしてーの
5日間。
自宅療養を申し渡されてしまいました…(涙)


病院から、再度勤め先上司に連絡をして、
事情説明。
で、インフルエンザだという、
医師の診断書は必要か聞いたら、無用とのこと。

風邪らしい、ふつうの?倦怠感はあるものの、
やっぱり熱、無し。
検温してもしても、36度ちょいの平熱ばかり。

ただ、オットにうつすと困るので(イヨッ!大黒柱☆)
ウイルス拡散防止に、自宅でもマスク着用(あー暑い)

京番茶ガンガン淹れて、グビグビ飲みながら、
友達がくれた雑誌『暮らしの手帖』なんぞ読んで、
ウダウダごろごろ。

横には、もちろん、
愛しい
可愛い
ラブリー
ちま☆
(もう出勤、このまんま、永遠にしたくないです)

はからずも5日間。
ちまと、いっしょに、ぐでぐでデス(失笑)

※勤め先の皆さん、申し訳ない。



0219bq.jpg



いろんなインフルエンザの症状があるようです。
皆様も、どうぞお気をつけ下さい。
(軽い風邪と思われても、まずは診察。
これ、世間周辺のためにも、重要かもしれないですー)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.01.26 02:52|日記
オットが
「ちょっとコレ見てー(大笑)」と呼ぶので、見ると。
パソコンには、外国でどなたかがあげたツイッター画面。

妻が握りこぶしを振り上げて、
亭主の顔を殴ろうとしている写真。
殴られそうな亭主は、両手で「やめてー!」と
いわんばかりの、怯えながら防御をしている図、の、写真でした。

そして、添えられている一文。

   "Stop looking on △△△ all the time
    You've enough Vinyl as it is
    Why can't you look at ぽるの(笑) like normal husband "

   △△△(レコードやCD等を販売しているネットサイト)ばっかり
   見るの、いい加減よしなさいよ!
   もうじゅうぶんたくさんレコードやら何やら持ってるじゃない!
   どうしてふつうの、よそんちのダンナみたいに、
   Hなサイト、見ないのよ!!!
 ←ワタシの意訳

もぉ~お腹を抱えて、オットと大爆笑☆(大笑!)
これはわが家でも似たようなモノなのですー(苦笑)

わがオットは、音楽関連周辺を生業としています。
かつ、幼少時代から趣味の上でも、
あらゆる音楽をこよなく愛しているので、
仕事の都合上、情報収集は欠かしません。
それがここ数年では、もちろんネットリサーチ。
自宅で、調べ始めると、まあまあ結構な時間を費やします。

で。
なので。
はい。

興に乗り出すと、これがなかなか止まりません。
この恐ろしさがパソコン世界の、恐ろしさです。
パソコン検索をとめること、
あるいは一旦停止すること、すら、
ネットサーフィンし始めたら、難しい。
次々と仕入れたい情報が、
ネットの世界には、あふれているからです。

なのでなので、はい。
ちまの、お散歩が押す。
これが、しばしば、家庭不和を生むのです(笑)



0126ii (1)



ちまは、お散歩にゆきたくてワーワー言い出す。
ワタシも、このタイミングで出かけられたら、
あとあとがいろいろ都合イイという、思惑がある。
(明日のお弁当の準備だとか、洗い物の後片付けだとか。
あるいは、ブログ書きをするだとか)

しかし。
しかーし!
そうはオットの問屋が卸さないー(呆)
調べ物がヒットし始めると、もうあきまへん(苦笑)
「ちょちょちょこっとちょい待って~~~
今、ホレ今、あーちょちょちょい、あーーー」
などとワケのワカラン言語をつぶやき出して、動かなくなるのです。

仕事の上で必要なことでもあるので、
ワタシもそこはグッと堪え、しばらくの間は、
ちまを、遊んで、なだめたりすかしたりして、どうにかやり過ごします。
でも、ちまだって、そうそう長い時間は、騙されない(苦笑)
「もー!
おさんぽいきたいのーっ!(怒)」となります。

で、ワタシがその様子を見て、ジレジレ。
オットのネットリサーチに拍車がかかることに、イライラ。
そうして、火山は噴火するのです。

「ゴラアー!
いい加減パソコン検索やめれーーーい!!!(怒)
お散歩いくんじゃあーーーーーー!!!(憤怒)」


そのときのワタシの様子は、たぶん、
オットが指し示した、どなたかのツイッター写真のソレと同じはず(苦笑)
ニョキニョキ伸びたツノを頭上に生やし、
グーのこぶしを、振り上げてると思います(苦笑)
音楽関連サイトよりも、Hなサイトをなぜ見ないのよ?!とまでは、
同じではありませんが(笑)

とにかく、オットの夢中になり度合いがスゴイので、
パソコンでの検索については、しばしば、
大騒動が勃発するわが家なのでした(笑)

ワタシはつねに、ちまの、見方です☆
ね~ちま~☆
ね~☆



0126ii (2)



ちなみにワタシも実は、パソコンを使用し始めると、
身動きひとつしない事態に陥ることがあります。
その夢中度合いはハンパないようで、
オットに横から「すっごい怖い顔してえー」と、怯えられるくらいです。

それは何をしているのか。
と、イイますと。
その答えは。

ちまの、おやつ検索をしてるとき(←アホです)

ちまのお気に入りのおやつを、
出来るならば<送料無料>で購入したい(苦笑)
最近あれやこれやのおやつが、ちま、お気に入りだから
買い置きしよう。
そう思って、ネットを見ると、
とあるショップのホームページでは、一部特売に。
でも、あるものは取り扱い今無し。
ほかのショップでは、販売はしているけれどお値段お高い。
しかも、送料無料ではない、あるいは、
送料無料になるまでの最低金額が高額…などなどと。
少しでも低コストで入手出来るような、最高なマッチングを考え出すと、
そうやすやすと、買い物が出来ない(←貧乏性)

で、あれこれ調べまくり出してしまうのです。
そうなると、かなり入り込んでしまって、夢中に。
そして横にいるオットに、恐れをなした表情でもって、
「鬼気迫っていてコワイ…」と言われてしまうのでした(苦笑)

ま。
夢中になっているとこうなるっていうコトで(苦笑)
ま。
夢中さも、それもひとえに、ちまの、ためってコトで☆



0126ii (3)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから