2017.04.23 06:27|受:ワタシ病気録
※ こちら、ちまと無関係の内容です。
  ご無用の方にはすみません。


片側顔面痙攣の、再手術を決意して数週間。

そして先日。
執刀担当医と、最終段階の面談。
入院予定日と手術予定日を決める段取りのために、
脳神経外科を再度受診をしました。

その病院は、全国でも一定評価のあることで、
結構上位に、名を連ねることのある、大病院。
脳神経外科も、相当な執刀実績を年間誇る。
執刀担当になる、お医者も、自信に満ちていました。
でも。
でもね。
アタシは聞きたかったんです。
医師側にしてみれば、くだらない質問かもしれないけど。
聞きたかったのよ。
いろいろと。


先生。
手術の前にお聞きしたいことがいくつかあるのですが。
医師 「どうぞ」

○再度の再発、ということはまたあるものなのでしょうか。
医師 「そんな。
    未来のことなんか、誰にも分かりません」

○いつか左側顔面も、起こりえるのでしょうか。
医師 「そんなことは、誰にも平等に起こるかもしれないものです。
    あなたにまた起きるかもしれませんし、
    でも私にだって可能性はあるのです。
    誰にも未来は分かりません」

○前回の手術の、施術法が前回はあーゆう感じで、かなり
イレギュラーな処置をされてしまった私ですが、
今度して頂く方式は、再発リスクの少ないとされている
”吊り上げ方式”など、なのでしょうか。
医師 「そういう予定です」

○リスキーだと言われる、テフロンクッションなどを
挟み込むなどは、なさらないということでしょうか。
医師 「そういう予定です」

「というかね」医師。
はい。
ワタシ。

「そんなことはあなたが考えなくてもよろしい。
こちらがすべて良いように全部やりますから。
こちらの判断に任せて下さい。
適時的確な処置をしますから」


手術の日程ですが、いつがよろしいか。医師。
○日以降は、一応仕事の予定は空けています。ワタシ。
じゃあ○日にしましょう。

の、○日があまりに直近だったから、
ワタシは正直動揺してしまって。
この日かこの日かこの辺りか、どれが良いか?
みたいな提案も、くれると思っていましたから。
ズバッとその日、が入院手術のいきなりとは、思わなかったから。
即答出来ず、えーっと、ですね、と答えたら。

「優柔不断は良くないですよ!
そういうの、まったくだめです!
前を向いて行きましょう、前を!」


「○日以降いつでも良いとあなたが言ったじゃないですか?
じゃあ○日で、と私はただそれに答えて言っただけですよ?
優柔不断はダメです!
それにね。
もうそんな、あれこれ考えたりする時間は、
今までにもう十分あったでしょう!
そんなことはもうとっくに終えていないと!
前を向いて行きましょう!前を!
前向きに行かないとダメですよ!」


先生。
先生はきっと、
すごく立派な人生を歩んで来ておられるんでしょうね。
子供のときからとっても優秀で。
立派な権威ある大学を出て、ビシッと順調に医学博士になって。
辣腕の腕前と、卓越した手術のセンスで、
医療界の上位へ登りつめている。

ワタシはたぶん、甘やかして欲しかったんだな。
今度こそ、ちゃんとした医者にかかって、
今度こそ、きちんと根治を目指す。
無念の再発をしているもんだから、その思いはいっそう大きい。
再発してるもんだから、いろんな不安も恐怖も、莫大に、大きい。

ワタシはそう。
優しく甘やかして欲しかったのよ。
大丈夫ですよ、と優秀な医者に、
なんなら、背中のひとつでも、撫でて欲しかったのよ。

大丈夫ですよ。
ご心配なさらずに。
私がきっと治してあげます。
再手術ということで、不安もいろいろおありでしょうが、
私が全力で執刀しますから。
安心して任せて下さい。

手術の方法は、このような方式で行く予定をしています。
何ならご家族の方にも、ご希望あればお話します。
この方式だと、こういうリスクが減ります。
また、逆にこういうリスクが生じることもあります。
でも、最善を尽くしますから、心配なさいませんよう。
一緒に、頑張りましょう。


幻想。
甘いファンタジー。

たぶん、こういう巨大病院では、難しいことなんだろうな。
それが一番、難しいことなんだろうなと、思います。
ワタシは、大勢の患者の中の一人に過ぎない。
ワン オブ ゼム。
ワタシがかの”宮崎駿”氏や”小泉今日子”氏だったら、
話も違っただろうなあ。
まあね。
それが率直な人情ってもんだ。
人間ってもんだと思います。

前の執刀医は、術方はダメダメだったし、
こうしてあえなく再発の憂き目にも遭わされてるから、
もう断固恨み節!(悔涙)なのだけれど、
思い返せば、このズルズルべったりした”感情”ところだけは、
じゅうぶん充実してたなあ、と(苦笑)

「あなたが納得行くまでお話、お聞きしますし、
どんなことにもお答えします」
から始まって、事実、延々面談してくれていました。
家族も次回呼んで交えて、と、
この片側顔面痙攣についての解説をしてくれたし、
執刀する施術方法もね、ずいぶん話してくれました。
ダメダメの術法だったけど!(怒&失笑)

良い医者って、どんなのをいうのかな。

オットに聞いてみました。
そしたら、ひとことこう言いました。

「治す医者」

そりゃそうだ(苦笑)

ワタシの、今度の再手術にあたり、の、
この執刀医の態度について、
オットは、ワタシがナーバスになり過ぎてるとも、言いました。
それほど凹まなきゃならんような物事は、医者は言ってないと思う、と。
どれもある意味、ふつうのことを言ってると思う、と。
ワタシが、諸々説明不足に感じることも、
オットに言わせたら、
素人が四の五の言わずにこっちに任せておきなさい。
悪いようにはしませんから、だけなんじゃないのか、と。
何もその医者が、冷酷無比とかなんて、思わない、と。
医者は、何も、不遜な態度も、していない。


ワタシは、甘えたかったのです。

こわくない、こわくない。
大丈夫ですよ。
安心して下さい。
ちゃんと治してあげますから。
心配しないで。



 0423iil (2)



知人のお父さんが、大変な病気になられた。
病気が重いので、有名な病院で診察をして貰った。
そのとき、担当医は、大きな手術を強く薦めて来たそうでした。
お父さんは家族と話し合いたいと、いったん保留に。
そして、再診したとき、
手術を回避する方法は無いものでしょうか、と尋ねてみた。
するとその医師はこう言ったといいます。

「私が最善策だと、こうして手術を勧めているんですから。
この案に同意出来ないなら、
よその病院に行って下さい。
私の選択肢は手術しか有り得ない」

お父さんは、別の病院へ行き、手術を回避したそうでした。
そこで出会った医者は、
手術をいきなりせずに、投薬と食事療法で様子をまず、と。
お父さんは良くもならず、でも、悪化することもなく、
現在、まあまあ普通に暮らしているそうです。
まあまあなんて素晴らしい。
そうワタシは思います。
知人もそう言っていました。
それが最高の医者かどうかは、分かりません。
ただ、知人お父さんや家族にとっては、
<良い医者>になっているということ。

ワタシの姉はカラダの中身の事情から、不妊治療で
長く、産婦人科へ通院していました。
小さいけれど、地元ではそこそこ健闘している婦人科病院。
でも、代表医師には、賛否あったそうでした。
「ズバズバし過ぎてる」
治療法に関して、通院者側から意見出来ないらしい。
「そんなんじゃ、子供なんていつまでたっても授からないよ!」
大きな声で、いつもそれらの声は、診察室の外にまで響き渡るのだそうです。
繊細さに欠ける。
思いやりが足りない。
医者側からは、強い声援の意味合いなんだろうけれど、
ときに辛い言葉になることが、往々にしてある医師だそうでした。
でも、姉は「サバサバしてて、私は嫌じゃなかったわ」
実際、姉は医師の指導と治療のもと、無事計画遂行出来(笑)
立派に2人の子どもを授かった。
だから、姉には<良い医者>

ちまが、ときどきお世話になる動物病院。
そこは、お薬をほとんど出されません。
こちら側が要望すれば、必要に応じてくれます。
オットやワタシは、お薬信奉が無い方なので、これでよし。
でも。
診察待合では、しばしば不平不満が聞こえます。
「これだけ犬がしんどそうにしてるのに。
薬ひとつも出やしない」
「おやつでも食べさせて様子見でって言うけど、
しんどいから、何も食べないって言ってるのに。
薬でどうにかって、なんでしてくれないんだろう」
さっぱりしてていい、と思う患者もあれば、
ツレ無過ぎて愛想なし、と感じる患者もある。

良い医者って、いったいどんなのなんだろう。


ワタシの場合は
この片側顔面痙攣を、
根治で治してくれたら<良いお医者>

「先生どうか、治してください。
この痙攣からワタシを解き放って。
それだけが、ワタシの、ただただひとつの願いなのです」


どれだけ医療が、医学が進歩したと言っても、
最後のところは、人力
その手術の手腕も。
施術や投薬などの選択のセンスも。
研究熱心さも。
そして、患者に寄り添う感情も、すべて、最後は人力だと思います。



0423iil (3)



前を向いて行きましょう、前を。from 医者。

ワタシはいつも、ちょっと斜め前です。
真正面は苦手です。
ちょっと斜めが、いい感じなのです。
こんなへっぽこなニュアンス、
敏腕な医者には説明出来ない(失笑)

しかしまあ本当に、
体調がすこやかでないということは、
本当にあれこれヨロヨロになるものだなあと。
つくづく実感しています(苦笑)



なんにもない、ちま。
ありがとう☆

おおらかなオット。
ありがとう☆

ヨロヨロしても、ふたりのおかげで歩いてゆけます。
ほんとにどうも、ありがとう☆



0423iil (1)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.04.19 20:45|ちまのこと
ちま

おもちゃロープで、ひっぱりっこをしながら
うんと、遊んだあと。

長~いロープを、ごにょごにょ
はじっこを、カミカミし始め、
まどろみ出しまして。
その様子を眺めていましたら、こんなことに。

ちま。
やっぱり、どっか、ドジ(苦笑)





0419nb (1)



でも、それもまた、
めちゃ可愛いんですけどねえ☆☆☆



0419nb (3)



ドジでも何でも。
ごきげんにしてくれていること。
それが、一番☆



0419nb (2)



今年は、まーったく
<お花見>に出かけませんでした。

まあもともと、オットもワタシも、
お花見はあまり興味なし。
ふつうに桜はキレイだな、程度は思いますけど。
オットの暇・時間と、桜の開花都合が合う年でもあれば、
気まぐれに、
ご近所の仁和寺等へ、ふらり。
自転車に乗って、少し見にゆく。
そんな感じです。

ここ数年、京都人気が高まって、
とにもかくにも、年中観光客でドタドタしています。
そのうえに桜、と来たら、もぉーとんでもない人込みです。
京都一円、どこもかしこも、の<お花見大混雑>に挑む皆さんは、
本当にガッツあるよねえ!と、オットと恐れ入っていました。


で、こちら。
ちまと、お散歩していて、
のんびり眺めた、桜。
ご近所の、小さなお寺の境内にあります。
一般公開している、というようなお寺ではなくて、
檀家さんの菩提寺という感じの、お寺に見受けます。

境内の壁を乗り越えてどどどーっと。
お花がぐわーっと、はみ出して見えていました。

枝ぶりがたいそう立派なので、
木の真下で鑑賞したら、
さぞかしの美、だったろうと思います。



0419nb (5)



これだけで、もう、十二分にオットと、ちまと、
<お花見>した気分な、ワタシなのでした。

イージー(笑)



0419nb (6)



桜もいいけど、こういうのもね、と。
パチリ☆



0419nb (4)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.04.17 00:02|ちまのこと
先週の火曜日に「どうも風邪っぽいな…」と感じて、
葛根湯を飲みました。

翌、水曜日も葛根湯。

何となくやり過ごせているように思っていましたが、
金曜日の退社後。
咳が出始めたので、こりゃイカンと、
となりの町内にある、小さな耳鼻咽頭科へ。
お薬を処方して貰い、就寝。

翌、土曜日の早朝。
あまりの体のだるさに、目が覚めました。
検温するとなななんと38.5度!
こんな高温、見たことなかったので、ドキドキしました。

冷えたオレンジジュースをガブガブ飲んだり、
お白湯をじゃんじゃん飲んで、検温したら37.5度。
ちょっと落ち着いたかワタシ?と思いながら、
出勤の支度を…と思うも、やはり、だるい。。。

再度検温したら、なななななんと38.9度!!!
ぎゃーーーもうダメーッ(←気持ちが)!!!
倒れそうーっ!
てか、倒れさせてーーーっ!!!

震える手で、面目なく思いつつも、
(激しい人員削減中につき、
職場はもはや常に人手不足状態なので)
今日はさすがに出勤かないません!と、電話。

お白湯をあびるほど飲み、ふらふらとヨロめきながら、
寝室へ向かったのでした。。。



感心した、といいますか。
感動したなあ!ということには、ちま

ワタシが体調不良で、じー…としていると、
ちまも、じーっとして過ごしてくれたのです。

いつもなら
「ボールであそんで☆」とか
「ボールなげて☆」とかって来そうな時間帯でも、
おねだりもお誘いも無し
ちまも、じーっとおとなしく、してくれていたのです。



0416y (2)



寝室へゆくのは、基本夜、寝るときだけです。

寝室には、衣装タンスもあるので、
季節の衣替えの作業の際には、
ちまも、一緒に連れて寝室へ行くのですが、
だいたい、暴れます(苦笑)
「ここはよる ねるときだけだよ」と、
ちまは、そう認識しているのか、
わーわーするのがつねなので、
ちまも連れてゆくことは、ちょっとためらいました。
が、
あまりに体調不良だから、もう寝室でがっつり寝たい。
そう思ったので、思い切って、
「ちまも一緒に寝てくれない?」と。
ちまも寝室へ連れてゆきました。with トイレシート必須(笑)

すると、ちま。
やっぱり、じーっと。
寝室で、一緒になって、寝てくれたのです。
昼日中の、いつもなら遊んでいる時間帯。
にもかかわらず。
ぶうぶう文句も言わず、長時間、じーっと寝てくれたのです。
その、ちまの姿は、
なんともいじらしいものでした(じぃん…涙☆)

犬族って、本当に心の優しい種族なんだなあ。
そう、本当につくづく実感しました。

介護犬や介助犬。
盲導犬や救助犬などなど。
使役犬として、日夜奮闘してくれるのは、
本当に、犬族だからこそ、なし得るものなのだと思いました。
優しくて、思いやりがあって、気配りもしてくれる。

ちまは、なんの訓練も受けていないけど、
体調の弱ったワタシに、気持ちを寄せてくれた。
だからこそ、じーっ…と静かにして、過ごしてくれたのだと思います。

その証拠に、
ワタシが平熱に戻り、
ポカリスエットを飲みながら、晩ごはんの支度を始めたら、
「ボール なげて☆」と、
大好きな愛用布ボールを持って、
ワタシにつんつん、して来たのでした。
もう大丈夫?あそんでくれる?という感じでしょう。

本当に、いじらしくて、愛おしかった…(涙)☆

ちま、宇宙の果てまで、ラブ!!!☆☆☆

ちまから今回たくさんの
<おだいじに>を貰った思いで、いっぱいです(感涙)




0416y (3)



皆様におかれましても、
この不安定な春の気温差。
どうぞお気をつけ下さいませ。



0416y (1)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.04.11 01:55|ちまのこと
ちまは、お米が大好きです

ごはん、というのが正解でしょうか。
でも、食事としてはあげていません。

ごはんを炊いたときに、
ほんの数粒、あげる、という具合です。
こちら



これでもオットに
「多過ぎ!(激怒)」と注意されています。
オットが、ちまへ、お米粒をあげるときは、
本当に1粒です。
いえもう、本当に1粒なのです。
1粒でも味、分かるんでしょうか???



0410rr (2)



そして、ちま

ドジ。


ちま 「ごはんのいいにおいがしてるんだけど。
    どこにあるのかしら???」 


あなたの鼻のさきっちょです(笑)



0410rr (3)




春はやはり、ピンク色♪



0410rr (1)





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
2017.04.10 02:17|受:ワタシ病気録
結論から言いますと。
再手術はA病院で、と決めました。

決め手の大きなものとして、
開頭手術の年間執刀数の多さ、です。
片側顔面痙攣の執刀数ももちろん、
再手術の患者も多く引き受けていることも大きい。

前回の約4年近く前の、手術のとき。

ワタシなりにネット検索や、情報収集をした気でいましたが、
とにかく”家から近い病院で”が、最重要課題でした。
高齢になる両親のことを考えて。
そう先に記しましたが、
真実は、自分自身の不安払拭のために、だったと思います。


今まで入院した体験も一度としてない私。
不安でいっぱい。。。
さすがに親に添い寝を、とまでは思いませんでしたが、
それでも内実「しょっちゅうお見舞いに来てね」と願っていました。
実際、両親は日に3度4度と訪問してくれ、
用事の無いときには、ずっと付き添ってくれていました。

使用したタオルや下着、寝巻きも毎日交換。
洗濯をしてくれて清潔爽快なものだけを、日々準備してくれました。
母にいたっては、寝巻きまで毎度アイロンがけ!を!
「病院で入院していたら、
どうしてもくたびれて見えるから。
せめて寝巻きくらいはシャキッとしてなきゃ☆」

そう言って、毎回全部ピシーッとアイロンがかかっていました。
2週間、ワタシはまるでホテル暮らしをしたような。
有難いことに、そんな凄い入院生活を送ることが出来たのです。
感謝。
そして、今回は、反省。
そういう周辺のことより、医者選び。
これに集約せねば!と。

それで、受診先を、地元より大きな近県に求めました。

そして、今度は、自分ひとりで入院手術に挑もう。
そう決めています。

ちょっと話は脱線しますが。
ワタシには子どもがありません。
暖かく大いに甘やかしてくれる大好きな両親も、
いつか必ず川の向こう側へ行ってしまいます。
(考えたくないですけども!涙)
そして、オットも。
ワタシより年上なので、たぶんワタシより先にあちら側へ。
そうなったとき、ワタシはひとり切りです。

姉が1人いますが、
姉自身、会社人として、妻として母として超多忙。
姉の家庭、姉の暮らしがあるので、面倒をかけたくない。
どうしてもというときには、頼むこともありましょうが、
極力は考えない。
今回のこの入院手術は、
ワタシの人生にとって、非常に良い事前学習体験になる。
そう、思っています。


図書館で、病気等に関する本を数冊読みましたが、
そのいずれも、家族に大きな負担をかけていると思いました。

家族なのよ、負担だなんて水臭い。
そういう意見もアリでしょうけれども、ワタシは少し違う。
ある著者さんは、半年間、里のお母さんが、
病院のある都会へ越して来られて、看護されていました。
ある方は、妹氏が毎日付き添っておられたり。
とにかく家族全員が総出で、病人と関わっている。
これは、本当のところ、当事者も辛いんじゃないか。
そうワタシは思うのです。
迷惑かけちゃってホントごめんね、と、
常に心のどこかでお詫びしていると思うのです。
長引けば、どんどんそれは、重く深くなる気がする。
勿論、手助けしてくれる家族側にも、諸々負担が…
なので、ちょっと奮闘してみよう。
そう思っている次第なのです。

今ならまだまだ、いざというときには、親がいます。
しんどいのよ、どうあってもつらいのよ、と、
気楽に泣き事を言える、オットも、います。
だから、今なのではないか、と。
体験学習。
奮闘してみようと、思っています。


ほかにワタシが学んだことには。
”ネット情報でヒットして来ないものは、
重要視されていないものである”
ということ。

乱暴な言い方かもしれませんが、そう思いました。
その情報が正確かどうか、詳細をより調べることは必要です。
それでも、ネットにあがっていないものは、それ以前の問題で、
検知の位置にすらないものなのだと、思いました。
ワタシの前回の執刀医の手術法が、
どこにも何らヒットしなかったように。。。

クチコミ情報は、関係者のサクラ意見が往々にしてあったり、
操作されているものも沢山あるだろうと推察します。
でも、それでも、そこから自分で、より慎重に探れば良いのです。

きちんとした病院では、ホームページに
様々な情報公開を載せています。
手術方法や年間執刀数は勿論、
研究内容や発表成果。
研修の様子や、医師の経歴等多角的に載しています。
世にあるであろう情報という情報は、片っ端から調べ上げること。
そこから、実際診察受診をして、
医師へ聞く・質問する・相談する。
そして、判断する。

それからもうひとつ。
周囲の意見も、聞くこと。

悩んでいるとき、人はすべてが弱っています。
そんなときは、考えるチカラも同時に弱っている。
今回、諸々の話を姉に伝えたとき、
姉がこう言ったのです。

「あのとき、あのお医者、胡散臭い感じだなあって思ってた。
アメリカではってなにかと言うのも、どうもね。
ずいぶん自尊心があって、押しの強い医者だなあって思ったけど、
手術を受ける当事者(つまりワタシ)が、信頼してたからねえ。
外野は余計なこと言わないのがいいって思ってたのよ」と。
言っといてッ!!!(滝涙)

でも、そのとおり。
ワタシは当時、その医師のその”押しの強さ”こそが、
頼りがいのあるお医者様の証し、と感じていたのです。
どんな患者も、返事が曖昧で、
「さあどうでしょうか…」だとか「よく分からないです…」
なんて、弱々しい医者になんて掛かりたくないと思うでしょう。
自信に満ちた医者。
当時のワタシには、断然必要だったのです(遠い目…)

評論家の田原総一郎氏の、
お亡くなりになられた奥様が生前、闘病中、
<座るだけで治療になる座布団>なるものを、
100万円で購入していたそうです。
氏がどこかのインタビューで言われていました。
「そんな座布団に座るだけで、病気が治るはずなんかない。
でも当人はそれで治るかもしれないと思ってる。
それを、誰もどうこう言えない」 と。


同じあの医師に執刀して貰って、実際治ったという方がいます。
いるので、これはワタシの想像でしかありませんが、
その方は、もしかしたら施術方が、
ワタシと違ったのかもしれないな、と思います。
筋肉組織を削ぎとって挟む、ことをせず、
当時広く用いられていた、何かの素材を挟み込む方式。
それだったのかもな、なんてぼんやり思っています。
どうあれ、治られているのですから、良かった。
ワタシは無念でしたけど、それとの気持ちはまた別ですから。

今度の病院は大丈夫なのか。
今度の医者は、信用出来るものなのか。

それは、分かりません。
分からない、というのは語弊があるかもしれませんが。
今の段階で、考え得ることは、考えてみました。
片側顔面痙攣の手術に明るい専門医がいることや、
年間執刀数が国内でも有数、という現実において、
「その病院を除外する見解は、あり?」と。
そう思いました。

面談した医師からも、
「年間執刀数がすべてではありませんが、
患者さんにすれば、考えるひとつの目安には
なるかと思います」 そう言われました。



愛犬ちまと、2週間、また離れ離れになる。

これを思うと、本当に切なくて、泣けて来ます。
ものすごく、悲しい。
胸が詰まって、重たいです。
でも、2週間のあとには、
もうもう本当に2度との、離れないことを願っています。
ちまに、苦労をかけてしまいますけれど。
そう信じて。

それから、
思い出すだけで身の毛もよだつあの手術。
頭蓋骨に穴を開けるなんてこと、を
人生で2度もする人なんて、そうそういないでしょう。
悩みました。
でも、残りの数十年間あるであろう、
ワタシの人生において、
「あのときにやっぱり再手術に挑んでいれば
良かったのかもなあ…」
なんて、うじうじ思うことが少しでも「ありそう」
そう思うのだったら、決心しよう、と。

また治らないかもしれません。
でも、
もしかしたら、今度は治るかもしれません。
ギャンブルみたいです。
だけど。
治るかもしれない、という可能性がある、という手術は、
やっぱり、ワタシにとって希望の光だと、思っています。

今月下旬に、病院を再訪して、
執刀医の手術予定日と、ワタシの都合等を
すり合わせることになりました。

片側顔面痙攣で、悩んでおられる皆様。
かのように、
ワタシは再手術することを、決めました。

手術でなくても、どうにか対処してゆく術は、
あるだろうと思います。
あなた様にあった医師、病院に
お出会いなさいますように。
そして、何らかの形ででも、
ワタシのこのへっぴり腰な文字が、ちょこっとでも、
お役に立てば幸いだなあと思っております。

煩わしいこの痙攣を乗り越えて、
へこたれず奮闘して、いきましょう!

(って言いつつ、
へろへろのヨワヨワですけれど:涙笑)




018wa.jpg





ランキングに参加しています。ぽちっとおひとつ、どうぞよしなに。               にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ルゥ

Author:ルゥ
京都のすみっこから、オットとマルプー・ちまとのんびり暮らす日常を気ままに綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ひねもす手帖 京都のすみっこから